研究者
J-GLOBAL ID:200901004730217858   更新日: 2020年04月21日

福田 正道

フクダ マサミチ | Fukuda Masamichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (1件): 眼科学
論文 (71件):
  • Masamichi Fukuda, Shinsuke Shibata, Naoko Shibata, Nobuyuki Fujita, Hisanori Miyashita, Naoki Tanimura, Hidetoshi Ishida, Eri Kubo, Hiroshi Sasaki. Polyvinyl alcohol-iodine induced corneal epithelial injury in vivo and its protection by topical rebamipide treatment. PLOS ONE. 2018. 13. 11. e0208198
  • 福田正道, 佐々木洋. トラボプロスト点眼液の角膜上皮細胞に対する安全性の検討. 医学と薬学. 2018. 75. 11. 1435-1440
  • Masamichi Fukuda, Shinsuke Shibata, Naoko Shibata, Nobuyuki Fujita, Hisanori Miyashita, Naoki Tanimura, Hidetoshi Ishida, Eri Kubo, Hiroshi Sasaki. Polyvinyl alcohol-iodine induced corneal epithelial injury in vivo and its protection by topical rebamipide treatment. PLOS ONE. 2018. 13. 11. e0208198
  • 福田正道, 佐々木洋. トラボプロスト点眼液の角膜上皮細胞に対する安全性の検討. 医学と薬学. 2018. 75. 11. 1435-1440
  • 藤田信之, 柴田哲平, 福田正道, 佐々木一之, 佐々木洋. 早期治療に反応した亜急性心内膜炎原発のStreptococcus anginosusによる感染性内因性眼内炎. 眼科臨床紀要. 2017. 10. 12. 1007-1010
もっと見る
書籍 (8件):
  • 4 抗菌点眼薬の眼内動態
    金芳堂 2010
  • 点眼薬の結膜や強膜を通って眼内に透過するか?
    分光堂 2010
  • AQCmaxとその関連パラメータ
    文光堂 2009
  • PK/PDの考え方
    文光堂 2009
  • 2.点眼剤の薬物動態
    じほう 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (122件):
  • もっと知ろう 緑内障点眼薬
    (第7回横浜市薬剤師会特別研修会 2015)
  • 眼科薬物治療における後発品の是非~基礎研究者の立場から~
    (第69回日本臨床眼科学会 2015)
  • ウサギ眼角膜上皮障害モデルに対するレバミピド点眼液の治癒促進効果
    (第69回日本臨床眼科学会 2015)
  • N-アセチルシステインによるウサギ眼角膜上皮障害所見の検討
    (第35回日本眼薬理学会 2015)
  • 後発品点眼薬の眼内移行と安全性~本物と偽物の違い~
    (南区眼科勉強会2015 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1978 城西大学 薬学部 薬学
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (1件):
  • 1988 - 2001 金沢医科大学 感覚機能病態学(眼科学) 講師
受賞 (1件):
  • 2008/09 - International Society of Ocular Toxicology 11th Congress ISOT 2008 Vitreous and aqueous penetration of orally and topically administered moxifiloxacin 11th Congress ISTO 2008 The Best Poster Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る