研究者
J-GLOBAL ID:200901004870103062   更新日: 2020年06月29日

床井 浩平

トコイ コウヘイ | Tokoi Kohe
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.wakayama-u.ac.jp/~tokoi/
研究分野 (3件): ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  高性能計算 ,  エンタテインメント、ゲーム情報学
研究キーワード (3件): コンピュータグラフィックス ,  テレイグジスタンス ,  バーチャルリアリティ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2003 - 2006 積雪形状のリアルタイムモデリング
  • 2005 - 複雑な表面下構造を持つ材質の反射モデル
  • 2000 - 2004 光源の面積を考慮した粗い表面の陰影付け
  • 2004 - 粒子を用いた形状変形に関する研究
  • 走査変換時の図形の論理演算に関する研究
論文 (16件):
  • 大学教員の専門知識と地域の学習. 和歌山大学地域連携・生涯学習センター紀要・年報. 2014. 13. 15-18
  • 田中 将貴, 床井 浩平. 粒子法による雨染みのシミュレーションのGPUによる高速化. 芸術科学会論文誌. 2013. 12. 3. 124-131
  • 平野 亮, 原田 利宣, 床井浩平. 拡張現実感を用いた様々な光源環境下における対数美的曲面の再現に関する研究. 情報処理学会論文誌. 2012. 53. 8. 2028-2035
  • 床井浩平, 森木 大樹. 積雪形状のリアルタイムモデリング. 情報処理学会論文誌. 2006. 47. 5. 1558-1565
  • 原田 利宣, 島 光博, 原 博之, 床井 浩平. IT時代の地域産業(第49回研究発表和歌山大会オーガナイズドセッション2nd Session : IT時代の地域産業)(第1部). デザイン学研究特集号. 2003. 11. 1. 3-30
もっと見る
MISC (113件):
  • 床井浩平. 立体ディスプレイを用いたテレプレゼンスの実験. 3D映像, Vol. 23, No. 4 (2009). 2020. 33-40
  • 大山 英明(産総研),城間 直司(茨城大学),八木下 明宏,根本 太晴,岡田 浩之,鈴木 夏夫(玉川大学),床井 浩平(和歌山大学). TelExistence Display System (TED): テレイグジスタンス/ 遠隔行動誘導/体験共有のための AR 表示オープンソースソフトウェア. 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会. 2020
  • 大山英明 (産総研), 城間直司 (茨城大学), 床井浩平 (和歌山大学), 根本太晴, 勝俣 優,岡田浩之 (玉川大学). ロボットミドルウェアを用いたテレイグジスタンスロボット操縦システム. 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門後援会. 2020
  • 玉垣大地,床井浩平. 骨格情報を用いたセルアニメーション作成支援システム. 第20回NICOGRAPH論文コンテスト論文集. 2020
  • 谷川直希,床井浩平. ボリュームに関する陰影のリアルタイムレンダリング~雲を一例にした研究~. 第20回NICOGRAPH論文コンテスト論文集. 2020
もっと見る
書籍 (7件):
  • 「グラフィックス・アプリ」制作のためのOpenGL入門
    工学社 2018 ISBN:9784777520565
  • GLUT/freeglutによるOpenGL入門
    工学社 2015 ISBN:9784777519170
  • ディジタル映像表現 : CGによるアニメーション制作
    画像情報教育振興協会 (CG-ARTS協会) 2015 ISBN:9784903474489
  • GLUTによるOpenGL入門2 テクスチャマッピング
    工学社 2008 ISBN:9784777513321
  • GLUTによるOpenGL入門
    工学社 2005 ISBN:9784777511341
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 多層干渉薄膜構造により発生する構造色のCGレンダリング
    (色彩情報シンポジウムin長野 2009)
  • テクスチャ制御により布の異方性を反映させたクロスシミュレーション
    (情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会 2008)
  • 粒子を用いたスキニングとその陰解法による高速化
    (第23回NICOGRAPH論文コンテスト 2007)
  • DEMを用いた粉流体シミュレーションのGPU上への実装
    (情報処理学会グラフィックスとCAD研究会 2007)
  • 粒子ベースのスキニング法
    (情報処理学会グラフィックスとCAD研究会 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1984 - 1986 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 情報工学専攻
  • 1982 - 1984 豊橋技術科学大学 工学部 情報工学課程
学位 (2件):
  • 工学修士 (豊橋技術科学大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04 - 現在 和歌山大学 准教授
  • 1995/10 - 2007/03 和歌山大学 助教授
  • 1991/04 - 1995/09 和歌山大学 助教授
  • 1989/04 - 1991/03 和歌山大学 講師
  • 1986/04 - 1989/03 和歌山大学 助手
所属学会 (4件):
Association for Computing Machinery ,  映像情報メディア学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る