研究者
J-GLOBAL ID:200901004725671419   更新日: 2020年06月09日

小達 恒夫

オダテ ツネオ | Odate Tsuneo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (5件): 水圏生産科学 ,  生態学、環境学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析 ,  水圏生産科学
研究キーワード (4件): 南極観測 ,  海洋学 ,  極地科学 ,  生物海洋学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2017 - 2022 南大洋センティネル計画-日豪共同によるインド洋区生態系のベンチマーク2020-
  • 2016 - 2022 南極地域観測事業 基本観測
  • 2017 - 2020 南極海における海氷の生態学的意義-マイクロハビタット発現に関する実験的研究-
  • 2012 - 2017 南極海洋生態系センティネル研究-事前観測-
  • 2013 - 2016 南極地域観測事業 基本観測
全件表示
論文 (65件):
  • Shimada K, Makabe R, Takao S, Odate T. Physical and chemical oceanographic data during Umitaka-maru cruise of the 58th Japanese Antarctic Research Expedition in January 2017. Polar Data Journal. 2020. 4. 1-29
  • Makabe R, Takao S, Odate T. Chlorophyll a and macro-nutrient concentrations and photosynthetically active radiation during the training vessel Umitaka-maru cruises of the 58th Japanese Antarctic Research Expedition in January 2017. Polar Data Journal. 2019. 3. 46-58
  • Takahashi KT, Makabe R, Odate T. Zooplankton monitoring using a twin NORPAC net during the 58th Japanese Antarctic Research Expedition in austral summer 2016-2017. Polar Data Journal. 2019. 3. 12-21
  • Takahashi KT, Ojima M, Tanimura A, Odate T, Fukuchi M. The vertical distribution and abundance of copepod nauplii and other micro- and mesozooplankton in the seasonal ice zone of Lützow-Holm Bay during austral summer of 2009. Polar Biology. 2017. 40. 1. 79-93
  • Ojima M, Takahashi KT, Tanimura A, Odate T, Fukuchi M. Spatial distribution of micro- and meso-zooplankton in the seasonal ice zone of east Antarctica during 1983-1995. Polar Science. 2015. 9. 3. 319-326
もっと見る
MISC (69件):
  • Sakurai H, Moteki M, Shimada K, Nosaka A, Yamamoto A, Matsushita J, Takahashi K, Hasegawa T, Nirazuka S, Tachibana A, Kobayashi M, Kagesawa A, Sano M, Takahashi KT, Makabe R, Odate T. Plankton sampling by the training vessel Umitaka-maru in the Indian sector of the Southern Ocean in the austral summer of 2019. JARE DATA PEPORTS (Marine Biology). 2019. 66. 1-9
  • 櫻井久惠, 佐野雅美, 小達恒夫. 極域で採集された動物プランクトンネット試料を用いた 樹脂封入標本の試作報告. 南極資料. 2019. 63. 1-8
  • Sakurai H, Moteki M, Shimada K, Iwai Y, Okubo Y, Nirazuka S, Matsushita J, Mori M, Smith AJR, Takao S, Makabe R, Takahashi KT, Odate T. Plankton sampling by the training vessel Umitaka-maru in the Indian sector of the Southern Ocean in the austral summer of 2018. JARE DATA REPORTS (Marine Biology). 2018. 65. 1-9
  • Sakurai H, Moteki M, Mizobata K, Shimada K, Matsuno K, Okubo Y, Sano M, Nirazuka S, Yamamoto N, Takao S, Makabe R, Takahashi KT, Odate T. Plankton sampling by the training vessel Umitaka-maru in the Indian sector of the Southern Ocean in the austral summer of 2017. JARE DATA REPORTS (Marine Biology). 2018. 64. 1-13
  • Makabe R, Iida T, Moteki M, Kanda J, Odate T. Chlorophyll a concentration of phytoplankton during Umitaka-maru cruises of the 55-57th Japanese Antarctic Research Expedition in 2014-2016. JARE DATA REPORTS (Marine Biology). 2017. 63. 1-12
もっと見る
書籍 (2件):
  • 南極観測隊のしごと -観測隊員の選考から暮らしまで-
    成山堂書店 2014 ISBN:9784425570713
  • 南極・北極の百科事典
    丸善出版(株) 2004 ISBN:9784621073957
講演・口頭発表等 (2件):
  • National Programme activities - Japan.
    (Integrated analyses of Circumpolar Climate Interactions and Ecosystem Dynamics in the Southern Ocean (ICED) Science Planning Workshop, Cambridge, UK 2005)
  • Relationship between sea ice variation and biological processes in Lützow-Holm Bay, Antarctica.
    (International Symposium on Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosystems, Matsuyama, JAPAN. 2004)
Works (7件):
  • 第52次日本南極地域観測隊夏隊隊員
    2010 - 2011
  • 第50次日本南極地域観測隊観測隊長兼夏隊長
    2008 - 2009
  • 第48次日本南極地域観測隊観測副隊長兼夏隊長
    2006 - 2007
  • 第44次日本南極地域観測隊夏隊副隊長(専用観測船)
    2003 - 2003
  • 第43次日本南極地域観測隊夏隊副隊長(専用観測船)
    2002 - 2002
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 北海道大学 水産学研究科 水産増殖学
  • - 1983 北海道大学 水産学部 水産増殖学科
学位 (1件):
  • 水産学博士 (北海道大学)
経歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所 教授(兼務)
  • 2019/04 - 現在 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 教授
  • 2004/04 - 現在 国立大学法人総合研究大学院大学複合科学研究科 教授(併任)
  • 2004/04 - 2019/03 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所 教授
  • 2003/10 - 2004/03 総合研究大学院大学数物科学研究科 教授(併任)
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/04 - 現在 東京大学大気海洋研究所 協議会委員
  • 2018/04 - 現在 日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会調査委員
  • 2017/05 - 現在 IOC協力推進委員会 海洋環境・生物国内専門部会委員
  • 2015/02 - 現在 日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 IGBP・WCRP・DVERSITAS合同分科会 SOLAS小委員会委員
  • 2016/04 - 2018/03 東京大学大気海洋研究所 協議会委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1992/04 - 日本海洋学会 岡田賞 北太平洋亜寒帯水域における低次生物生産に関する研究
所属学会 (2件):
日本プランクトン学会 ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る