研究者
J-GLOBAL ID:200901004291454058   更新日: 2021年10月29日

桑原 真弓

クワハラ マユミ | Kuwahara Mayumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (2件): ジェンダー ,  環境影響評価
論文 (17件):
  • 大内 真弓, 齋藤 広和, 大内 誠. 「仙台市消防局と連携した点検WebアプリKIKATTOの開発-学官連携によるプロジェクト型教育の実践-」. 東北福祉大学研究紀要. 2020. 44. 55-77
  • 皆川州正, 山本光璋, 大内真弓, 藤田和樹, 阿部四郎. ポジティブ・ヘルスの視点に立った「ヘルス・リテラシー向上法モデル」の実効性の検討. 感性福祉研究所年報. 2012. 13. 59-75
  • 庭野賀津子, 河村孝幸, 水野康, 鈴木玲子, 皆川州正, 大内真弓, 西野美佐子, 山本光璋, 阿部四郎. ヘルス・リテラシー理論の再構築. 感性福祉研究所年報. 2011. 12. 45-54
  • 皆川州正, 山本光璋, 水野康, 河村孝幸, 鈴木玲子, 庭野賀津子大内真弓, 前田忠彦, 阿部四郎. 一般住民の健康理解力に関連する要因の検討. 感性福祉研究所年報. 2011. 12. 23-44
  • 皆川州正, 山本光璋, 水野康, 河村孝幸, 鈴木玲子, 庭野賀津子, 大内真弓, 前田忠彦, 福冨哲也, 杉本是明, et al. 健康理解力尺度の作成の試み-一般市民と大学生の調査-. 感性福祉研究所年報. 2011. 12. 5-21
もっと見る
書籍 (2件):
  • ベトナムにおける枯れ葉剤被害者とその家族に関する社会経済学的研究
    調整中 2022
  • 敵対関係からパートナーヘ:ベトナム・アメリカ・エージェントオレンジ(仮題)
    梨の木舎 2022
講演・口頭発表等 (3件):
  • ベトナムタインホア省における枯葉剤被害者およびその家族の実態調査に関する事例研究ーインタビューに基づくジェンダーの視点からの課題ー
    (2021)
  • 心の通う介護をめざして(3)〜介護者の介護感及び不定愁訴の影響〜
    (日本社会福祉学会 2002)
  • メチレンピペリジン類とピペリジノン類の接触水素化"環内窒素の効果"
    (日本化学会第60秋季年会 1990)
学位 (1件):
  • 修士(理学) (山形大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る