研究者
J-GLOBAL ID:200901003551562082   更新日: 2020年05月30日

深沢 塔一

フカサワ トウイチ | Fukasawa Toichi
所属機関・部署:
職名: フェロー(非常勤)
研究キーワード (3件): 船体構造設計 ,  船舶海洋工学 ,  光ファイバセンサー
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2016 - 2019 間欠的高周波重畳荷重を受ける溶接継手疲労寿命評価法の開発
  • 2015 - 2018 波浪中推進性能及び荷重履歴を考慮した構造強度推定法の研究
  • 2014 - 2017 実海域での運航を考慮した船体疲労強度設計のための設計海象・設計荷重に関する研究
  • 2010 - 2013 構造信頼性解析を用いた設計不規則波による船体構造設計法の検討
  • 2009 - 2012 大規模剥離を伴うセール周り流れの詳細計測とCFD計算のバリデーション
全件表示
論文 (62件):
  • Considerations on the longitudinal strength of container ship from the viewpoint of extreme vertical wave bending moment. 13th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures, PRADS2016. 2016
  • Research on the method for determining significant short-term sea states for fatigue strength of a ship. 29th Asian-Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structures, TEAM2015. 2015. 14-19
  • On the Estimation Method of Slamming Pressure for Ship Structural Analysis in Combination of CFD with Heuristic Method. 25th International Ocean and Polar Engineering Conference, ISOPE2015. 2015. 4. 751-758
  • Estimation of Dynamic Pressure in a Fully Filled Tank and the Effect of Trapped Air. 28th Asia Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structures, TEAM2014. 2014. 301-307
  • On the effects of hull-girder vibration upon fatigue strength of a Post-Panamax container ship disaggregated by short-term sea state. 12th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures, PRADS2013. 2013. 479-485
もっと見る
MISC (43件):
  • On the Simplified Method to Predict the Long-term Probability of Occurrence of Stress caused by Wave Pressure acting on a Ship. Int. Conf. on Ship and Shipping Research, NAV2000. 2000. 7.4.1-7.4.10
  • Simplified Prediction Method of Long-term Probability of Occurrence of Stress Fluctuation caused by Wave Pressure. Trans. of the Korea Ship and Offshore Structures Congress. 2000. 14. 2. 13-20
  • Assessment of Ultimate Longitudinal Strength of a Ship with the Use of Design Irregular Wave. Annual Autumn Meeting, Society of Naval Architects of Korea. 1999. 460-465
  • On the Prediction of Inner Pressure for the Tank in Rolling Motion. Annual Autumn Meeting, Society of Naval Architects of Korea. 1999. 378-382
  • Behavior of 20,000 DWT Tanker in Japan Sea. Shipbuilding and Ocean Engineering. Problems and Perspectives SOPP-98. 1998. 1. 187-191
もっと見る
Works (16件):
  • On the Ultimate Longitudinal Strength Analysis of a Ship under Extreme Load Condition in Rough Seas
    2000 -
  • 「今、大学では・・・」-関西の大学における船舶海洋に関する研究の現状と将来-
    1998 -
  • 荒天海域での船体応答について
    1997 -
  • 船体構造における波浪荷重と応力の位相差に関する研究
    1997 -
  • 船体構造解析におけるスーパーエレメント法の適用性に関する研究
    1997 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1978 - 1981 東京大学 大学院 工学系研究科 博士課程 船舶工学専攻
  • 1976 - 1978 東京大学 大学院 工学系研究科 修士課程 船舶工学専攻
  • 1974 - 1976 東京大学 工学部 船舶工学科
  • 1972 - 1974 東京大学 教養学部 理科I類
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 海上技術安全研究所 フェロー(非常勤)
  • 2010/04 - 2017/03 大阪府立大学 教授
  • 2004/04 - 2010/03 金沢工業大学 教授
  • 1992/04 - 2004/03 金沢工業大学 教授
  • 1985/10 - 1992/03 東京大学 助教授
全件表示
受賞 (5件):
  • 2003/05 - 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞
  • 1987/05 - 日本造船学会 創立90周年記念懸賞論文 佳作 これからの船舶・海洋研究と学会
  • 1982/05 - 日本船舶振興会 日本船舶振興会会長賞
  • 1982/05 - 日本海事協会 日本海事協会賞
  • 1982/05 - 日本造船学会 日本造船学会賞
所属学会 (8件):
日本航空宇宙学会 ,  日本設計工学会 ,  関西造船協会 ,  大韓造船学会 ,  The Society of Naval Architects and Marine Engineers ,  The Royal Institution of Naval Architects ,  日本機械学会 ,  日本造船学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る