研究者
J-GLOBAL ID:200901004087259297   更新日: 2019年08月17日

隅田 和人

スミタ カズト | SUMITA Kazuto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 経済統計学 ,  応用経済学
研究キーワード (2件): 計量経済学 ,  住宅市場
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 高齢社会における住宅需要行動のミクロ計量経済分析
  • 2007 - 2007 地震発生確率の全国の不動産価格への影響に関する実証分析:地震リスクプレミアムの推定
  • 2004 - 住宅需要のパネル・データ分析
  • 2002 - 金沢市住宅価格のヘドニック分析
  • 2000 - 住宅価格変動の計量経済分析
論文 (27件):
  • 岩田真一郎, 隅田和人, 藤澤美恵子. Price competition in the spatial real estate market: Allies or rivals?. Spatial Economic Analysis. 2018
  • 吉田二郎・瀬古美喜・隅田和人. 中途解約可能な賃貸借契約の賃料期間構造. 住宅土地経済. 2017. 106. 20-29
  • 隅田 和人. 住宅価格変動の計量経済分析:住宅ローン減税の住宅価格への影響を中心に. 応用地域学研究. 2015. 19. 25-37
  • Jiro Yoshida, Miki Seko and Kazuto Sumita. The Rent Term Premium for Cancellable Leases. Journal of Real Estate Finance and Economics. 2015
  • 瀬古美喜,隅田和人, 直井道生,、. Residential mobility decisions in Japan:Effects of housing equity constraints and income shocks under the recourse loan system. Journal of Real Estate Finance and Economics, Springer. 2012. 45. 1. 63-87
もっと見る
MISC (4件):
  • 隅田 和人. 書評:瀬谷創・堤盛人著『空間統計学:自然科学から人文・社会科学まで』. 応用地域学研究. 2015. 19. 99-101
  • 隅田 和人. 高齢社会におけるリバースモーゲージの役割. 『三田評論』 慶應義塾大学出版会. 2010. 113. 26-31
  • 隅田 和人. 海外論文紹介:ボストンにおける経済変動の時系列分析. 『住宅土地経済』日本住宅総合センター. 1999. 34. 36-39
  • 隅田 和人・中澤 克佳・川瀬 晃弘. Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis based on Micro-Level Survey. Working paper series, Faculty of Economics, Toyo University. 2018. 23
書籍 (14件):
  • 『ほんとうの経済学入門』
    学陽書房 2004
  • 「定期借家を考慮した家計の居住形態選択行動の分析」樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムI 慶応義塾家計パネル調査の特性と居住・就業・賃金分析』第3章
    慶應義塾大学出版会 2005
  • 現行借地借家法・譲渡損失繰越控除制度は人々の転居を容易にしたか (瀬古美喜氏との共著)
    樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムII 税制改革と家計の対応』慶應義塾大学出版会 2006
  • 「現行借地借家法・譲渡損失繰越控除制度は人々の転居を容易にしたか」樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムII 税制改革と家計の対応』、第3章
    慶應義塾大学出版会 2006
  • 「東京大都市圏における単一中心都市圏仮説と波紋効果の検証」田中辰雄・中妻照雄編『計量経済学のフロンティア』第6章
    慶應義塾大学出版会、 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • Asian Real Estate Society, The Fifth Annual Conference in Beijing
    (,長城飯店,北京, July 29, 2000 2000)
  • 日本経済学会・秋期大会
    (於大阪府立大学,2000年9月16日. 2000)
  • Asian Real Estate Society, The Sixth Annual Conference
    (at Keio University, Tokyo, August 1, 2001. 2001)
  • 第96回 住宅経済研究会
    (於霞ヶ関ビル・東海大学交友会館、2001年11月26日 2001)
  • 日本経済学会・秋季大会
    (於広島大学、2002年10月14日, 『日本経済学会 2002年度秋季大会報告要旨集』,p.175. 2002)
もっと見る
Works (2件):
  • 地震発生確率の全国の不動産価格への影響に関する実証分析:地震リスクプレミアムの推定(直井 道生・瀬古 美喜との共同研究)
    2007 - 2007
  • 不動産競売市場における売却価格決定に関する計量経済分析(瀬古美喜・黒田達郎・黒田達哉との共著)(名古屋大学大学院環境学研究科 DEE Discussion Paper, No.09-03.)
    2009 -
学歴 (3件):
  • - 1997 慶應義塾大学 総合政策学部
  • - 1999 慶應義塾大学 経済学研究科 計量経済学
  • - 2002 慶應義塾大学 経済学研究科 計量経済学
学位 (3件):
  • 学士(総合政策学) (慶應義塾大学)
  • 修士(経済学) (慶應義塾大学)
  • 博士(経済学) (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2000/01 - 2001/11 日本銀行金融研究所 客員研究生 客員研究生
  • 2003/04 - 2005/03 金沢大学 非常勤講師
  • 2002/04 - 2008/03 金沢星稜大学経済学部 専任講師
  • 2008/04 - 2013/03 金沢星稜大学経済学部 准教授
  • 2013/04 - 現在 東洋大学 准教授
受賞 (3件):
  • 2007 - European Real Estate Society/Journal of Property Research Paper Prize, Best Paper in Real Estate Economics (2007) ( with Michio Naoi and Miki Seko)
  • 2009 - Best Paper Award for the Maury Seldin Advanced Studies Institute Award, 2009 AsRES-AREUEA Joint International Conference (with Miki Seko and Michio Naoi)
  • 2013/12 - 応用地域学会 坂下賞
所属学会 (9件):
日本経済学会 ,  日本統計学会 ,  応用地域学会 ,  都市住宅学会 ,  American Economic Association ,  American Statistical Association ,  Institute of Mathematical Statistics ,  Asian Real Estate Society ,  American Real Estate and Urban Economic Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る