研究者
J-GLOBAL ID:200901005392037144   更新日: 2019年10月04日

藤谷 秀雄

フジタニ ヒデオ | FUJITANI Hideo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.lab.kobe-u.ac.jp/eng-scm/index.html
研究キーワード (1件): 構造制御
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 大振幅地震動対応アクティブ系振動制御構造と非線形ハイブリッドシミュレーション検証
  • 2017 - 【戦略的国際研究交流推進事業費補助金】巨大地震に対する創生型居住環境のレジリエンスに関する研究のグローバル化
  • 2017 - 巨大地震に対する創生型居住環境のレジリエンスに関する研究のグローバル化
  • 2014 - 2016 インフラの再定義と社会的・工学的効果のみえる化ー持続社会設計学の構築を目指してー
  • 2011 - パルス性地震動と長周期地震動に対する免震構造の制御
全件表示
論文 (60件):
  • 丸尾 純也, 藤谷 秀雄, 向井 洋一, 伊藤 麻衣. Analytical Study on Response Reduction Effect by Tuned Mass Damper with Amplifier Mechanism. Proc. of the 7th World Conference on Structural Control and Monitoring (7WCSCM). 2018. 381-391
  • 福井 弘久, 藤谷 秀雄, 向井 洋一, 伊藤 麻衣. Effect of Collision with Retaining Wall on Base Isolated Superstructure Using Shaking Table. Proc. on 11th U.S. National Conference on Earthquake Engineering (11NCEE). 2018. (382)1-11
  • 内田 小百合, 向井 洋一, 三木 優輝, 藤谷 秀雄, 伊藤 麻衣. Real-time hybrid simulator for evaluating interactions with non-linear system model by using shaking table. Proc. of the 7th World Conference on Structural Control and Monitoring (7WCSCM). 2018. 1243-1251
  • 向井 洋一, 三木 優輝, 内田 小百合, 藤谷 秀雄, 伊藤 麻衣. Real-time Hybrid Simulator of Soil-Structure Interaction System by Using Shaking Table. Proc. on 11th U.S. National Conference on Earthquake Engineering (11NCEE). 2018. (1058)1-11
  • 吉田 昇平, 藤谷 秀雄, 向井 洋一, 伊藤 麻衣. Real-time hybrid simulation of semi-active control using shaking table: Proposal and verification of a testing method for mid-story isolated buildings. Japan Architectural Review. 2018. 1. 2. 221-234
もっと見る
MISC (2件):
  • 伊藤 麻衣, 藤谷 秀雄, 向井 洋一, 岡野 将幸, 西川 慶一郎, モスケーダ ギルバート. Real-time Hybrid Tests of Structures with a Tuned Mass Damper Using Shaking Table. Proceedings of the 7th World Conference on Structural Control and Monitoring. 2018
  • 富澤 徹弥, 高橋 治, 藤谷 秀雄, 柴田 和彦, 佐藤 友祐. 磁気粘性流体を用いた回転慣性質量ダンパーの性能試験とその解析的検証. 日本建築学会構造系論文集. 2013. 78. 693. 1859-1867
特許 (2件):
  • 質量可変型慣性制振装置
  • 圧電型振動発電装置
書籍 (3件):
  • 振動制御の原理と方法
    日本建築学会 2010
  • やさしくわかる建物振動制御
    日本建築学会 2014 ISBN:978-4-8189-0621-1
  • 建築振動を学ぶ-地震から免震・制震まで-
    理工図書 2014 ISBN:978-4-8446-0824-0
講演・口頭発表等 (130件):
  • 実免震建物用大容量MRダンパの開発
    (Proceedings of Dynamics and Design conference 2003, No.719 2003)
  • 高知能建築構造システムに関する日米共同構造実験研究(その81)実免震建物用MRダンパーの基本特性
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(構造II)pp.909-910 2003)
  • 高知能建築構造システムに関する日米共同構造実験研究(その80)MRダンパーの制振構造への適用性に関する実験的研究
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(構造II)pp.907-908 2003)
  • 高知能建築構造システムに関する日米共同構造実験研究(その79)MRダンパーを用いたセミアクティブ制御の安定性
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(構造II)pp.905-906 2003)
  • 高知能建築構造システムに関する日米共同構造実験研究(その78)MRダンパーを用いた免震試験体におけるモデルの非線形性を考慮したセミアクティブ制御実験
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(構造II)pp.903-904 2003)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1988 神戸大学 大学院自然科学研究科博士課程生産科学専攻修了
学位 (1件):
  • 工学博士 (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る