研究者
J-GLOBAL ID:200901005303968342   更新日: 2020年12月17日

音山 若穂

Otoyama Wakaho
研究分野 (1件): 子ども学、保育学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 発達支援プログラムとしての美術表現活動の確立へ向けた脳内ネットワークの解析
  • 2016 - 2020 保育・教育における省察力と課題解決力の育成のためのAIアプローチの検討
  • 2014 - 2018 父親の育児参加を促進する参加型教育プログラムの開発と効果検証のための一研究
  • 2013 - 2017 放射能による活動制限環境下における保育問題に関する研究
  • 2013 - 2017 被災地の保育者研修ニーズに応じた園内研修の開発及び評価法の検討
全件表示
論文 (59件):
  • 利根川 智子, 音山 若穂, 三浦 主博, 和田 明人, 上村 裕樹, 織田 栄子. 対話的アプローチが実習事後指導における協同性に及ぼす影響についての一検討. 東北福祉大学研究紀要. 2019. 43. 35-50
  • 小野澤 清楓, 懸川 武史, 音山 若穂, 懸川 武史, KAKEGAWA Takeshi, カケガワ タケシ, 音山 若穂, OTOYAMA Wakaho, オトヤマ ワカホ. オリエンテーリングを活用した中学生のピア・サポート活動の一実践. 群馬大学教育実践研究. 2017. 34. 167-176
  • 音山 若穂, 懸川 武史, オトヤマ ワカホ, 懸川 武史, KAKEGAWA Takeshi, カケガワ タケシ. 心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み(7)看護実習指導者研修における実践と協同作業の認識との関連. 群馬大学教育学部紀要. 人文・社会科学編. 2017. 66. 221-230
  • 音山 若穂, 利根川 智子, 三浦 主博, 利根川 智子, Tonegawa Tomoko, トネガワ トモコ, 三浦 主博, Miura Kimihiro, ミウラ キミヒロ. 教育・保育における対話型アプローチ : 現状と課題. 群馬大学教育実践研究. 2015. 32. 227-237
  • 上村 裕樹, 音山 若穂, 井上 孝之, 三浦 主博, 和田 明人, 織田 栄子, 京免 徹雄, 利根川 智子. 教育・保育における対話型アプローチの取組み. 帯広大谷短期大学紀要. 2015. 52. 0. 19-29
もっと見る
MISC (35件):
  • 音山 若穂, 利根川 智子, 三浦 主博, 織田 栄子, 井上 孝之. PF092 学生を対象とした保育者省察尺度の構造的妥当性の検討(2)(発達,ポスター発表F). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2014. 56. 0. 736-736
  • 井上 孝之, 音山 若穂. PD093 放射線下における幼稚園の戸外活動再開後の課題(その2) : 新入園児の園生活への適応から観る震災の影響(発達,ポスター発表D). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2014. 56. 0. 541-541
  • 音山 若穂, 利根川 智子, 三浦 主博, 井上 孝之, 織田 栄子. PE-015 学生を対象とした保育者省察尺度の構造的妥当性の検討(発達,ポスター発表). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2013. 55. 0. 378-378
  • 利根川 智子, 音山 若穂, 滝田 良子, 馬場 廣明. PF-059 ワールドカフェによる"子どもを育む地域実践プロジェクト"の学び支援(教授・学習,ポスター発表). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2013. 55. 0. 511-511
  • 音山 若穂, 井上 孝之, 三浦 主博, 利根川 智子, 上村 裕樹, 河合 規仁, 和田 明人, 安藤 節子. PC-003 現任保育士の園外研修における対話的アプローチの研修効果 : 実習生と現任保育士との比較(発達,ポスター発表). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2012. 54. 0. 240-240
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る