研究者
J-GLOBAL ID:200901003552019170   更新日: 2020年01月16日

尾縣 貢

オガタ ミツギ | Ogata Mitsugi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2002 - 2010 体力水準とパフォーマンス及び動作との関係
  • 超回復とパフォーマンス
論文 (207件):
  • 前田, 奎;大山 卞, 圭悟;関 慶太郎;水島 淳;広瀬, 健一;尾縣, 貢. 円盤投における高い初速度獲得のための動作要因間の因果関係. 体育学研究. 2019. 64. 1. 21-36
  • 山元康平;大山 卞, 圭悟;木越清信;尾縣, 貢. 大学陸上競技部の組織形態およびチームマネジメントの実態 : 国内強豪大学を事例に. 陸上競技研究. 2019. 116. 31-41
  • 山元康平;広瀬健一;前田, 奎;大山 卞, 圭悟;木越清信;尾縣, 貢. 女子400m走におけるタイプを考慮したモデルレースパターンの作成. 陸上競技学会誌. 2018. 17. 35-45
  • 山元康平;宮代賢治;内藤景;白木駿佑;梶谷亮輔;大山 卞, 圭悟;木越清信;尾縣, 貢. 競技レベルの異なる400m走競技者のレースパターンの特徴. 陸上競技研究. 2018. 113. 11-20
  • 村山凌一;伊藤明子;山元康平;大山 卞, 圭悟;木越清信;尾縣, 貢. 得点分析にもとづく女子七種競技者のアセスメントのための基準値の作成. JAAF陸上競技研究紀要. 2018. 14. 36-47
もっと見る
書籍 (27件):
  • 混成競技
    1989
  • 混成競技(共著)
    1989
  • 陸上競技の方法
    1990
  • 陸上競技Q&A
    1990
  • 陸上競技の方法(共著)
    1990
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 柔道トップアスリートの食行動変容の要因の一例 -管理栄養士の栄養サポートの相互作用も検討して-
    (日本コーチング学会 第30回学会大会)
  • 疲労困憊に至るランニングにおける大腿部筋群の動員様相
    (日本スプリント学会第12回大会 2001)
  • トップスポーツ現場が求めるスポーツ栄養士の資質・能力
    (ストレングス&コンディショニングカンファランス2014 2014)
  • トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性
    (日本スポーツ栄養学会 第2回大会 2015)
  • 下肢における大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性
    (日本体育学会第67回大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1981 筑波大学 体育専門学群
  • - 1983 筑波大学 体育研究科 コーチング学
経歴 (7件):
  • 1985/04/01 - 1990/03/31 大阪府立大阪女子大学 助手
  • 1990/04/01 - 1994/03/31 奈良教育大学 助教授
  • 1994/04/01 - 1998/10/31 筑波大学 講師
  • 1998/11/01 - 2004/03/31 筑波大学 助教授
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 国立大学法人筑波大学 助教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2017/04 - 国立スポーツ科学センター 業績評価委員会
  • 日本コーチング学会理事 副会長
  • 2000 - 日本スポーツ運動学会 理事
  • 2002 - 日本陸上競技学会 会長
  • 2002/04 - 公益財団法人日本陸上競技連盟 専務理事
所属学会 (5件):
日本コーチング学会 ,  日本スポーツ運動学会 ,  日本スポーツ教育学会 ,  日本体育学会 ,  日本陸上競技学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る