研究者
J-GLOBAL ID:200901004530778995   更新日: 2020年08月25日

鈴木 由香 (豊島 由香)

スズキ ユカ (トヨシマ ユカ) | Toyoshima Yuka
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (8件): 脂肪肝 ,  翻訳調節 ,  インスリン受容体基質 ,  内分泌・代謝学 ,  インスリン ,  インスリン様成長因子 ,  タンパク質栄養 ,  分子栄養学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2008 - 子宮内発育不全モデルのキャッチアップ成長・肥満誘導機構の解明:インスリン様シグナル増強の役割
  • 2007 - タンパク質栄養状態に応答した中枢・末梢組織におけるIGF・インスリンシグナルの調節機構と生理活性の制御
  • Protein malnutrition and insulin/IGF signaling
論文 (23件):
  • Yuka Toyoshima, Katsuyuki Nakamura, Reiko Tokita, Naomi Teramoto, Hidetoshi Sugihara, Hisanori Kato, Keitaro Yamanouchi, Shiro Minami. Disruption of insulin receptor substrate-2 impairs growth but not insulin function in rats. J Biol Chem. 2020. 295. 33. 11914-11927
  • Lila Otani, Hiroki Nishi, Ayaka Koyama, Yuta Akasaka, Yusuke Taguchi, Yuka Toyoshima, Daisuke Yamanaka, Fumihiko Hakuno, Huijuan Jia, Shin-Ichiro Takahashi, et al. Low-arginine and low-protein diets induce hepatic lipid accumulation through different mechanisms in growing rats. Nutr Metab (Lond). 2020. 17. 60
  • Tomoko Nakata, Yuka Toyoshima, Takashi Yagi, Harumi Katsumata, Reiko Tokita, Shiro Minami. Growth hormone increases regulator of Calcineurin 1-4 (Rcan1-4) mRNA through c-JUN in Rat Liver. PLoS One. 2020. 15. 6. e0235270
  • Yuka Toyoshima, Fumiaki Yoshizawa, Reiko Tokita, Yusuke Taguchi, Shin-Ichiro Takahashi, Hisanori Kato, Shiro Minami. A Translation Repressor, 4E-BP1, Regulates the Triglyceride Level in Rat Liver During Protein Deprivation. Am J Physiol Endocrinol Metab. 2020. 318. E636-E645
  • Growth hormone activates X-box binding protein 1 in a sexually dimorphic manner through the extracellular signal-regulated protein kinase and CCAAT/enhancer-binding protein beta pathway in rat liver. Endocrine Journal. 2020. 67. 2. 185-200
もっと見る
MISC (14件):
  • 石川 真由美, 豊村 順子, 田口 雄亮, 八木 孝, 中田 朋子, 豊島 由香, 杉原 仁, 南 史朗. 成長ホルモン単独欠損ラットにおけるXBP-1の発現と膵島の形態異常について. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 491-491
  • 高橋伸一郎, 伯野史彦, 山中大介, 中林靖, 豊島由香, 竹中麻子. インスリン様シグナルと代謝制御性アミノ酸シグナル-次世代栄養学「AI Nutrition」の提唱-. 実験医学. 2019. 37. 514-520
  • Hiroki Nishi, Daisuke Yamanaka, Hiroyasu Kamei, Yuki Goda, Mikako Kumano, Yuka Toyoshima, Asako Takenaka, Kazuhiro Chida, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi. HEPATIC STEATOSIS INDUCED BY AMINO ACID DEFICIENCY OR BY MANIPULATION OF THE DIETARY AMINO ACID COMPOSITION. ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM. 2017. 71. 446-446
  • Yuka Toyoshima, Reiko Tokita, Yusuke Taguchi, Fumiaki Yoshizawa, Shin-Ichiro Takahashi, Hisanori Kato, Shiro Minami. AN INCREASE IN 4E-BP1 LEVEL MEDIATES TO ENHANCE TRIGLYCERIDE ACCUMULATION IN RAT LIVER UNDER PROTEIN MALNUTRITION. ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM. 2017. 71. 440-440
  • 豊島 由香. 低タンパク質栄養によるインスリン活性増強機構とその生理的意義. アミノ酸研究. 2017. 10. 1. 49-55
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • An increase in 4E-BP1 level mediates to enhance triglyceride accumulation in rat liver under protein malnutrition
    (IUNS 21st ICN International Congress of Nutrition 2017)
  • 低タンパク質栄養による肝臓脂質蓄積機構 -新規メカニズムの探索-
    (第71回日本栄養・食糧学会大会 2017)
  • 低タンパク質栄養によるインスリン活性増強機構とその生理的意義
    (日本アミノ酸学会10周年記念大会 2016)
  • 低タンパク質栄養に応答して起こる褐色脂肪組織の脱共役タンパク質UCP1量の増加とエネルギー消費の亢進
    (第70回日本栄養・食糧学会大会 2016)
  • Protein malnutrition increases the amount and phosphorylation of 4E-binding protein 1 (4E-BP1) to accumulate lipid in rat liver.
    (12th Asian Congress of Nutrition 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 東京大学大学院 応用生命化学専攻博士後期課程
  • 1997 - 1999 お茶の水女子大学大学院 ライフサイエンス専攻
  • 1993 - 1997 お茶の水女子大学 生活環境学科食物科学講座
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/05 - 現在 お茶の水女子大学 ヒューマンライフイノベーション研究所 特任准教授
  • 2015/04 - 2020/04 日本医科大学先端医学研究所 生体機能制御学部門 講師
  • 2014/10 - 2015/03 日本医科大学老人病研究所 生体機能制御学部門 講師
  • 2008/04 - 2014/09 日本医科大学老人病研究所 生体機能制御学部門 助教
  • 2005/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2018 - 現在 日本栄養・食糧学会 庶務幹事
  • 2017 - 現在 日本栄養・食糧学会 参与
  • 2017 - 現在 日本農芸化学会 英文紙編集委員会
受賞 (4件):
  • 2016 - 日本アミノ酸学会 科学・技術賞
  • 2009 - Distinguished poster at ICN2009
  • 2005 - Keystone Symposia Education Fund Scholarship Winner
  • 2004 - The Fellows Award for Research Excellence at NIH
所属学会 (6件):
日本生化学会 ,  American Society for Nutrition ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本アミノ酸学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る