研究者
J-GLOBAL ID:200901004041804282   更新日: 2005年12月15日

棚村 重行

タナムラ シゲユキ | Tanamura Shigeyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (3件): キリスト教史・教会史 ,  Church History ,  History of Christianity
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1999 - 日本基督公会運動の展開と特質に関する研究
  • 1999 - A Study on the Development and Characteristics of the 'Church of Christ' Movement in Japan
  • 19世紀のアメリカ神学思想の比較研究
  • 西欧におけるキリスト教霊的生活史発展の研究
  • A Comparative Study of Theological Thoughts in 19th-Century America
全件表示
MISC (27件):
  • 公会運動の看過された神学論争の次元-十九世紀アルミニウス主義的「新派」神学を中心に(一)-. 神学. 2004. 66. 139-162
  • 横浜公会設立期(1872-1873年)の二規則(公会定規、公会規則)をめぐる諸問題(二-B). 東京神学大学 紀要. 2004. 7. 61-88
  • 横浜公会設立期(1872-1873年}の二規則{公会規定、公会規則}をめぐる諸問題{一}. 神学. 2002. 64. 121-147
  • 幻の公会信条の意義-日本基督公会運動再考(二). 東京神学大学 紀要. 2002. 5. 43-104
  • 幻の公会信条の意義-日本基督公会運動再考(一). 神学. 2001. 63. 283-307
もっと見る
書籍 (3件):
  • 現代人のための教理史ガイド-教理を擁護する
    教文館 2001
  • 啓示、知性、感情-E・A・パーク(1808-1900)の調停神学の構想
    福音の神学と文化の神学 教文館 1993
  • Revelation, Intellect, and Feeling. The Idea of A Mediational Theology in E. A. Park (1808-1900).
    1993
Works (2件):
  • キリスト教教理史の発展に関する研究、特に「聖書と伝統」、「義認と聖化」、「教会論」を中心にして。
    1992 - 1993
  • Study on the Development of Christsan Doctrines
    1992 - 1993
学歴 (4件):
  • - 1994 シカゴ大学大学院 キリスト教史
  • - 1994 The University of Chicago History of Christianity
  • - 1975 東京神学大学 歴史神学
  • - 1975 東京神学大学
学位 (1件):
  • 哲学博士 (シカゴ大学神学部)
所属学会 (2件):
初期アメリカ学会 ,  日本基督教学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る