研究者
J-GLOBAL ID:200901003501149591   更新日: 2023年01月18日

門倉 昭

Kadokura Akira
所属機関・部署:
職名: 教授、センター長
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (10件): 大気球 ,  サブストーム ,  電場 ,  電離圏 ,  磁気圏 ,  オーロラ光学観測 ,  共役点観測 ,  昭和基地 ,  南極 ,  アイスランド
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2022 - 2028 宇宙空間からの高エネルギー粒子降下による極域大気変容の南北共役性の研究
  • 2015 - 2020 基盤研究(A)(海外学術調査):高時間分解能観測によるオーロラ現象の南北共役性の研究
  • 2014 - 2017 基盤研究(A):地上オーロラ観測と衛星直接観測を連携させて挑む新しいサブストーム像の構築:分担者
  • 2009 - 2014 基盤研究(B)(海外学術調査):オーロラの南北半球共役性とその太陽活動依存性の研究:分担者
  • 2005 - 2009 基盤研究(B)(海外学術調査):極域電離圏環境が南北両極オーロラの動態と強度に及ぼす影響の研究:分担者
全件表示
論文 (165件):
  • Jie Liu, Kazuo Shiokawa, Shin-Ichiro Oyama, Yuichi Otsuka, Chae-Woo Jun, Masahito Nosé, Tsutomu Nagatsuma, Kaori Sakaguchi, Akira Kadokura, Mitsunori Ozaki, et al. A Statistical Study of Longitudinal Extent of Pc1 Pulsations Using Seven PWING Ground Stations at Subauroral Latitudes. 2023. 128. 1
  • RYUHO KATAOKA, Tatsuhiko Sato, Chihiro Kato, Akira Kadokura, Masayoshi Kozai, Shoko Miyake, Kiyoka Murase, Lihito Yoshida, Yoshihiro Tomikawa, Kazuoki Munakata. Local environmental effects on cosmic ray observations at Syowa Station in the Antarctic: PARMA-based snow cover correction for neutrons and machine learning approach for neutrons and muons. Journal of Space Weather and Space Climate. 2022. 12. 37. 37-37
  • Michelle Salzano, Marc R. Lessard, Sungjun Noh, Hyomin Kim, Colin Waters, Mark J. Engebretson, Richard Horne, Mark Clilverd, Akira Kadokura, Yoshimasa Tanaka, et al. Modeling the Effects of Drift Shell Splitting in Two Case Studies of Simultaneous Observations of Substorm-Driven Pi1B and IPDP-Type EMIC Waves. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2022. 127. 10
  • Large-amplitude Bidirectional Anisotropy of Cosmic-Ray Intensity Observed with Worldwide Networks of Ground-based Neutron Monitors and Muon Detectors in 2021 November. 2022. 938. 30. 30-30
  • T. Sakurai, A. N. Wright, K. Takahashi, T. Elsden, Y. Ebihara, N. Sato, A. Kadokura, Y. Tanaka, T. Hori. Poleward Moving Auroral Arcs and Pc5 Oscillations. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2022. 127. 8
もっと見る
MISC (92件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 極地研ライブラリー:オーロラの謎 南極・北極の比較観測
    成山堂書店 2015 ISBN:9784425570911
講演・口頭発表等 (113件):
  • Antarctic large area network observation of auroral phenomena using unmanned system: Event studies of multi-point simultaneous observations
    (第13回極域科学シンポジウム 2022)
  • オーロラ活動に伴う銀河強度の変動:南極昭和基地における掃天フォトメータ観測
    (地球電磁気・地球惑星圏学会第152回総会・講演会 2022)
  • Antarctic large area network observation of auroral phenomena using unmanned system: Event studies of multi-point simultaneous observations.
    (日本地球惑星科学連合2022年大会 2022)
  • 極域環境データサイエンスセンターの活動報告
    (【ROIS-DS】第2回成果報告会(オンライン) 2022)
  • Antarctic large area network observation of auroral phenomena using unmanned system: Current status of project in 2021
    (第12回極域科学シンポジウム 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)、2002年 (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2017/04 - 現在 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 極域環境データサイエンスセンター長
  • 2017/04 - 現在 国立極地研究所 研究教育系 宙空圏研究グループ 教授(兼務)
  • 2022/04 - 2023/03 総合研究大学院大学 複合科学研究科 研究科長
  • 2021/05 - 2022/06 情報・システム研究機構 本部戦略企画本部 副本部長(兼務)
  • 2020/04 - 2022/03 総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 専攻長
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/09 - 現在 所外委員 日本学術会議 情報学委員会 国際サイエンスデータ分科会 WDS小委員会委員
  • 2017/04 - 現在 名古屋大学宇宙地球環境研究所 共同利用・共同研究委員会委員
  • 2014/01 - 2017/12 地球電磁気・地球惑星圏学会 フロンティア賞推薦委員会委員
  • 2011/10 - 2017/09 所外委員 日本学術会議・地球惑星科学委員会・国際対応分科会・STPP小委員会委員
  • 2011/10 - 2017/09 所外委員 日本学術会議・情報学委員会・国際サイエンスデータ分科会・WDS小委員会委員
全件表示
所属学会 (2件):
American Geophysical Union ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る