研究者
J-GLOBAL ID:200901003865601163   更新日: 2018年10月24日

今福 一寿

Imahuku Kazuhisa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): スポーツ科学 ,  体育、身体教育学
研究キーワード (4件): 体育科教育 ,  剣道指導法 ,  スポーツ運動学 ,  コーチング
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2018 剣道の「起こり」に関する研究
  • 2012 - 2015 剣道競技未経験体育教員向け剣道指導法の確立-短期間な競技者育成を目指してー
  • 1999 - 2000 運動パフォーマンスに関する生体情報の分析およびバイオメカニクス的研究
  • 1998 - 1999 運動の学習効果と運動成果に関わる生体情報の分析による教育システムの検討
  • 1987 - 1988 低運動技能者の体育指導方法に関する分析的研究
全件表示
論文 (36件):
  • 今福一寿. 剣道における「起こり」に関する研究. Research Journal of Health and Sports Science. 2016. 7. 1-10
  • 笹原千穂子, 河口卓哉, 村岡慈歩, 今福一寿. 小学生における食習慣と食事摂取状況との関連性. Research Journal of Health and Sports Science. 2015. 6. 13-20
  • 今福一寿, 川上あい華, 天野聡. 剣道初心者の技術習得における「送り足」動作の有効性. Research Journal of Health and Sports Science. 2014. 5. 9-20
  • 笹原千穂子, 村岡慈歩, 今福一寿. 小学生の体組成と食事摂取状況との関連性. Research Journal of Health and Sports Science. 2013. 4. 1-7
  • 今福一寿, 金子敬二, 天野聡, 倉賀野哲造. 剣道の正面打突における「送り足」と「踏み切り足」動作の研究. 2013. 2. 31-42
もっと見る
書籍 (3件):
  • 子どもの体育指導のエッセンス
    明星大学出版 2018
  • 剣道選手の打突のしくみ
    スキージャーナル社(剣道日本) 2009
  • 剣道上級者の打ち方を身につける方法
    スキージャーナル社 2006
講演・口頭発表等 (46件):
  • 剣道の打突動作と「起こり」に関する研究
    (日本武道学会第48回大会(日本体育大学) 2015)
  • 剣道初心者の打突動作習得における「送り足」動作と竹刀操作の関係
    (日本武道学会第47回大会(福山市立大学) 2014)
  • 日本拳法の突きの直進性
    (日本武道学会第45回大会(東京農工大学) 2012)
  • 剣道における打突動作と打撃力の関係
    (日本武道学会第44回大会 2011)
  • 剣道打突における「送り足」動作の分析と指導
    (日本武道学会第44回大会 2011)
もっと見る
Works (4件):
  • 第22回学連剣友剣道大会(第3位)
    2011 -
  • 第21回学連剣友剣道大会(第3位)
    2010 -
  • 全日本学生剣道選手権大会出場
    1980 -
  • 関東学生剣道新人戦大会3位
    1978 -
学歴 (1件):
  • 1977 - 1981 東海大学 武道学科
学位 (1件):
  • 体育学士 (東海大学)
経歴 (12件):
  • 2014/06 - 現在 株式会社明星大学出版 取締役
  • 2010/04/01 - 現在 明星大学 教育学部 教育学科 教授
  • 2014/06 - 2018/06 公益財団法人私立大学通信教育協会 理事
  • 2017/05 - 2018/03 明星大学 学長補佐
  • 2014/04 - 2018/03 明星大学 通信教育課程長
全件表示
所属学会 (5件):
日本スポーツ運動学会 ,  日本スポーツ方法学会 ,  スポーツ教育学会 ,  日本武道学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る