研究者
J-GLOBAL ID:200901003548403453   更新日: 2019年11月28日

浦川 博史

ウラカワ ヒロシ | URAKAWA Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (14件):
  • SHINAGAWA Yoshinobu, YOSHIMITSU Kengo, TAKANO Koichi. Pseudolesion of the liver observed on gadoxetate disodium -enhanced magnetic resonance imaging obtained shortly after transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma. Japanese Journal of Radiology. 2010. 28. 6. 483-488
  • 森川、森田彩子、藤光 律子、浦川 博史、品川 喜紳、森原 大輔、青木 光希子、吉満 研吾. MR Imaging of a Methotrexate-associated Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Liver that Regressed without Treatment. Magn Reson Med Sci. 2016. 15. 3. 249-250
  • 藤光 律子、島倉 樹子、浦川 博史、森田 彩子、品川 喜紳、坂本 桂子、吉満 研吾. 造影超音波における乳腺均一濃染病変:通常超音波と造影超音波による鑑別診断. Japanese journal of radiology. 2016. 34. 7. 508-514
  • 横山圭二、阿南章、入江真、高良真一、浦川博史、東原秀行、吉満研吾、向坂彰太郎. 巨大な胃ー腎短絡路に対するB-RTO施行後に急性膵炎を発症した1例. 日本門脈圧亢進症学会雑誌. 2011. 17. 4. 153-158
  • 横山圭二、横山昌典、東原秀行、阿南 章、入江 真、久能志津香、福永篤志、四本かおる、櫻井邦俊、岩下英之、平野玄竜、上田秀一、森原大輔、西澤新也、竹山康章、坂本雅晴、岩田 郁、釈迦堂敏、早田哲郎、高良真一、浦川博史、吉満研吾、向坂彰太郎. バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)後の食道静脈瘤増悪の予測因子:B-RTOで治療した門脈-大循環シャントを有する患者の臨床像の分析-(2000年から2009年に福岡大学病院消化器内科で経験した55症例について). 福岡大医紀. 2011. 38. 4. 153-159
もっと見る
書籍 (1件):
  • 小腸疾患の臨床・小腸出血の血管造影診断とIVR治療
    医学書院 2004
講演・口頭発表等 (9件):
  • 多血性肝細胞癌の評価:Gd-EOB-DTPA造影MR vs 64列MDCT
    (第68回日本医学放射線学会総会 2009)
  • B-RTO施行3年後に胃静脈瘤再発を認めた1例
    (第93回日本消化器病学会九州支部例会 2009)
  • 肝細胞癌に対する化学塞栓療法後の非癌部肝組織に認めるGd-EOB-DTPA造影MRIにおける偽病変の検討
    (第69回日本医学放射線学会総会 2010)
  • Pseudolesions of the liver in patients with hepatocellular carcinoma treated with transarterial chemoembolization as observed on gadoxetate-enhanced MR: sequential change and clinico-radiological correlation
    (European Congress of Radiology 2011)
  • The Tips and Tricks of MR Elastography of the Liver in Actual Clinical Practice: Experience at 3.0T Clinical Unit
    (The 101th RSNA 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福岡大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る