研究者
J-GLOBAL ID:200901005092508625   更新日: 2022年06月17日

長谷川 健

ハセガワ タケシ | Hasegawa Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kuchem.kyoto-u.ac.jp/organization/member/htakeshi.html
研究分野 (2件): 分析化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (4件): 界面化学・振動分光学・計測科学 ,  analytical science ,  vibrational spectroscopy ,  surface science
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2021 - 2024 非晶の微小モルフォロジー解析による高分子薄膜材料の物性制御の革新
  • 2015 - 2020 ラマン光学活性イメージング開発に よるアトロプ異性分布の可視化とフッ素科学での展開
  • 2018 - 2019 環境低負荷の新しい有機フッ素表面処理技術の開発
  • 2016 - 2017 含フッ素アクリルポリマーの戦略的開発を可能に する新しい分光分析化学と環境規制の克服
  • 2013 - 2016 多極子異方吸収による新しいエネルギー準位創出と表面増強ラマン分光法への応用
全件表示
論文 (197件):
  • Nobutaka Shioya, Masamichi Fujii, Takafumi Shimoaka, Kazuo Eda, Takeshi Hasegawa. Stereoisomer-dependent conversion of dinaphthothienothiophene precursor films. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Chengshan Wang, Yiqun Zhou, Christopher Ewuola, Toyin Akinleye, Takeshi Hasegawa, Roger M. Leblanc. Determine both the conformation and orientation of a specific residue in α-synuclein(61-95) even in monolayer by 13C isotopic label and p-polarized multiple-angle incidence resolution spectrometry (pMAIRS). Analytical Sciences. 2022
  • Takafumi Shimoaka, Aki Fukumi, Nobutaka Shioya, Takeshi Hasegawa. Perfluoroalkanes remain on water surface even after volatilization: Affinity analysis of fluorinated solvent with water surface. Journal of Colloid and Interface Science. 2022. 611. 390-396
  • Kazutaka Tomita, Nobutaka Shioya, Takafumi Shimoaka, Masayuki Wakioka, Takeshi Hasegawa. Control of supramolecular organizations by coordination bonding in tetrapyridylporphyrin thin films. Chemical Communications. 2022
  • Takumi Nagasawa, Reo Sato, Takeshi Hasegawa, Naoki Numadate, Nobutaka Shioya, Takafumi Shimoaka, Takeshi Hasegawa, Tetsuya Hama. Absolute Absorption Cross Section and Orientation of Dangling OH Bonds in Water Ice. The Astrophysical Journal Letters. 2021. 923. 1. L3-L3
もっと見る
MISC (64件):
特許 (7件):
もっと見る
書籍 (23件):
  • 赤外・ラマン分光分析
    共立出版 2020
  • 機器分析ハンドブック 1:有機・分光分析編
    化学同人 2020 ISBN:9784759820218
  • 基礎高分子科学
    東京化学同人 2020 ISBN:9784807909629
  • Molecular Soft-Interface Science Principles, Molecular Design, Characterization, and Application'' ed. by M. Maeda, Y. Miura
    Springer 2018
  • 赤外分光法
    講談社 2018 ISBN:9784061569041
もっと見る
講演・口頭発表等 (335件):
  • 有機フッ素材料の環境負荷の理解に不可欠な物性物理化学
    (環境化学物質3学会合同大会 2022)
  • パーフルオロアルキル化合物のバルクおよび一分子の物性を分子構造から理解する
    (第18回フッ素相模セミナー 2022)
  • 有機フッ素化合物の科学の新しいパラダイム
    (東邦大学分析化学 I 講義 2022)
  • MAIRS法:有機薄膜の非晶質構造を紐解く
    (東邦大学理学部化学科講演会 2022)
  • パーフルオロアルキル化合物の物性を 分子構造から理解する
    (茨城大学大学院理工学研究科セミナー 2022)
もっと見る
Works (4件):
  • 液晶分子配向解析のための新しい分光分析法開発
    2004 -
  • Development of a new spectroscopic technique for analysis of oriented molecules in liquid crystals
    2004 -
  • JSPS/NSF 日米科学協力事業協同研究
    2000 - 2002
  • ロイシンファスナーをもつ強相関ソフトマテリアルの創成と物性・構造解析
    2000 -
学歴 (3件):
  • 1991 - 1993 京都大学大学院 化学専攻博士課程
  • 1989 - 1991 京都大学大学院 化学専攻修士課程
  • 1985 - 1989 早稲田大学 化学科
学位 (2件):
  • 理学修士 (京都大学)
  • 京都大学博士(理学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2011/03 - 現在 京都大学 化学研究所 教授
  • 2006/04 - 2011/02 旧所属 東京工業大学 大学院理工学研究科 化学専攻 助教授
  • 2004/10 - 2007/03 科学技術振興機構・さきがけ(兼任)
  • 2003/04 - 2006/03 日本大学 生産工学部・応用分子化学科 助教授
  • 2001/04 - 2003/03 神戸薬科大学 薬品物理化学研究室 講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/03 - 現在 日本分析化学会 Analytical Sciences誌編集委員長
  • 2017/06 - 現在 日本分光学会赤外ラマン部会・赤外分科会 代表
  • 2016/05 - 現在 分光イノベーション研究会 幹事
  • 2016/01 - 現在 日本化学会 BCSJ編集委員
  • 2013/01 - 現在 日本化学会 Chemistry Letters編集委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2020/08 - 日本分析化学会 学会賞 多角入射分解分光法の開発と実用化
  • 2015/09 - The Society for Applied Spectroscopy (USA) フェロー
  • 2015/03 - 日本化学会 学術賞(平成26年度) 多角入射分解分光(MAIRS)法の開発と二次元分子集合系解析への応用
  • 2009/10 - The Coblentz Society (USA) The Craver Award 2009
  • 2007/11 - 材料科学技術振興財団 山崎貞一賞「計測評価分野」 多角入射分解分光法の開発と超薄膜の構造解析への応用
全件表示
所属学会 (6件):
Society for Applied Spectroscopy (U.S.A) ,  American Chemical Society ,  高分子学会 ,  日本分光学会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る