研究者
J-GLOBAL ID:200901003160866117   更新日: 2020年06月04日

鵜川 豊世武

ウガワ トヨム | Ugawa Toyomu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://plaza.umin.ac.jp/~clearance/http://www.okayama-u.ac.jp/user/teicm/
研究分野 (1件): 救急医学
研究キーワード (3件): 心不全 ,  腎不全 ,  救急医学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 多臓器不全患者のBNP値と多因子解析による心腎機能調査ならびの治療介入効果の研究
  • 2014 - 患者データのクラウド化モデル事業プラン~東南海トラフ地震に対応するための離島における患者処方データのクラウド化事業~
  • 2014 - 次世代型血液透析システムの開発研究
MISC (37件):
特許 (1件):
  • 血流制御グラフト
書籍 (8件):
  • 【エマージェンシー・ケア】連載「E Word」
    メディカ出版 2015
  • 『特集 内科救急のファーストタッチ』 敗血症性ショック
    診断と治療社 2014
  • 【バスキュラーアクセス治療学】 動脈ジャンピンググラフト-シャントレスバスキュラーアクセスである上腕動脈ジャンピングバイパスグラフト術(Brachial Artery Jumping Bypass Grafting ; BAJBG)の5年累積開存率
    中外医学社 2013 ISBN:9784498224001
  • 【バスキュラーアクセスの最前線】Balloon拡張療法-無効例とその対応 失敗例とその評価・対応など
    学研メディカル秀潤社 2013 ISBN:9784780908725
  • 【今できるなかで最善を目指す 全場面対応 気管切開管理~急性期から在宅まで~】気管切開とは
    学研メディカル秀潤社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (189件):
  • 人工血管-静脈吻合部に発生する狭窄の原因を可視化流体実験結果から探る~FCG(Flow Controled Graft) の開発~
    (日本医工学治療学会第32回学術大会 2016)
  • 当センターにおける救急搬送困難事例受け入れの現状
    (日本蘇生学会 2015)
  • 意識障害にて交通事故を起こし当院に救急搬送となった血栓性微小血管障害症(TMA)の一例
    (日本急性血液浄化学会 2015)
  • 乳児期から特異な経過を示すDravet症候群の1例
    (第25回日本小児神経学会中国四国地方会 2015)
  • 血中一酸化炭素ヘモグロビン(CO-Hb)濃度が0%であった一酸化炭素中毒死の1症例
    (第37回日本中毒学会総会・学術集会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2003 香川医科大学 医学系研究科
  • - 1990 東海大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (香川医科大学)
経歴 (18件):
  • 2018/11 - 現在 東京医科歯科大学 准教授
  • 2017/04 - 2018/10 岐阜大学 准教授
  • 2014/11 - 2017/03 岡山大学医歯薬学総合研究科救急外傷治療学講座 教授
  • 2010 - 2014 岡山大学医歯薬学総合研究科救急医学 講師
  • 2010 - 2011 岡山市立岡山市民病院救急センター, 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療学講座 講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2010 - 日本医工学治療学会 評議員
所属学会 (7件):
日本外傷学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本救急医学会 ,  日本人工臓器学会 ,  日本医工学治療学会 ,  日本透析医学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る