研究者
J-GLOBAL ID:200901004988262050   更新日: 2018年11月07日

宋 俊憲

ソン・ジュンホン | Joonheon Song
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • ERINA  共同研究員
ホームページURL (1件): http://www2.tiu.ac.jp/~jsong
研究分野 (2件): 応用経済学 ,  経済政策
研究キーワード (8件): 国際貿易 ,  貿易政策 ,  WTO ,  FTA ,  非関税障壁 ,  貿易救済措置 ,  アンチ・ダンピング ,  セーフガード
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2015 地域貿易協定が貿易救済措置の運用に与える影響に関する実証分析
論文 (23件):
  • 宋 俊憲. 中小企業のFTA 利用意向の要因に関する実証研究. 日本貿易学会誌. 2018. 55. 3-13
  • 宋 俊憲. Finding beneficiaries: trade adjustment assistance system in South Korea. Journal of International Trade Law and Policy. 2017. 16. 2. 92-105
  • 宋 俊憲・Lu Chin. 中国の対外貿易障壁調査規則に関する考察. ERINA REPORT. 2016. 130. 28-35
  • 宋 俊憲. 日米貿易構造の動態的分析:産業内貿易の幾何学的アプローチ. 日本貿易学会誌. 2016. 53. 69-79
  • 宋 俊憲・久野 新. 韓国における企業向けFTA利用促進政策の現状と日本への示唆. ERINA REPORT. 2015. 126. 10-18
もっと見る
書籍 (3件):
  • 韓国経済システムの研究:高パフォーマンスの光と影
    日本評論社 2014
  • メガFTAと世界経済秩序:ポストTPPの課題
    勁草書房 2016
  • 新国際経済論
    2017
講演・口頭発表等 (20件):
  • 日本の海苔輸入割当制度をめぐる日韓貿易紛争の経緯
    (日本貿易学会第3回東部部会研究報告会(於:日本大学、東京) 2006)
  • 日本の相殺関税制度の運用と法源に関する研究
    (韓国日本学会第74回国際学術大会(於:建国大学校、ソウル) 2007)
  • 非関税措置の決定要因
    (日本貿易学会第47回全国大会(於:同志社女子大学、京都) 2007)
  • 日本の非関税措置の決定要因に関する実証分析
    (日本貿易学会第48回全国大会(於:青山学院大学、東京) 2008)
  • 日本の台湾及び韓国産ポリエステル短繊維に対するアンチダンピング措置:アンチダンピング措置の貿易効果
    (日本貿易学会第49回全国大会(於:近畿大学、東大阪) 2009)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1995 - 2001 韓国国立忠南大学 経商学部 貿易学科
  • 2002 - 2003 名古屋大学 経済学研究科 短期交換留学
  • 2001 - 2004 韓国国立忠南大学 大学院 貿易学科
  • 2005 - 2008 青山学院大学 経営学研究科 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士 (青山学院大学)
委員歴 (3件):
  • 2017/03 - 現在 韓国貿易学会 理事
  • 2017/03 - 現在 韓国国立忠南大学経営経済研究所 編集委員
  • 2009 - 2010 日本貿易学会 東部部会幹事
受賞 (1件):
  • 2005/10 - 韓国産業資源部(現、知識経済部) 長官賞 第3回標準化関連優秀論文
所属学会 (4件):
日本貿易学会 ,  日本国際経済学会 ,  韓国貿易学会 ,  韓国関税学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る