研究者
J-GLOBAL ID:200901004922962239   更新日: 2020年06月09日

中川 貴之

ナカガワ タカユキ | Nakagawa Takayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
ホームページURL (1件): http://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/clinical/
研究分野 (4件): 薬理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (3件): 神経科学 ,  薬理学 ,  神経薬理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 中枢における痛覚の伝達・制御に関する研究
  • 薬物依存のメカニズムの解明
論文 (107件):
  • Uchida M, Suzuki S, Sugawara H, Suga Y, Kokubun H, Uesawa Y, Nakagawa T, Takase H. A nationwide survey of hospital pharmacist interventions to improve polypharmacy for patients with cancer in palliative care in Japan. Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences. 2019
  • Suga Y, Uchida M, Suzuki S, Sugawara H, Torigoe K, Futamura A, Uesawa Y, Nakagawa T, Takase H. Current status of adverse events related with opioid analgesics in Japan: Assessment based on Japanese Adverse Drug Event Report database. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2019. 42. 5. 801-806
  • Yonezawa A, Otani Y, Kitano T, Mori M, Masui S, Isomoto Y, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Hayakari M, Takaori-Kondo A, Matsubara K. Concentration and glycoform of rituximab in plasma of patients with B-cell non-Hodgkin's lymphoma. Pharmaceutical Research. 2019. 36. 6. 82
  • Asaoka N, Nishitani N, Kinoshita H, Nagai Y, Hatakama H, Nagayasu K, Shirakawa H, Nakagawa T, Kaneko S. An adenosine A2A receptor antagonist improves multiple symptoms of repeated quinpirole induced psychosis. eNeuro. 2019. 6. 1. ENEURO.0366-18.2019
  • 中川 貴之. 第27回放射線医薬品取り扱いガイドライン講習会を主催して. 日本病院薬剤師会雑誌. 2019
もっと見る
MISC (1件):
  • 中川 貴之. 第24回放射線医薬品取り扱いガイドライン講習会を主催して. 日本病院薬剤師会雑誌. 2018. 54. 608-609
特許 (2件):
書籍 (24件):
  • トワイクロス先生の緩和ケア処方薬 第2版(監訳:武田文和、鈴木勉)
    医学書院 2017
  • 温度生物学ハンドブック
    文部省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」温度を基軸とした生命現象の統合的理解(温度生物学) 2017
  • 最新の疾患/動物モデルの作成技術と病態解析、開発への応用
    技術情報協会 2017
  • 温度を基軸とした生命現象の統合的理解
    新学術領域(研究領域提案型)「温度生物学」 2017
  • 脳内環境辞典
    メディカル ドゥ 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (130件):
  • がん性疼痛ではオピオイド耐性、痛覚過敏は存在するか?
    (第24回日本緩和医療学会学術大会 2019)
  • タペンタドールの有効性と安全性:最新のエビデンスから
    (第13回日本緩和医療薬学会年会 2019)
  • 麻薬教育認定薬剤師制度の現状と今後の展望
    (第13回日本緩和医療薬学会年会 2019)
  • タキサン系抗がん剤誘発末梢神経障害のバイオマーカー同定とドラッグ・リポジショニングによる新規治療法の探索
    (第92回日本薬理学会年会 2019)
  • The roles of 2-ways communication between the nervous and immune systems in the progression of pain hypersensitivity caused by injury or disease of the somatosensory system
    (第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1996 - 1997 京都大学大学院 薬学研究科 博士後期課程
経歴 (4件):
  • 2013/12 - 京都大学医学部附属病院 准教授
  • 2007/04 - 2013/11 京都大学大学院薬学研究科 准教授
  • 2005/07 - 2007/03 京都大学大学院薬学研究科 助教授
  • 1997/12 - 2005/06 京都大学大学院薬学研究科 助手
委員歴 (1件):
  • 2004 - 薬理学会 学術評議員
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本薬学会近畿支部奨励賞
所属学会 (6件):
Society for Neuroscience ,  日本アルコール・薬物医学会 ,  日本疼痛学会 ,  神経科学学会 ,  薬学会 ,  薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る