研究者
J-GLOBAL ID:200901004250273570   更新日: 2020年07月15日

太田 啓介

オオタ ケイスケ | Ohta Keisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://airc.kurume-u.ac.jp
研究分野 (4件): ナノバイオサイエンス ,  形態、構造 ,  解剖学 ,  神経形態学
研究キーワード (8件): 構造生物学 ,  三次元解析 ,  SEM ,  ミトコンドリア ,  アクチン ,  電子線トモグラフィー ,  電子顕微鏡 ,  FIB
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2007 - 2008 末梢組織内に分布するGFP蛍光ラベルした骨髄由来細胞の微細形態と組織学的解析
  • 2004 - 2005 細胞内シグナル伝達系遺伝子変異による新たな消化管運動障害モデルの検討
  • 2003 - 2004 生体内で軸索末端に投与された神経栄養因子に反応する神経細胞体の同定法開発
  • 2001 - 2002 神経栄養因子BDNFの、脊髄神経節より脊髄後索に入る突起における作用
論文 (31件):
  • Hirashima S, Kanazawa T, Ohta K, Nakamura KI. Three-dimensional ultrastructural imaging and quantitative analysis of the periodontal ligament. Anatomical science international. 2019
  • Hirashima S, Ohta K, Kanazawa T, Togo A, Kakuma T, Kusukawa J, Nakamura KI. Three-dimensional ultrastructural and histomorphological analysis of the periodontal ligament with occlusal hypofunction via focused ion beam/scanning electron microscope tomography. Scientific reports. 2019. 9. 1. 9520
  • Katsuno T, Belyantseva IA, Cartagena-Rivera AX, Ohta K, Crump SM, Petralia RS, Ono K, Tona R, Imtiaz A, Rehman A, Kiyonari H, Kaneko M, Wang YX, Abe T, Ikeya M, Fenollar-Ferrer C, Riordan GP, Wilson EA, Fitzgerald TS, Segawa K, Omori K, Ito J, Frolenkov GI, Friedman TB, Kitajiri SI. TRIOBP-5 sculpts stereocilia rootlets and stiffens supporting cells enabling hearing. JCI insight. 2019. 4. 12
  • Murata K, Hirata A, Ohta K, Enaida H, Nakamura KI. Morphometric analysis in mouse scleral fibroblasts using focused ion beam/scanning electron microscopy. Scientific reports. 2019. 9. 1. 6329
  • Sakaue T, Koga H, Iwamoto H, Nakamura T, Ikezono Y, Abe M, Wada F, Masuda A, Tanaka T, Fukahori M, Ushijima T, Mihara Y, Naitou Y, Okabe Y, Kakuma T, Ohta K, Nakamura KI, Torimura T. Glycosylation of ascites-derived exosomal CD133: a potential prognostic biomarker in patients with advanced pancreatic cancer. Medical molecular morphology. 2019
もっと見る
MISC (30件):
  • 右田 尚, 力丸 由起子, 古賀 憲幸, 太田 啓介, 中村 桂一郎, 清川 兼輔. ケロイドの新たな診断と治療法 肥厚性瘢痕とケロイドの電子顕微鏡による三次元解析. 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集. 2017. 47回. 102-102
  • 太田 啓介, 金澤 知之進, 力丸 由起子, 平嶋 伸悟, 安永 悟, 中村 桂一郎. アクティブ・ラーニングの実践例の紹介 医学部組織学実習へのLTD基盤型授業を意識した協同学習の導入とその効果. 医学教育. 2017. 48. Suppl. 13-13
  • 鴻崎 香里奈, 竹垣 淳也, 田村 優樹, 小林 正利, 中村 桂一郎, 太田 啓介, 中里 浩一. デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルラットにおける筋機能と骨格筋内ミトコンドリアの特徴. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2017. 3回. 76-76
  • 鴻崎 香里奈, 竹垣 淳也, 田村 優樹, 小林 正利, 中村 桂一郎, 太田 啓介, 中里 浩一. デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルラットにおける筋機能と骨格筋内ミトコンドリアの特徴. 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集. 2017. 3回. 76-76
  • 中村 桂一郎, 東 龍平, 太田 啓介. 線維芽細胞は紡錘形か? 新機軸走査型電子顕微鏡FIB/SEMによる観察. 西日本皮膚科. 2017. 79. 3. 285-285
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1991 - 1993 九州大学 農学研究院 遺伝子資源工学専攻
  • 1987 - 1991 信州大学 繊維学部 応用生物科学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (久留米大学)
経歴 (8件):
  • 2019/07 - 現在 久留米大学医学部 教授(兼任)
  • 2019/07 - 現在 久留米大学医学部 教授
  • 2018/04 - 現在 独立行政法人理化学研究所 客員主管研究員 (兼任)
  • 2017/06 - 2019/06 久留米大学医学部 准教授
  • 2011/08 - 2019/06 久留米大学医学部 准教授
全件表示
所属学会 (3件):
日本組織細胞化学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る