研究者
J-GLOBAL ID:200901004207822306   更新日: 2020年09月24日

植松 清次

ウエマツ セイジ | Uematsu Seiji
所属機関・部署:
職名: 産学官連携研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • (元千葉県暖地園芸試験場 環境研究室)  室長
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (5件): 疫病菌(Phytophthora)分類 ,  土壌病害 ,  病害虫防除 ,  植物保護 ,  園芸作物
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2008 - 2010 昆虫伝搬性イチゴ新病害(葉縁退緑病)の監視・制. 圧技術の確立
  • 2006 - 2008 花き類病害の双方向型総合診断・防除システムの. 開発および公開
  • 2003 - 2006 3種キク科植物から分離される炭疽病菌の同定と病原性等の特性調査
  • 2003 - 2005 微生物の防御機能を利用したメロンえそ斑点病防除技術の緊急開発
  • 2003 - 2004 4種類のキンポウゲ科植物及び2種類のナス科植物から分離されるVerticillium
全件表示
論文 (100件):
  • 久保周子, 鐘ヶ江良彦, 植松清次, 海老原克介, 中田菜々子, 綿貫俊貴, 林聖麗, 大谷徹, 河名利幸, 須賀 晴久. Fusarium proliferatum によるサンダーソニア乾腐病(病原追加). 関東東山病害虫研究会報. 2019. 66. 32-35
  • 久保周子, 鐘ヶ江良彦, 植松清次, 河名利幸. メロンえそ斑点病発病土壌から効率的に病原ウイルスを検出するための条件の検討. 関東東山病害虫研究会報. 2018. 65. 35-38
  • T. Misawa, D. Kurose, C. Kubo, S. Uematsu. First report of Stemphylium herbarum and S.lycopersici causing purple leaf spot of carnation in Japan. New Disease Reports. 2018. 38. 12
  • Mohammad Ziaur Rahman, Seiji Uematsu, Haruhisa Suga, Koji Kageyama. Diversity of Phytophthora species newly reported from Japanese horticultural production. Mycoscience. 2015. 56. 4. 443-459
  • Mohammad Ziaur Rahman, Seiji Uematsu, Etsuo Kimishima, Takeshi Kanto, Mikio Kusunoki, Keiichi Motohashi, Yasushi Ishiguro, Haruhisa Suga, Koji Kageyama. Two plant pathogenic species of Phytophthora associated with stem blight of Easter lily and crown rot of lettuce in Japan. Mycoscience. 2015. 56. 4. 419-433
もっと見る
MISC (16件):
  • 飯島 大智, 景山 幸二, Thomas Jung, Marília Horta Jung, Clive Brasier, Joan Webber, 升屋 勇人, 植松 清次, 日恵野 綾香, 須賀 晴久. 森林土壌および河川から分離されたPythium 属とPhytopythium 属. 日本菌学会大会講演要旨集. 2019. 63. 0
  • 植松 清次. ジャガイモ疫病が示した標本を保存することの意味. 菌類の辞典. 2013. 404-405
  • 植松 清次. 卵菌類の病害:森を枯らす疫病菌. 菌類の辞典. 2013. 43-44
  • 松尾 和敏, 内川 敬介, 相野 公孝, 鍛治原 寛, 池頭 靖夫, 竹内 繁治, 植松 清次, 三輪 千華, 大木 健広, 津田 新哉. (461) 室内幼苗検定法を用いたメロンえそ斑点ウイルス媒介菌Olpidium bornovanusに対する拮抗微生物の選抜(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2006. 72. 4. 325-325
  • 三輪 千華, 植松 清次, 相野 公孝, 鍛治原 寛, 池頭 靖夫, 竹内 繁治, 松尾 和敏, 大木 健広, 津田 新哉. (462) メロンえそ斑点ウイルスの媒介菌Olpidium bornovanusに対する拮抗微生物の圃場試験選抜(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨). 日本植物病理學會報. 2006. 72. 4. 325-325
もっと見る
特許 (4件):
  • アクアホワイト 品種登録
  • 房の花 (品種登録)
  • Methods for reductive disinfection of soil, methods for wetting disinfection of soil, and systems for drenching soil with disinfectants, 佐藤充克, 坂本勝己, 上別府史郎, 佐藤理恵子, 阿部倉博道, 小原裕三, 植松清次, 三平東作, 三輪千華, International Application No. PCT/JP2007/00047 (2007)
