研究者
J-GLOBAL ID:200901005425604619   更新日: 2020年04月23日

古谷 哲男

フルヤ テツオ | Furuya Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (2件): 解剖学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (2件): 標的器官 ,  男性ホルモン
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1998 - 2014 メラトニンの前立腺腫瘍細胞に及ぼす影響
  • 1977 - 2000 ラット精巣の片側去勢による残留精巣の生殖腺刺激ホルモン受容体の増加
MISC (4件):
  • 前立腺腫瘍細胞へのMelatoninの作用機序. 東京医科大学雑誌. 2002. 60. 4. 339-340
  • Increase of LH Receptors in Rat Testis after Hemicastration around the Time of Puberty. Zoological Science. 1998. 15. Suppl. 15
  • 成体ラット精巣の片側去勢による残留精巣のセルトリ細胞の肥大とFSHレセプター変化. 解剖学雑誌. 1994. 69. 4. 591
  • Hypertrophy of Sertoli of Cells following Unilateral Orchidectomy in Rats. Zoological Science. 1993. 10. Suppl. 138
書籍 (1件):
  • RORα1, Gene Expression and the Action of Melatonin on PSA Synthesis in LNCaP Cells (共著)
    Perspective in Comparative Endocrinology: Unity and Diversity, Monduzzi Editore 2001
学歴 (2件):
  • - 1977 早稲田大学 理工学研究科 応用物理学
  • - 1972 早稲田大学 教育学部 理学科生物学専修
学位 (2件):
  • 医学博士 (東京医科大学)
  • 理学修士 (早稲田大学)
経歴 (1件):
  • 1991 - 1999 日本大学歯学部 非常勤講師
所属学会 (4件):
東京医科大学医学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本動物学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る