研究者
J-GLOBAL ID:200901005091486350   更新日: 2020年05月27日

木戸秋 悟

キドアキ サトル | Kidoaki Satoru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 九州大学  大学院工学研究院 応用化学部門(分子) 超分子化学講座(協力)   教授
  • 九州大学  工学部 物質科学工学科 超分子化学講座(協力)   教授
ホームページURL (1件): http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/mbbmc_imce_new/
研究分野 (14件): 生物物理学 ,  高分子材料 ,  生体化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  生物物理学 ,  高分子材料 ,  生体化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (4件): ナノフォース測定 ,  一分子観察 ,  高分子集合体 ,  細胞バイオメカニクス
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 幹細胞の品質保持培養のためのメカノバイオマテリアルの開発
  • 2009 - 2013 細胞運動・機能を操作するナノ・マイクロメカニカルシステムの構築
  • 2002 - 電界紡糸によるナノ・ミクロンファイバー形成を応用した組織骨格基材の機能的設計
  • 巨大二重鎖DNAの凝縮-脱凝縮転移の物理化学
  • 高分子ナノ秩序体の光化学反応による構築と機能制御
全件表示
論文 (13件):
  • Kidoaki S. Frustrated differentiation of mesenchymal stem cells. Biophysical reviews. 2019. 11. 3. 377-382
  • Iwashita M, Ohta H, Fujisawa T, Cho M, Ikeya M, Kidoaki S, Kosodo Y. Brain-stiffness-mimicking tilapia collagen gel promotes the induction of dorsal cortical neurons from human pluripotent stem cells. Scientific reports. 2019. 9. 1. 3068
  • Moriyama K, Kidoaki S. Cellular Durotaxis Revisited: Initial-Position-Dependent Determination of the Threshold Stiffness Gradient to Induce Durotaxis. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2018. 35. 23. 7478-7486
  • Kuboki T, Kidoaki S. Fabrication of Elasticity-Tunable Gelatinous Gel for Mesenchymal Stem Cell Culture. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2016. 1416. 425-441
  • Kidoaki S. [Design of mechanobio-materials for cell manipulation and its application for stem cell manipulation.]. Clinical calcium. 2016. 26. 12. 1773-1778
もっと見る
経歴 (4件):
  • 2006/10 - 現在 九州大学先導物質化学研究所 教授
  • 2001/06 - 2006/09 九州大学大学院医学研究院 助教授
  • 2000/04 - 2001/05 科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業 研究員(京都大学理学部物理第一教室)
  • 1998/04 - 2000/03 国立循環器病センター研究所 流動研究員
所属学会 (5件):
日本バイオマテリアル学会 ,  細胞生物学会 ,  日本化学会 ,  生物物理学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る