研究者
J-GLOBAL ID:200901003196822612   更新日: 2020年06月09日

寺島 健史

テラジマ ケンシ | Terajima Kenshi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (2件): http://www.uonuma-kikan-hospital.jp/http://english.uonuma-kikan-hospital.jp/
研究分野 (4件): 量子ビーム科学 ,  放射線科学 ,  神経内科学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (3件): 脳機能解析学 ,  神経内科 ,  医療情報
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2015 一酸化炭素治療標準化のための新規MRI技術を用いた遅発性脳症発症要因の解明
  • 2010 - 2012 MRI大脳白質病変より神経症状を予測する数理統計学的方法論の確立
  • 2006 - 2008 3テスラMRI/MRSを用いた多発性硬化症患者の大脳白質・皮質の非侵襲的機能評価
論文 (15件):
  • Ohara, N, Hirokawa, M, Kobayashi, M, Ikeda, Y, Yoneoka, Y, Seki, Y, Akiyama, K, Tani, T, Terajima, K, Ozawa, T. A case of Reversible Non-parkinsonian Bradykinesia with Impaired Frontal Lobe Function as the Predominant Manifestation of Adrenal Insufficiency. Intern Med. 2018
  • Terajima, K, Negishi, N, Maruyama, K, Hasegawa, H, Akazawa, K. A Hybrid Electronic Health Record System Integrating Electronic and Paper-based Records. European Journal for Biomedical Informatics. 2018. 52. 1. 52-60
  • Takado, Y, Terajima, K, Shimohata, T, Nakayama, H, Watanabe, M, Okamoto, K, Ozawa, T, Nishizawa, M, Kwee, I. L, Igarashi, H, Nakada, T. Sleep Apnea in Multiple System Atrophy of Cerebellar Type: A 3.0 T MRS/Volumetry Pilot Study. eNeurologicalSci. 2017. 6. 6-8
  • Saito Shota, Shimizu Utako, Nan Zhang, Mandai Nozomu, Yokoyama Junji, Terajima Kenshi, Akazawa Kouhei. Economic impact of combination therapy with infliximab plus azathioprine for drug-refractory Crohn's disease: a cost-effectiveness analysis. J Crohns Colitis. 2013. 7. 2. 167-174
  • Kobayashi Taichiro, Terajima Kenshi, Nozumi Motohiro, Igarashi Michihiro, Akazawa Kouhei. A stochastic model of neuronal growth cone guidance regulated by multiple sensors. J Theor Biol. 2010. 266. 4. 712-722
もっと見る
MISC (7件):
講演・口頭発表等 (68件):
  • 医療の質と安全の向上のための診療情報管理士の役割 院内全診断報告書の一括管理と開封督促による未読インシデント防止のための取り組み
    (診療情報管理学会 2018)
  • 院内データリアルタイム見える化サーバの構築による病院業務改善の試み
    (医療情報学連合大会 2017)
  • 精神運動興奮のため措置入院となった非ヘルペス性辺縁系脳炎の1例
    (新潟医学会雑誌 2017)
  • 新設病院でのモバイル診療情報参照システムを用いた注射実施3点認証業務促進の取組み
    (医療情報学連合大会 2016)
  • 電子カルテ持参薬報告システムを活用したオーダ状況の調査と今後の課題
    (医療情報学連合大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2003 新潟大学 大学院 医学研究科博士課程
  • 1988 - 1994 東北大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (新潟大学)
経歴 (5件):
  • 2014/10/01 - 現在 新潟大学 特任教授
  • 2007/11/01 - 2014/09/30 新潟大学 准教授
  • 2007/11/01 - 2014/09/30 新潟大学 准教授
  • 2007/11/01 - 2014/09/30 新潟大学 准教授
  • 2004/05/01 - 2007/10/31 新潟大学 助教
所属学会 (3件):
日本医療情報学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る