研究者
J-GLOBAL ID:200901003501149591   更新日: 2019年12月05日

門倉昭

Akira Kadokura
所属機関・部署:
職名: 教授、センター長
ホームページURL (1件): http://polaris.nipr.ac.jp/~kadokura/
研究分野 (1件): 超高層物理学
研究キーワード (30件): オーロラ ,  地磁気共役点 ,  アイスランド ,  南北半球の対称性 ,  南極 ,  共役点 ,  昭和基地 ,  共役点観測 ,  カスプ域 ,  電離圏 ,  プラズマ対流 ,  磁気圏 ,  南極昭和基地 ,  脈動オーロラ ,  HFレーダー ,  EISCATレーダー ,  電磁気圏 ,  降下粒子 ,  磁気圏構造 ,  オーロラ光学観測 ,  ヒーティング ,  磁気圏物理学 ,  オーロラ物理学 ,  オーロラ ,  磁気圏 ,  電離圏 ,  電場 ,  ダイナミックス ,  サブストーム ,  大気球
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2020 基盤研究(A)(海外学術調査):高時間分解能観測によるオーロラ現象の南北共役性の研究
  • 2014 - 2017 基盤研究(A):地上オーロラ観測と衛星直接観測を連携させて挑む新しいサブストーム像の構築:分担者
  • 2009 - 2014 基盤研究(B)(海外学術調査):オーロラの南北半球共役性とその太陽活動依存性の研究:分担者
  • 2005 - 2009 基盤研究(B)(海外学術調査):極域電離圏環境が南北両極オーロラの動態と強度に及ぼす影響の研究:分担者
  • 2001 - 2005 基盤研究(B)(海外学術調査):太陽活動極大期のオーロラの南北対称性研究:分担者
全件表示
論文 (82件):
  • Tanaka, Y.-M., Nishiyama, T., Kadokura, A., Ozaki, M., Miyoshi, Y., Shiokawa, K., et al. Direct comparison between magnetospheric plasma waves and polar mesosphere winter echoes in both hemispheres. Journal of Geophysical Research. 2019. 124
  • Transient ionization of the mesosphere during auroral breakup: Arase satellite and ground-based conjugate observations at Syowa Station. Earth, Planets and Space. 2019. 71. 9
  • Visualization of rapid electron precipitation via chorus element wave-particle interactions. Nature Cmmunications. 2019
  • On the driver of daytime Pc3 auroral pulsations. Geophysical Research Letters. 2019. 46
  • Microscopic observations of pulsating aurora associated with chorus element structures: Coordinated Arase satellite-PWING. Geophysical Research Letters. 2018. 45
もっと見る
書籍 (1件):
  • 極地研ライブラリー:オーロラの謎 南極・北極の比較観測
    成山堂書店 2015 ISBN:978-4-425-57091-1
講演・口頭発表等 (99件):
  • Simultaneous Observation of an Auroral Substorm at Japanese Antarctic Stations with the POLAR UVI in 2003
    (AGU Fall Meeting, San Francisco, California, 13-17 December 2004)
  • Unmanned magnetometer observation in the Japanese Antarctic Research Expedition
    (XIth IAGA workshop on geomagnetic observatory instruments, data acquisition and processing, Kakioka and Tsukuba, Japan, November 9-17 2004)
  • Unmanned magnetometer observation in the Japanese Antarctic Research Expedition
    (The second International Symposium on Polar Sciences of China, Beijing, China, 16-17, October 2004)
  • Conjugate observation of auroral substorm evolution
    (XXVIII SCAR Open Science Conference, Bremen, Germany, 26-28, July, 2004)
  • 南極無人磁力計ネットワーク観測
    (地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会(愛媛大学) 2004)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)、2002年 (東京大学)
経歴 (10件):
  • 1986/07 - 1994/03 国立極地研究所 研究系 助手
  • 1994/04 - 2002/10 国立極地研究所 資料系 助手
  • 2002/11 - 2007/03 国立極地研究所 資料系 助教授
  • 2007/04 - 2012/06 国立極地研究所 研究教育系 准教授
  • 2016/04 - 2017/03 情報・システム研究機構 極域環境データサイエンスセンター準備室長(兼務)
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/09 - 現在 所外委員 日本学術会議 情報学委員会 国際サイエンスデータ分科会 WDS小委員会委員
  • 2017/04 - 現在 名古屋大学宇宙地球環境研究所 共同利用・共同研究委員会委員
  • 2014/01 - 2017/12 地球電磁気・地球惑星圏学会 フロンティア賞推薦委員会委員
  • 2011/10 - 2017/09 所外委員 日本学術会議・情報学委員会・国際サイエンスデータ分科会・WDS小委員会委員
  • 2011/10 - 2017/09 所外委員 日本学術会議・地球惑星科学委員会・国際対応分科会・STPP小委員会委員
全件表示
所属学会 (2件):
地球電磁気・地球惑星圏学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る