研究者
J-GLOBAL ID:200901003326045672   更新日: 2019年12月20日

松田 幸弘

Matsuda Yukihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 社会心理学 ,  経営学
研究キーワード (3件): 対人社会心理学 ,  ワーク・モティベーション ,  リーダーシップ
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 組織への定着意欲と帰属意識に関する研究
  • リーダーの認知過程と行動に関する研究
  • コンピュータへの不安、イメージと態度に関する研究
論文 (37件):
  • 松田幸弘, 田中健吾. 海外進出企業の成功と失敗を規定する経営戦略と組織、人材マネジメントに関する分析. 大阪経大論集. 2013. 64. 1
  • 田中健吾, 松田幸弘. 上海日系企業従業員の心理学的ストレス要因に関する研究:職種による分析. 大阪経大論集. 2013. 64. 1
  • 組織のリーダーの認知と行動に関する研究-リーダーシップの帰属モデルによる検討-. 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科博士学位論文. 2010. 255
  • インテリジェントアレー専門セミナー「成果を出すリーダーシップ」-部下の意欲を高め、コミュニケーション能力を向上させるための心理学-. 梅田大学院コンソーシアム事務局. 2005
  • 携帯電話と携帯メールの利用に影響する諸要因の分析. 『大阪経大論集』第56巻第2号. 2005
もっと見る
書籍 (12件):
  • 松田幸弘編著『心理学概論-ヒューマン・サイエンスへの招待-』
    ナカニシヤ出版 2018
  • 松田幸弘編著『人間関係の社会心理学』
    晃洋書房 2018
  • 松田幸弘編著『経営・ビジネス心理学』
    ナカニシヤ出版 2018
  • 原田章・松田幸弘著『統計解析の心構えと実践-SPSSによる統計解析』
    ナカニシヤ出版 2013
  • 心理学II・その応用(分担執筆)
    川島書店 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 中国人の労働価値観について
    (日本応用心理学会第85回全国大会(立正大学) 2017)
  • リーダーシップとフォロワーシップの研究動向
    (日本応用心理学会第13回大会(中京大学)応用心理士研修会講演 2014)
  • 顔の印象における目の大きさの効果について
    (日本応用心理学会第79回大会(北星学園大学) 2013)
  • フォロワー行動が対人的市民行動と満足感、組織コミットメントに及ぼす影響
    (日本応用心理学会第80回大会(北星学園大学)、パネル発表 2013)
  • フォロワー行動の類型化について
    (日本心理学会第77回大会(北海道大学)、パネル発表 2013)
もっと見る
Works (2件):
  • 地方中小企業における人材確保戦略に関する調査研究
    1992 -
  • ライフスタイルと消費者行動に関する調査研究
    1991 -
学歴 (2件):
  • 1986 - 1989 立教大学大学院 文学研究科心理学専攻 博士後期課程単位取得退学(文学) 心理学専攻
  • 1984 - 1986 立教大学大学院 文学研究科心理学専攻 博士前期課程 心理学
経歴 (6件):
  • 2006 - 現在 大阪経済大学大学院 教授
  • 2002/04/01 - 現在 大阪経済大学 教授
  • 2000 - 2002 朝日大学 教授
  • 1992 - 2000 朝日大学 助教授
  • 1997 - 1998 UCLA 客員教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2013 - 現在 産業・組織心理学会 機関紙論文審査編集委員
  • 2008 - 現在 総合心理教育研究所 客員学術研究員
  • 2013 - 日本応用心理学会 論文審査査読委員
  • 2012 - 産業・組織心理学会 論文審査査読委員
  • 2012 - 社会言語学会 論文審査査読委員
所属学会 (11件):
日本応用心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  組織学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本行動計量学会 ,  日本経営診断学会 ,  日本経営学会 ,  日本産業ストレス学会 ,  日本心理学会 ,  日本労務学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る