  • Sato Michikatsu; Sakamoto Katsumi; Kamibeppu Shiro; Sato Rieko; Abekura Hiromichi; Kobara Yuso; Uematsu Seiji; Mihira Tosaku; Miwa Chika. Title: (En) Methods for reductive disinfection of soil, reductive disinfectants for soil, methods for wetting dis・・・
書籍 (9件):
  • 疫病
    日本植物防疫協会 2015
  • 花と緑の病害図鑑
    全農協 2001
  • 千葉県におけるレタス斑点細菌病の発生の終息とその要因 多摩川の流れ
    本谷勳退官記念事業実行委員会(〒183 東京都府中市幸町3-5-8 東京農工大学一般教育部生物学研究室内) 1989
  • 植松清次Phytophthoraの簡易な分離・培養・形態形成法2010、現場で使える主要病原菌類解説-分類・同定から取り扱いまで-、植物病原菌類談話会編、pp.11-15所収
  • 日本植物病名目録 日本植物病理学会 編集員及び共著 2004.2
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • A new Phytophthora sp. causing basal rot on Japanese Iris
    (Abstracts of Presentations of the 2011 American Phytopathological Society (APS)-International Plant Protection Congress (IPPC) Joint Meeting. Hawaii (2011.8) Phytopathology 101(6) (Supplement):s6 2011)
  • Re-identification of Gloeosporium carthami (Fukui) Hori et Hemmi and G. chrysanthemi Hori, Based on Morphological and Molecular Characteristics of Authentic Herbarium Specimens (II)
    (Abstracts of the Asian Mycological Congress 2011 & 12th International Marine and Freshwater Mycology Symposium. J26. Inchion (2011.8) 2011)
  • New Phytophthora basal rot disease of Japanese iris
    (Handbook of the 4th Asian Conference on Plant Pathology Concurrent with the 18th Biennial Australasian Plant Pathology Society Conference (Darwin). 135. (2011.4) 2011)
  • (財)農業技術協会 平成22年度第66回農業技術功労者表彰 「野菜・花き類の土壌病害及び花き類を中心とした園芸作物の新病害の発生生態の解明と防除に関する研究」
    (農業技術協会 2010)
  • Re-identification of Colletotrichum (Gloeosporium) carthami (Fukui) Hori et Henmi and C. chrysanthemi Hori based on morphologicaland molecular characteristics of relevant herbarium spceiments.
    (9th International Congress Plant Pathology. (20080826). Italy Torino 2008)
もっと見る
受賞 (9件):
  • 2014/06 - 日本植物病理学会 『論文賞』 "Colletotrichum carthami comb. nov., an anthracnose pathogen of safflower, garland chrysanthemum and pot marigold, revived by molecular phylogeny with authentic herbarium specimens"
  • 2012/03 - 日本植物病理学会 『論文賞』 "Control of Verticillium dahliae at a strawberry nursery by paddy-upland rotation"
  • 2012/03 - 日本植物病理学会 『学会賞』 花き類,野菜の病害の分類・同定と防除に関する研究
  • 2011/08 - アジア菌学会議 『優良ポスター発表賞』(於 仁川) "Re-identification of Gloeosporium carthami (Fukui) Hori et Hemmi and G. chrysanthemi Hori, Based on Morphological and Molecular Characteristics of Authentic Herbarium Specimens (II)"
  • 2010/11 - 『第66回農業技術功労者表彰』 (財)農業技術協会(現:農水省農林水産技術会議、農・食産業技術振興協会) 「野菜・花き類の土壌病害及び花き類を中心とした園芸作物の新病害の発生生態の解明と防除に関する研究」
全件表示
所属学会 (2件):
日本菌学会 ,  日本植物病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る