研究者
J-GLOBAL ID:200901004020680257   更新日: 2020年01月15日

平野 智

ヒラノ サトシ | HIRANO Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.splab.nitech.ac.jp/~hirano/
研究分野 (1件): 通信・ネットワーク工学
研究キーワード (1件): 通信・ネットワーク工学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 低コストΔΣ変調器評価手法を用いる1ビット信号処理システム開発
  • A/D.D/A変換器に関する研究
  • フィルタ回路に関する研究
論文 (109件):
  • Etsuro HAYAHARA, Satoshi HIRANO. SCF Realization Based on the Simulation of LC Filters. Bulletin of Nagoya Institute of Technology. 1988. 39. 239-245
  • 平野智,早原悦朗. アクティブRフィルタの構成とその特性補正法. 信学論(A). 1990. J73-A. 4. 769-774
  • Satoshi HIRANO, Takashi SUZUKI, Etsuro HAYAHARA. Single Amplifier RC Network Realizing a 3rd-order Notch Function. Proc. of 33rd Midwest Symposium on Circuits and Systems. 1990. 468-471
  • 平野智,早原悦朗. NICを用いたSCFの一構成法. 信学論(A). 1990. J73-A. 12. 1944-1947
  • Satoshi HIRANO, Etsuro HAYAHARA. A Functional Trimming Technique in the Active RC Filter Design. IEICE Trans. Fundamentals. 1991. E-74. 2. 270-273
もっと見る
書籍 (1件):
  • 新インターユニバーシティ 電子回路
    オーム社 2008 ISBN:9784274206337
講演・口頭発表等 (188件):
  • バンドパスΔΣ変調 A-D 変換器の一設計法
    (電気関係学会 東海支部連合大会 2010)
  • Total Variation 正則化手法を用いた MPEG 画像圧縮ひずみの除去
    (映像情報メディア学会年次大会 2010)
  • 学習法を用いた超解像度画像復元の性能改善と高速化
    (映像情報メディア学会 年次大会 2010)
  • Total Variation 正則化手法と学習法を用いた超解像度画像の再生
    (映像情報メディア学会年次大会 2010)
  • ウェーブレット変換を用いたワンセグ放送の画質改善
    (映像情報メディア学会年次大会 2010)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る