研究者
J-GLOBAL ID:200901004655181664   更新日: 2020年01月03日

増田 隆一

マスダ リュウイチ | MASUDA Ryuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生物多様性・分類 ,  進化生物学
研究キーワード (2件): 分子系統学 ,  進化遺伝学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2021 遺伝学と形態学的アプローチによる北ユーラシアにおける食肉類の多様性と進化の解明
  • 2017 - 2019 ブルガリアの生物地理とトラキア文化の起源に関する分子系統・動物考古学的研究
  • 2016 - 2018 北方ユーラシアにおける食肉類の遺伝的多様性および形態的多様性の比較研究
  • 2015 - 2019 ユーラシア中央部・南部でのヒグマ多様性変遷の探求と北海道ヒグマ三系統の起源解明
  • 2014 - 2016 ウラル地方と北海道での古代から現代へのヒグマの系統地理、形態、文化変遷の比較研究
全件表示
論文 (152件):
  • Ishikawa, K., Abramov, A.V., Amaike, Y., Nishita, Y., and Masuda, R. Phylogeography of the Siberian weasel (Mustela sibirica), based on a mitochondrial DNA analysis. Biological Journal of the Linnean Society. 2020. in press
  • Sato, T., Abramov, A.V., Raichev, E.G., Kosintsev, P.A., Väinölä, R., Murakami, T., Kaneko, Y., and Masuda, R. Phylogeography and population history of the least weasel (Mustela nivalis) in the Palearctic, based on multi-locus analysis. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research. 2020. in press
  • Bartocillo, A.M., Nishita, Y., Abramov, A.V., and Masuda, R. Molecular evolution of MHC class II DRB exon 2 in Japanese and Russian raccoon dogs, Nyctereutes procyonoides (Carnivora: Canidae). Biological Journal of the Linnean Society. 2020. 129. 1. 61-73
  • S. Abduriyim, Y. Nishita, A. V. Abramov, V. A. Solovyev, A. P. Saveljev, P. A. Kosintsev, A. P. Kryukov, E. Raichev, R. Väinölä, Y. Kaneko, R. Masuda. Variation in pancreatic amylase gene copy number among Eurasian badgers (Carnivora, Mustelidae, Meles) and its relationship to diet. Journal of Zoology. 2019. 308. 28-36
  • Nishita Yoshinori, Spassov Nikolai, Peeva Stanislava, Raichev Evgeniy G., Kaneko Yayoi, Masuda Ryuichi. Genetic diversity of MHC class II DRB alleles in the marbled polecat, Vormela peregusna, in Bulgaria. ETHOLOGY ECOLOGY & EVOLUTION. 2019. 31. 1. 59-72
もっと見る
MISC (68件):
  • 増田隆一. 生物系統地理学と地質学からせまる日本列島の生物多様性の起源 哺乳類の系統地理を探る~ヒグマの移動史. 生物科学. 2019. 70. 1. 25-30
  • 増田隆一. シマフクロウ保護の課題 シマフクロウの遺伝的多様性と未来への展望. 野鳥. 2018. 83. 7. 6-9
  • 増田隆一. 遺伝子が解き明かす北海道の生物地理. ビオヒストリー. 2018. 30. 12-15
  • 増田隆一. ハクビシンの起源をたどる. 東京大学出版会 UP. 2017. 539. 25-30
  • 増田隆一. ヒグマの遺伝的多様性と移動の歴史. 北海道自然保護協会誌 NC Hokkaido. 2017. 173. 12-13
もっと見る
書籍 (18件):
  • The LEC Rat (分担執筆)
    Springer-Verlag 1991 ISBN:978-4-431-68155-7
  • 動物の自然史(分担執筆)
    北海道大学図書刊行会 1995 ISBN:978-4-8329-9601-4
  • 地球・人間・環境シリーズ 環境保全・創出のための生態工学(分担執筆)
    丸善 1999 ISBN:462104639X
  • 希少猛禽類保護の現状と新しい調査法(分担執筆)
    技術情報協会 2001 ISBN:4906317375
  • 琉球弧の成立と生物の渡来(分担執筆)
    沖縄タイムス社 2002 ISBN:487127151X
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Founder effects on the Japanese populations of the masked palm civet Paguma larvata, revealed by molecular phylogeny and population genetics
    (Symposium “Genetics on Isolated Populations”, 5th International Wildlife Management Congress 2015 2015)
  • Collaborations of biogeographic studies between Japan and Finland
    (The Annual ACF (Alumni Club of Finland) General Assembly and the All Alumni Meeting “Academic Links between Finland and Japan” 2015)
  • Historical changes of genetic diversity in the Blakiston's fish owl and red crowned crane populations on Hokkaido
    (Symposium “Biodiversity conservation using Blakiston's fish owl and red crowned crane as umbrella species”, 5th International Wildlife Management Congress 2015 2015)
  • DNAからみたヒグマの系譜:世界へ発信 考古学と分子系統学のコラボレーション
    (北海道立埋蔵文化財センター・夏期講演会 2015)
  • シマフクロウとタンチョウにおける遺伝的多様性の歴史と将来
    (市民向けシンポジウム「シマフクロウ・タンチョウを指標とした生物多様性保全 北海道の過去・現在・未来」 2015)
もっと見る
Works (1件):
  • 哺乳類を主な対象とした分子系統進化学および生物地理学
学位 (1件):
  • 理学博士 (北海道大学)
委員歴 (8件):
  • 2018 - 現在 日本哺乳類学会 理事
  • 2013 - 現在 環境省 ツシマヤマネコ生息域内保全委員会専門委員
  • 2012 - 現在 日本哺乳類学会 代議員
  • 2002 - 現在 Russian Journal of Theriology編集委員
  • 2012 - 2016 日本動物学会 将来計画委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019 - 日本動物学会賞
  • 2019 - 日本哺乳類学会賞
  • 2002 - 日本動物学会論文賞(Zoological Science Award)
所属学会 (2件):
日本動物学会 ,  日本哺乳類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る