研究者
J-GLOBAL ID:200901005030727479   更新日: 2020年05月25日

吉野 敏行

ヨシノ トシユキ | Yoshino Toshiyuki
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 経済政策 ,  科学社会学、科学技術史 ,  知能ロボティクス ,  地球資源工学、エネルギー学 ,  循環型社会システム
研究キーワード (5件): 資源循環 ,  再生可能エネルギー ,  人工知能 ,  エントロピー ,  文明
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 2007 循環資源のアジア輸出に伴うわが国の循環型社会形成への影響
論文 (23件):
  • 吉野 敏行. 第四次産業革命の地域社会への影響. 地域問題研究. 2017. 92. 29-34
  • 吉野 敏行. AI(人工知能)とポスト資本主義. 人間と環境. 2016. 7. 57-73
  • 吉野 敏行. 文明の代謝史観序説. 人間と環境. 2015. 6. 55-70
  • 吉野 敏行. 人間環境の構造について. 人間と環境. 2014. 5. 29-44
  • 吉野 敏行. 循環型社会のエネルギー. 人間と環境. 2012. 3. 21-29
もっと見る
MISC (2件):
  • 吉野 敏行. 日本の環境値と公害防止設備投資額との相関分析-アジア途上国に対する公害防止技術支援の意義. 環境経済・政策学会2010年大会報告集. 2010
  • 吉野敏行. 循環資源のアジア輸出に伴うわが国の循環型社会形成への影響. 平成18年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤(C))研究成果報告書. 2008
書籍 (8件):
  • ごみの百科事典
    丸善 2003
  • 循環型社会の公共政策
    中央経済社 2002
  • エコ住宅
    一橋出版 2002
  • エコライフ人宣言
    一橋出版 2002
  • 身近なリユース・リサイクル
    一橋出版 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 日本の環境値と公害防止設備投資との相関分析-アジア途上国に対する公害防止技術支援の意義
    (環境経済・政策学会 2010)
  • 使用済み製品の拡大輸出者責任について
    (環境経済・政策学会 2009)
  • 使用済み製品の拡大輸出者責任制度の創設について
    (環境情報科学 2008)
  • 廃PETボトル市場の現状分析-アジア輸出の国内市場への影響-
    (環境情報科学 2007)
  • わが国におけるEPRの内発的発展と展望
    (環境経済・政策学会 2000)
学歴 (3件):
  • - 2009 東京大学大学院
  • - 1995 埼玉大学大学院
  • - 1977 埼玉大学 経済学科
学位 (2件):
  • 環境学博士 (東京大学)
  • 経済学修士 (埼玉大学)
受賞 (1件):
  • 2009/03 - 東京大学大学院新領域創成科学研究科 研究科長賞 循環型社会形成と物質循環の国際化 -循環資源の国内循環と国際循環の最適化のための制度研究-
所属学会 (3件):
エネルギー・資源学会 ,  廃棄物資源循環学会 ,  環境経済・政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る