研究者
J-GLOBAL ID:200901004683381644   更新日: 2019年01月01日

桑形 恒男

クワガタ ツネオ | KUWAGATA Tsuneo
所属機関・部署:
職名: ユニット長
研究分野 (3件): 環境動態解析 ,  気象・海洋物理・陸水学 ,  農業環境工学
研究キーワード (19件): 地球規模水循環 ,  地球温暖化 ,  気候変動 ,  局地気象 ,  熱的局地循環 ,  大気境界層 ,  バイオインフォマティクス ,  オミックス ,  トランスクリプトーム ,  植物水分生理学 ,  アクアポリン ,  生物環境物理学 ,  群落微気象 ,  蒸発散 ,  農業生態系 ,  水田 ,  イネ ,  大気-陸面相互作用 ,  大気-植生相互作用
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 イネの物質輸送関連遺伝子の微気象応答とその生理的役割-オミクスと農業気象の融合
  • 2013 - 2016 気象環境の変化がイネの水分動態と生育に及ぼす影響とアクアポリンの役割
  • 2010 - 2013 チベット高原における地表面の熱・水収支の長期変動とそれに気温上昇が及ぼす影響
  • 2008 - 2011 乾期における土壌中の水蒸気態水分を利用した高度水利用作物栽培法の開発
  • 2006 - 2009 根域温度が作物群落の吸水・蒸散に及ぼす影響とアクアポリンの役割に関する研究
全件表示
論文 (77件):
  • Matsunami Maya, Hayashi Hidehiro, Tominaga Yoko, Nagamura Yoshiaki, Murai-Hatano Mari, Ishikawa-Sakurai Junko, Kuwagata Tsuneo. Effective methods for practical application of gene expression analysis in field-grown rice roots. PLANT AND SOIL. 2018. 433. 1-2. 173-187
  • Kuwagata Tsuneo, Haginoya Shigenori, Ono Keisuke, Ishigooka Yasushi, Miyata Akira. Influence of local land cover on meteorological conditions in farmland: Case study of a rice paddy field near Tsukuba City, Japan. JOURNAL OF AGRICULTURAL METEOROLOGY. 2018. 74. 4. 140-153
  • Ikawa Hiroki, Chen Charles P., Sikma Martin, Yoshimoto Mayumi, Sakai Hidemitsu, Tokida Takeshi, Usui Yasuhiro, Nakamura Hirofumi, Ono Keisuke, Maruyama Atsushi, Watanabe Tsutomu, Kuwagata Tsuneo, Hasegawa Toshihiro. Increasing canopy photosynthesis in rice can be achieved without a large increase in water use-A model based on free-air CO2 enrichment. GLOBAL CHANGE BIOLOGY. 2018. 24. 3. 1321-1341
  • Maruyama Atsushi, Nemoto Manabu, Hamasaki Takahiro, Ishida Sachinobu, Kuwagata Tsuneo. A Water Temperature Simulation Model for Rice Paddies With Variable Water Depths. WATER RESOURCES RESEARCH. 2017. 53. 12. 10065-10084
  • Ishigooka Yasushi, Fukui Shin, Hasegawa Toshihiro, Kuwagata Tsuneo, Nishimori Motoki, Kondo Motohiko. Large-scale evaluation of the effects of adaptation to climate change by shifting transplanting date on rice production and quality in Japan. JOURNAL OF AGRICULTURAL METEOROLOGY. 2017. 73. 4. 156-173
もっと見る
MISC (18件):
  • 桑形 恒男, 福岡 峰彦. 栽培環境における気温の観測技法と利用(2)気温・湿度観測に用いられるセンサー. 生物と気象 = Climate in biosphere. 2018. 18. 4. 124-129
  • 桑形 恒男, 福岡 峰彦. 栽培環境における気温の観測技法と利用(1)気温観測の理論と注意点. 生物と気象 = Climate in biosphere. 2018. 18. 3. 97-102
  • 桑形恒男, 吉本真由美, 長谷川利拡, 石郷岡康史, 西森基貴. 作物気象データベース『MeteoCrop DB』改訂版-最新データの提供でイネの生育診断や高温対策への利用が可能に-. 農業環境技術研究所研究成果情報. 2014. 30. 24-25
  • 桑形恒男, 須藤重人, 大澤剛士, 神山和則. 農業生態系の変動メカニズムの解明と対策技術の開発 気象,土壌,農地利用,温室効果ガスに関する情報をまとめて取得できるwebシステム(gamsDB). 農業環境技術研究所研究成果情報. 2011. 27. 46-47
  • 福岡峰彦, 桑形恒男, 吉本真由美, 山田幸則. 建築資材を活用した低コスト強制通風筒「NIAES-09」の製作法. 生物と気象(Web). 2011. 11. A10-A16 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「水環境の気象学」(11章 複雑地形と大気)近藤純正編
    朝倉書店 1994 ISBN:4-254-16110-7
学歴 (2件):
  • - 1983 東北大学 理学部
  • - 1985 東北大学大学院 理学研究科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (6件):
  • 1989/04 - 1992/09 東北大学理学部助手
  • 1992/09 - 1994/03 東北農業試験場 研究官
  • 1994/04 - 2001/03 東北農業試験場 主任研究官
  • 2001/04 - 2009/03 農業環境技術研究所 主任研究員
  • 2009/04 - 2016/03 農業環境技術研究所 上席研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/03 - 2016年度日本農業気象学会論文賞
  • 2009/10 - 国際水田・水環境工学会論文賞(沢田賞)
  • 2008 - JPR論文賞(JPR Best Paper Award 2008)
所属学会 (4件):
水文・水資源学会 ,  日本気象学会 ,  日本農業気象学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る