研究者
J-GLOBAL ID:200901005353631918   更新日: 2020年08月27日

井原 勇人

イハラ ハヤト | Ihara Hayato
所属機関・部署:
職名: 教員 助教
研究分野 (3件): 医療薬学 ,  生理学 ,  分子生物学
研究キーワード (4件): 分子生物学 ,  生理学一般 (分子生理学) ,  Molecular Biology ,  Physiology
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2008 - バイオイメージング、分子イメージング手法を用いた生体機能分子の体内動態の解析
  • 2008 - 線溶阻害因子PAI-1の血管老化促進作用の解析
  • 2003 - カロリー制限模倣物質レスベラトロール の抗肥満・抗血栓作用機序の解析
  • 1997 - 脂肪細胞における血栓危険因子PAI-1遺伝子発現亢進の分子機構の解明と肥満を伴う心血管系疾患発症との関連
  • 脳内における線溶系因子の生理的役割と遺伝子発現調節
全件表示
MISC (160件):
書籍 (10件):
  • Plasminogen Activator Inhibitor 1、in 血栓症ナビゲーター (池田康夫監修 内山真一郎編)、(分担執筆)pp66-67
    メディカルレビュー社 2006
  • プラスミノーゲン・アクチベーター・インヒビター 1の基礎と臨床、in図説 血栓、止血、血管学 (一瀬 白帝 編) (分担執筆)pp606-613
    中外医学社 2005
  • The Fat Mouse: A powerful genetic model to study alterations in Hemostatic gene expression in obesity. In: K. Suzuki, Y. Ikeda, I. Maruyama.eds. New Frontier in Vascular Biology; Thrombosis and Hemostasis. (分担執筆) pp151-160, 2000
    EIBUN PRESS, Ltd. (Osaka) 2000
  • The Fat Mouse : A Powerful Genetic Model to Study Alterations in Hemostatic Gene Expression in Obesity. In New Frontier in Vacular Biology Thrombosis and Hemostasis.
    EIBUN Press, LTd (Osaka) 1999
  • Calcium Ion Dependent Modulation of Fibrinolytic Activity. In: A. Takada, D. Collen and P. Gaffney. eds. (分担執筆)ppRecent Progress in Blood Coagulation and Fibrinolysis.
    Elsevier, (Tokyo) 1997
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • PPARγ-mediated transcriptional up-regulation of plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) gene promoter during adipocyte differentiation.
    (Gordon Research Conference “ Plasminogen activation & Extracellular proteolysis “ Ventura, CA, USA Hot Topics Session 2006)
  • PPARγ-mediated transcriptional up-regulation of plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) gene promoter during adipocyte differentiation.
    (10t International Congress of Obesity Sydney, Australia 2006)
  • A role for adipocyte-enriched transcription factor, PPAR-γ, in up-regulation of PAI-1 gene during adipogenesis.
    (XXth International Congress on Thrombosis and Haemostasis Sydney, Australia 2005)
  • PPARγ-mediated transcriptional up-regulation of plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) gene promoter during adipocyte differentiation.
    (35th International Congress on Physiological Science / FASEB2005, San Diego, USA, April, 2005 (特別講演、Featured Topics, Controversies Session; Adipose Tissue) 2005)
  • PPAR-γ Ligand and Insulin Induce Type-1 Plasminogen Activator Inhibitor (PAI-1) Gene Transcription During Adipocyte Differentiation.
    (XVth International Congress on Fibrinolysis & Proteolysis Hamamatsu, Japan 2000)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1991 京都大学 分子医学
  • - 1991 京都大学
  • - 1983 名古屋大学 食品工業化学科
  • - 1983 名古屋大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (7件):
  • 1997 - 2007 浜松医科大学医学部生理学第二講座 文部科学教官 助手
  • 2007 - - 国立大学法人浜松医科大学医学部生理学第二講座 教員 助教
  • 1995 - 1997 米国スクリプス研究所血管生物学部 博士研究員
  • 1993 - 1995 浜松医科大学医学部生理学第二講座 文部教官 助手
  • 1990 - 1993 国立循環器病センター研究所 研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2001 - 日本生理学会 評議員
  • 2001 - - 日本生理学会 評議員
所属学会 (6件):
日本核医学会 ,  日本栄養食糧学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本肥満学会 ,  日本生理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る