研究者
J-GLOBAL ID:200901003213532038   更新日: 2018年06月14日

松下 冽

マツシタ キヨシ | MATSUSHITA KIYOSHI
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (1件): 発展途上国政治論, 国際関係
論文 (41件):
  • 「民主的ガヴァナンス構築と「人間の安全保障」- グローバル・サウスからのアプローチ-」. 『立命館大学国際研究』立命館大学国際関係学会. 2013. 26. 1. 129-161
  • 「市民社会と民主主義を蝕む越境型暴力-岐路に立 つメキシコのガヴァナンス構築の視点から-」. 『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会. 2013. 25. 3. 15-49
  • インド・ケーララにおけるガヴァナンス構築と社会運動(下)--「政治社会-市民社会」関係の視点から--. 『アジア・アフリカ研究』アジア・アフリカ研究所. 2012. 52. 01. 56-68
  • インド・ケーララにおけるガヴァナンス構築と社会運動(中)--「政治社会-市民社会」関係の視点から--. 『アジア・アフリカ研究』アジア・アフリカ研究所. 2011. 51. 04. 27-47
  • Beyond the Neoliberal Globalization: Reflections on Democratizing Democracy and the Multilayered Structure of Governance. 『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会. 2011. 24. 1. 127-146
もっと見る
書籍 (21件):
  • 現代ラテンアメリカの政治と社会
    日本経済評論社 1993
  • ラテン・アメリカ
    史学雑誌 2001
  • 書評:新藤道弘『現代キューバ経済史』
    アジア・アフリカ研究 2001
  • 国際関係学への招待
    東信堂『クリティ-ク国際経済』 2001
  • ジェームス・Hミッテルマン『グローバル化シンドローム』
    法制大学出版局 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • ネオリベラル型グローバリズムと反グローバリズムを越えて
    (長崎平和研究講座 2005)
  • グローバリゼーションと対峙するラテンアメリカ
    (長崎平和文化研究所 2005)
  • 途上国研究の現在
    (主催:21世紀研究会 2006)
  • 「ラテンアメリカと新自由主義再考:その起源からポスト新自由主義まで、そしてメキシコの位置」
    (東アジア地域研究会 2008)
  • 「国際政治とラテンアメリカの新しい流れ」
    (立命館大阪オフィス講座 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1970 早稲田大学 法学部 法学
  • - 1985 明治大学大学院 政治経済学研究科 政治学
学位 (1件):
  • 博士(国際関係学) (立命館大学)
経歴 (1件):
  • 立命館大学 国際関係学部国際関係学科 教授
所属学会 (3件):
日本比較政治学会 ,  日本国際政治学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る