研究者
J-GLOBAL ID:200901003106816252   更新日: 2020年05月25日

奥村 彰規

オクムラ アキノリ | Okumura Akinori
研究分野 (1件): 分子生物学
論文 (23件):
MISC (5件):
  • 高橋 枝里, 奥村 彰規, 久保田 浩之, 鏑木 康志. 【糖尿病研究の"いま"と治療の"これから"】(第5章)個別化医療・予防医学をどう実現するのか? プロテオミクスを用いた糖尿病関連タンパク質探索 SERPINA3の発見を例に. 実験医学. 2017. 35. 2. 341-345
  • R. Nagao, M. Suga, A. Niikura, A. Okumura, F.H.M. Koua, T. Suzuki, T. Tomo, I. Enami, J.R. Shen. Crystal structure of Extrinsic protein in photosystem II. 2013
  • 奥村 彰規, 佐藤 恵美, 久保田 浩之, 鏑木 康志. 糖尿病性網膜症の発症プロセスに関与する血中タンパク質の機能解析. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2012. 49回. 94-94
  • 高橋 枝里, 久保田 浩之, 奥村 彰規, 佐藤 恵美, 平野 久, 鏑木 康志. KK-Ayマウス血清を用いた2型糖尿病関連因子の探索. 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2012. 49回. 96-96
  • 奥村 彰規, 山越 智. マウスコラーゲン関節炎におけるLECT2(leukocyte cell-derived chemotaxin 2)の役割の解析. リウマチ科. 2009. 41. 1. 71-79
講演・口頭発表等 (92件):
  • Virological factors associated with the occurrence of de novo hepatitis B virus infection analyzed through ultradeep sequencing
    (2019 International HBV Meeting 2019)
  • 2型糖尿病患者における血清可溶性受容体sLR11濃度は肥満、およびインスリン抵抗性と関連する
    (第61回日本糖尿病学会年次学術集会 2018)
  • 2型糖尿病患者における血清可溶性受容体sLR11濃度の検討
    (第32回日本糖尿病合併症学会 2017)
  • Investigation of viral factors associated with the development of de novo hepatitis B virus infection by deep sequencing
    (2017 International HBV Meeting 2017)
  • Urinary afamin levels predict decline of renal function in patients with type 2 diabetes
    (American Diabetes Association 77th Scientific Sessions 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京理科大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る