研究者
J-GLOBAL ID:200901003140191598   更新日: 2019年11月10日

西浦 正樹

ニシウラ マサキ | NISHIURA Masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東京大学新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻核融合エネルギー科学講座(連携講座)  准教授
ホームページURL (1件): http://www.ppl.k.u-tokyo.ac.jp/nishiura
研究分野 (2件): プラズマ科学 ,  核融合学
研究キーワード (17件): 核融合 ,  プラズマ物理 ,  自己組織化 ,  プラズマ診断 ,  実験室磁気圏 ,  プラズマ制御 ,  散乱 ,  乱流 ,  協同トムソン散乱 ,  分光イメージング ,  磁気圏 ,  放射線 ,  無機材料 ,  照射損傷 ,  ミリ波 ,  負イオン ,  重イオンビーム
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 ミリ波散乱計測による核融合プラズマ中の燃料イオン診断システムの開発
  • 2013 - 2014 ミリ波散乱計測を応用した高温プラズマ中の燃料イオンの先進分析手法の提案
  • 2012 - 2014 高エネルギー粒子誘起ガンマ線計測法の核燃焼場への応用
  • 2010 - 2011 高エネルギーアルファ粒子誘起ガンマ線スペクトロメーターの開発
  • 2008 - 2009 燃焼プラズマにおける損失アルファ粒子計測システムの高性能化
全件表示
論文 (26件):
  • M. Nishiura, Z. Yoshida, N. Kenmochi, T. Sugata, K. Nakamura, T. Mori, S. Katsura, K. Shirahata, J. Howard. Experimental analysis of self-organized structure and transport on magnetospheric plasma device RT-1. Nuclear Fusion. 2019. 59. 096005
  • N. Kenmochi, M. Nishiura, K. Nakamura, Z. Yoshida. Tomographic Reconstruction for Imaging Diagnostics with a Generative Adversarial Network. Plasma and Fusion Research. 2019. 14. 1202117
  • Takahiro Mori, Masaki Nishiura, Zensho, Yoshida, Haruhiko Saitoh, Naoki Kenmochi, Shotaro katsura, Kaori Nakamura, Yuuki Yokota, Toru I. Tsujimura Shin Kubo. Simulation of electromagnetic wave propagation in a magnetospheric plasma. Plasma and Fusion Research. 2019. 14. 3401134
  • K. Nakamura, M. Nishiura, N. Takahashi, Z. Yoshida, N. Kenmochi, T. Sugata, S. Katsura, and J. Howard. Coherence-imaging spectroscopy for 2D distribution of ion temperature and flow velocity in a laboratory magnetosphere. Review of Scientific Instruments. 2018. 89. 10D133
  • N. Kenmochi, M. Nishiura, Z. Yoshida, I. Yamada, H. Funaba, T. Sugata, K. Nakamura, and S. Katsura. Nd:YAG laser Thomson scattering diagnostics for a laboratory magnetosphere. Review of Scientific Instruments. 2018. 89. 10C101
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Initial result of collective Thomson scattering using 77 GHz gyrotron for bulk and tail ion diagnostics in the Large Helical Device
    (14th International Symposium on Laser-Aided Plasma Diagnostics 2009)
  • Recent Progress of Collective Thomson Scattering Diagnostic for LHD and Design Study for JT-60SA
    (The 5th International Workshop on Far-Infrared Technologies 2014(IW-FIRT2014) 2014)
  • Experimental Physics of Magnetospheric Plasma in RT-1
    (1st Asia-Pacific Conference on Plasma Physics 2017)
  • Experimental approach for understanding self-organized plasma trasnportin laboratory magnetosphere RT-1
    (2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics 2018)
  • Progress in the Dipole Plasma Experiment RT-1
    (19th International Congress on Plasma Physics 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1999 総合研究大学院大学 数物科学研究科 核融合科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (8件):
  • 1999 - 2001 日本学術振興会 特別研究員
  • 2001 - 2002 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2003 - 2007 核融合科学研究所 助手
  • 2007 - 2013 核融合科学研究所 助教
  • 2013/04 - 2013/09 Max-Planck-Institut für Plasmaphysik 訪問客員研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2016/10 - 2019/09 日本物理学会 領域2役員
  • 2000 - 2001 日本物理学会 領域2放電世話人
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る