研究者
J-GLOBAL ID:200901004059993759   更新日: 2020年09月27日

松下 元則

マツシタ モトノリ | Matsushita Motonori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 経営学 ,  観光学 ,  地域研究
研究キーワード (6件): 経営戦略論 ,  ホスピタリティ・マネジメント ,  イベント・マネジメント ,  食 ,  景観 ,  函館西部地区バル街
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2020 地域活性化を目指す「食」に関するイベントの効果の検証
  • 2016 - 2019 地域イノベーションのメカニズムの解明:函館西部地区バル街の事例研究
  • 2017 - 2018 「食」のイベントを起点とした地域活性化:良循環創出のメカニズムの解明
  • 2016 - 2017 古民家再利用を促進する地域イノベーションのメカニズムの解明
  • 2009 - 2010 函館西部地区バル街の研究:評判の形成・発動メカニズムと地域活性化
論文 (15件):
  • 松下元則. 函館市内の主要イベントをめぐる言説の比較:バル街は他のイベントと何が違うのか. 地域公共政策研究. 2020. 30. 41-58
  • 松下元則. バル街が参加店と開催地域に及ぼす持続的な効果の検証:タウンページ・データの予備的分析. 福井県立大学論集. 2020. 54. 1-15
  • 松下 元則. バル街参加店の集客力と参加店コメントの関係:函館西部地区バル街の参加店コメントのテキストマイニング分析(II). 福井県立大学経済経営研究. 2020. 42. 19-39
  • 松下 元則. 函館西部地区バル街の参加店コメントの テキストマイニング分析 :参加店が参加者に向けて発するメッセージの変化. 福井県立大学経済経営研究. 2019. 41. 13-36
  • 松下 元則. バル街をめぐる言説のテキストマイニング分析 :言説の「内容」と「数」の変化. 福井県立大学論集. 2019. 52. 37-57
もっと見る
MISC (6件):
  • 松下 元則. アジアの経営物語(3) 発泡酒を考える視点(I):発泡酒像の原型と節税ビール. アンスピレ(Inspirer : Business & Management Journal). 2003. 1. 4. 35-44
  • 松下 元則. 産業集積レポート(3) 岩手県北上・花巻(下):新たな地域発展モデルを求めて 産学官ネットワークの試み. アンスピレ(Inspirer : Business & Management Journal). 2002. 1. 3. 41-48
  • 松下 元則. 産業集積レポート(2) 岩手県北上・花巻(上):先人たちの「こころざし」. アンスピレ(Inspirer : Business & Management Journal). 2002. 1. 2. 70-81
  • 松下 元則. アジアの経営物語(2) 上海・烏竜茶物語:サントリーウーロン茶が上海でヒットして定着するまで. アンスピレ(Inspirer : Business & Management Journal). 2002. 1. 2. 136-147
  • 松下 元則. 産業集積レポート(1) 文京区・本郷の医療機器集積. アンスピレ(Inspirer : Business & Management Journal). 2001. 1. 1. 96-105
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 函館西部地区バル街の研究:評判の形成・発動メカニズムと地域活性化
    (アサヒビール学術振興財団研究結果報告会 2010)
  • 中国における日系ビールメーカーの事業展開
    (経営史学会第46回全国大会自由論題報告 2010)
  • 甘いウーロン茶は気持ち悪いですか:ノイズとしての「内なる消費者の声」
    (函館アカデミックフォーラム 2007)
  • サントリーの中国事業史:ビール事業の展開と上海での結実
    (経営史学会第38回全国大会自由論題報告 2002)
学歴 (1件):
  • 2004 - 2007 一橋大学大学院
経歴 (3件):
  • 2012/04 - 現在 福井県立大学経済学部 准教授
  • 2010/04 - 2012/03 函館大学商学部 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 函館大学商学部 専任講師
所属学会 (5件):
日本経営学会 ,  経営史学会 ,  組織学会 ,  一橋商学会 ,  地域公共政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る