研究者
J-GLOBAL ID:200901004981960215   更新日: 2020年06月08日

行木 信一

ナメキ ノブカズ | Nameki Nobukazu
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://molbio.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (4件): 翻訳停滞解消機構 ,  RNA ,  NMR構造解析 ,  タンパク質機能解析
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2017 ミトコンドリアにおける翻訳停滞解消機構およびその不全による病態発現機構の解明
  • - 2014 酵母を利用した翻訳過程不全によるミトコンドリア病の分子メカニズムの研究
  • - 2014 ミトコンドリアにおける翻訳停滞解消機構およびその不全による病態発現機構の解明
  • 2011 - 2013 翻訳が滞ったリボソームのtmRNA非依存的な新規レスキュー機構の解析
  • - 2011 翻訳停滞解消機構の導入による無細胞蛋白質合成系の改良
全件表示
論文 (6件):
MISC (11件):
書籍 (1件):
  • Encyclopedia of Systems Biology
    Springer New York 2013
講演・口頭発表等 (61件):
  • Proteomic analysis of stalled-ribosome rescue factor-deficient strains of Saccharomyces cerevisiae by two-dimensional gel electrophoresis
    (5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI2018) 2018)
  • Functional analysis of two stalled-ribosome rescue factors in mammalian and yeast mitochondria
    (4th International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI2017) 2017)
  • 大腸菌yaeQ-yaeJ-nlpEオペロンの内部プロモーターの機能解析
    (第39回日本分子生物学会年会 2016)
  • Identification of residues required for stalled-ribosome rescue in thecodon-independent release factor YaeJ.
    (The 2016 joint annual meeting of the 21st Annual Meeting of the RNA Societyand the RNA Society 2016)
  • Stalled-ribosome rescue factors are essential for mitochondrial function.
    (2nd International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI2015) 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻
  • - 1990 東京大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2005 - 現在 群馬大学大学院理工学府
  • 2002 - 2005 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センタ-(GSC) 研究員
  • 2000 - 2002 日本学術振興会 研究員(千葉工業大学)
  • 1998 - 2000 東京工業大学大学院生命理工学研究科 助手
  • 1996 - 1998 日本学術振興会 特別研究員(弘前大学)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る