研究者
J-GLOBAL ID:200901004653249440   更新日: 2019年06月08日

大迫 智

オオサコ トモ | Tomo Osako
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (4件): 人体病理学 ,  病理診断 ,  乳癌 ,  分子病理
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 病理標本を基盤とした形態診断と分子診断を統合した新しい乳癌再発予測モデルの開発
  • 2017 - 2018 病理標本を基盤とした形態診断と分子診断を統合した新しい乳癌再発予測モデルの開発
  • 2009 - 2012 個別化医療に向けた新規乳癌リンパ節転移診断法の臨床応用
  • 2011 - 2012 乳癌における腋窩リンパ節郭清不要群を予測する簡易計算図表の開発
論文 (35件):
  • Shoji Y, Kumagai K, Kamiya S, Ida S, Nunobe S, Ohashi M, Yoshimizu S, Horiuchi Y, Yoshio T, Ishiyama A, Hirasawa T, Osako T, Yamamoto N, Fujisaki J, Sano T, Hiki N. Prospective feasibility study for single-tracer sentinel node mapping by ICG (indocyanine green) fluorescence and OSNA (one-step nucleic acid amplification) assay in laparoscopic gastric cancer surgery. Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association. 2019
  • Johmura Y, Maeda I, Suzuki N, Wu W, Goda A, Morita M, Yamaguchi K, Yamamoto M, Nagasawa S, Kojima Y, Tsugawa K, Inoue N, Miyoshi Y, Osako T, Akiyama F, Maruyama R, Inoue JI, Furukawa Y, Ohta T, Nakanishi M. Fbxo22-mediated KDM4B degradation determines selective estrogen receptor modulator activity in breast cancer. The Journal of clinical investigation. 2018
  • Yonekura R, Osako T, Iwase T, Ogiya A, Ueno T, Kitagawa M, Ohno S, Akiyama F. Prognostic impact and possible pathogenesis of lymph node metastasis in ductal carcinoma in situ of the breast. Breast cancer research and treatment. 2018. 174. 1. 103-111
  • Osako T, Iwase T, Ushijima M, Yonekura R, Ohno S, Akiyama F. A new molecular-based lymph node staging classification determines the prognosis of breast cancer patients. British journal of cancer. 2017. 117. 10. 1470-1477
  • Shimoyama K, Osako T, Mitsuhashi T, Akiyama F, Iwase T. Lesion Size on Ultrasonography Predicts Potential Invasion in Ductal Carcinoma in situ Preoperatively Diagnosed by Breast Needle Biopsy. Acta medica Okayama. 2017. 71. 3. 233-240
もっと見る
学歴 (1件):
  • 京都府立医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都府立医科大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04 - 2013/04 公益財団法人 がん研究会 有明病院・がん研究所
  • 2013/05 - 2015/10 ブリティッシュ・コロンビアがん研究センター(カナダ) 博士研究員
  • 2013/05 - 2015/10 ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ) 博士研究員
  • 2017/07 - 2017/08 MDアンダーソンがんセンター(米国) 研修生
  • 2015/11 - 現在 公益財団法人 がん研究会 有明病院・がん研究所
委員歴 (1件):
  • 2016 - 現在 日本病理学会 学術評議員
受賞 (10件):
  • 2017/07 - 日本チームオンコロジープログラム Japan Medical Exchange Program選出(米国MDアンダーソンがんセンター5週間研修)
  • 2013/10 - 持田記念医学薬学振興財団 留学補助金
  • 2013/06 - 日本病理学会 学術奨励賞
  • 2013/05 - 鶴尾隆記念基金 留学支援金
  • 2013/05 - カナダ保健研究機構 (CIHR) / テリー・フォックス財団 分子腫瘍病理フェローシップ(2年間)
全件表示
所属学会 (5件):
日本病理学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る