研究者
J-GLOBAL ID:200901004653249440   更新日: 2021年02月21日

大迫 智

オオサコ トモ | Osako Tomo
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (4件): 分子病理 ,  人体病理学 ,  病理診断 ,  乳癌
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2022 日本人乳癌における生物学的特性および免疫微小環境の超長期変化の解明
  • 2019 - 2021 ncRNAが関わる乳がんホルモン療法抵抗性獲得の個体レベルでの解析
  • 2018 - 2020 高リスクER陽性乳がんの内分泌療法耐性機序解明に基づく診断法と薬物療法の開発
  • 2017 - 2020 病理標本を基盤とした形態診断と分子診断を統合した新しい乳癌再発予測モデルの開発
  • 2017 - 2018 病理標本を基盤とした形態診断と分子診断を統合した新しい乳癌再発予測モデルの開発
全件表示
論文 (42件):
もっと見る
MISC (12件):
  • Tomo Osako, Satoko Baba, Hiroko Nagano, Takayuki Ueno, Shinji Ohno, Futoshi Akiyama, Kengo Takeuchi. Genetic Underpinnings of Hybrid Tumors of Adenoid Cystic Carcinoma and Adenomyoepithelioma of the Breast - A Variant of Adenoid Cystic Carcinoma?. MODERN PATHOLOGY. 2020. 33. SUPPL 2. 229-230
  • Tomo Osako, Satoko Baba, Hiroko Nagano, Takayuki Ueno, Shinji Ohno, Futoshi Akiyama, Kengo Takeuchi. Genetic Underpinnings of Hybrid Tumors of Adenoid Cystic Carcinoma and Adenomyoepithelioma of the Breast - A Variant of Adenoid Cystic Carcinoma?. LABORATORY INVESTIGATION. 2020. 100. SUPPL 1. 229-230
  • Akiko Ogiya, Ayaka Sato, Takehiko Sakai, Takuji Iwase, Tomo Osako, Rie Horii, Futoshi Akiyama, Takayuki Ueno, Shinji Ohno. Utility of second sentinel lymph node biopsy for patients with cN0 ipsilateral breast cancer recurrence after an initial sentinel lymph node biopsy. ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2019. 26. 45-45
  • Makiko Ono, Tomo Osako, Shinichiro Taira, Tomoko Shibayama, Kokoro Kobayashi, Takayuki Kobayashi, Naoya Gomi, Takuji Iwase, Takayuki Ueno, Yoshinori Ito, et al. Differences of TILs, hormone receptor, and HER2 status between primary and metastatic tumors. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2018. 36. 15
  • Tomo Osako, Seiji Sakata, Yuki Togashi, Yukiko Sato, Hiroaki Kanda, Shinji Ohno, Futoshi Akiyama, Kengo Takeuchi. Histological Grade Can Be Related to MYB/MYBL1 Gene Rearrangement Patterns in Adenoid Cystic Carcinoma of the Breast. MODERN PATHOLOGY. 2018. 31. 96-97
もっと見る
学歴 (1件):
  • 京都府立医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都府立医科大学)
経歴 (5件):
  • 2015/11 - 現在 公益財団法人 がん研究会 がん研究所・有明病院 病理部
  • 2017/07 - 2017/08 MDアンダーソンがんセンター(米国) 研修生
  • 2013/05 - 2015/10 ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ) 病理・検査医学部門 博士研究員
  • 2013/05 - 2015/10 ブリティッシュ・コロンビアがん研究センター(カナダ) 分子腫瘍学部門 博士研究員
  • 2007/04 - 2013/04 公益財団法人 がん研究会 有明病院・がん研究所 病理部
委員歴 (2件):
  • 2019 - 現在 日本病理学会 Pathology International誌 刊行委員
  • 2016 - 現在 日本病理学会 学術評議員
受賞 (10件):
  • 2017/07 - 日本チームオンコロジープログラム Japan Medical Exchange Program選出(米国MDアンダーソンがんセンター5週間研修)
  • 2013/10 - 持田記念医学薬学振興財団 留学補助金
  • 2013/06 - 日本病理学会 学術奨励賞
  • 2013/05 - 鶴尾隆記念基金 留学支援金
  • 2013/05 - カナダ保健研究機構 (CIHR)・テリーフォックス財団 分子腫瘍病理フェローシップ(2年間)
全件表示
所属学会 (5件):
日本臨床細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本外科学会 ,  日本病理学会 ,  日本乳癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る