研究者
J-GLOBAL ID:200901005530637786   更新日: 2020年04月21日

川島 慶子

カワシマ ケイコ | Kawashima Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ne.jp/asahi/kaeru/kawashima/
研究分野 (2件): ジェンダー ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (3件): 18世紀フランス ,  ジェンダー ,  -科学史
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 2019 初期放射線科学と女性-マリー・キュリーの後継者たち
  • 2011 - 2015 マリー・キュリーのキャリアに見る、科学アカデミーのジェンダー問題
  • 2007 - 2011 啓蒙気西欧における科学アカデミーと女性
  • 2003 - 2007 18世紀西欧の科学啓蒙におけるジェンダー問題
  • 1998 - 2001 フランス王立科学アカデミーの懸賞論文と18世紀科学の関係
全件表示
論文 (46件):
  • Keiko Kawashima. Toshiko Yuasa (1909-1980), une Japonaise chercheuse en France, correspondance avec Frédéric Joliot-Curie. Actualite Chimique. 2020. 449. mars. 48-54
  • 川島慶子. 小野田忠-起業家になったマリー・キュリー日本人弟子第二号. 化学史研究. 2019. 46. 4. 未定-未定
  • 川島 慶子. ノーベル賞の夢の体現か?-マリー・キュリーのノーベル賞受賞. 化学史研究. 2017. 44. 3. 135-139
  • Keiko Kawashima. Nobuo Yamada and Toshiko Yuasa: Two Japanese Sceientist and the Curie Family. Historia Scientiarum. 2017. 27. 1. 108-124
  • 川島 慶子. 『火の論文』(1744)に見る、エミリー・デュ・シャトレの科学啓蒙とジェンダー. 日本18世紀学会年報. 2017. 32. 33-49
もっと見る
MISC (19件):
  • 川島慶子. キャリアの実現ー湯浅年子とフレデリック・ジョリオ=キュリーの往復書簡. 化学史研究. 2019. 46. 4. 未定-未定
  • 川島 慶子. 長尾伸一『複数世界の思想史』. 日本18世紀学会年報. 2017. 32. 85-86
  • 川島慶子, 鵜山仁, 八千草薫, 吉田栄作ほか. それが戦争なのよー変わる国家、複雑な差別の中で. これはあなたのもの、1943-ウクライナ. 2017
  • 川島慶子. 他民族社会に生きる、ポーランド第二共和制時代のウクライナ人とユダヤ人. これはあなたのもの、名古屋工業大学主催日本初公演戯曲パンフレット. 2016. 6-7
  • 川島慶子. マリー・キュリーと女性科学者たち-同性ロール・モデルの意味. C & I Commun コロイド アンド インターフェース コミュニケーション. 2015. 140. 7-9
もっと見る
書籍 (18件):
  • Women in their Element
    World Scientific 2019 ISBN:9789811206283
  • 化学史への招待
    オーム社 2019 ISBN:9784274222511
  • これはあなたのもの,1943-ウクライナ
    アートデイズ 2017 ISBN:9784861192630
  • 化学史事典
    化学史学会 2017 ISBN:9784759818390
  • マリー・キュリーの挑戦-科学・ジェンダー・戦争-(改訂版)
    トランスビュー 2016 ISBN:9784798701622
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • Introduction of Reserches on Gender and Science, in Japan and in the World
    (International Seminar of History of Sceince 2019)
  • Réaliser sa carrière en France : Correspondance de Toshiko Yuasa (1909-1980) avec Frédéric Joliot-Curie
    (Journée d'étude 2019)
  • 「『女が書く』ことの意味ーEmilie Du Châtelet と Dissertation du feu(1744), ワークショップ「女性作家と文学場のジェンダー」
    (日本フランス語フランス文学会2018年春季大会 2018)
  • Reputation and Ambition: Du Châtelet's Revisions in her Dissertation on Fire (1744)
    ('Émilie Du Châtelet's Foundations of Physics: Conference Celebrating the Complete English Translation of the Book 2018)
  • 「マリー・キュリーの挑戦 -ラジウム研究所から世界に羽ばたいた女性達-
    (第8回 医療人キャリア支援室 キャリアアップセミナー 2018)
もっと見る
Works (20件):
  • 放射線科学と女性-マリー・キュリーの後継者たち
    2015 - 2019
  • 「これはあなたのもの」アフタートーク
    2017 -
  • 国際ジェンダー研究会、選挙権から男女平等まで-フランスのケース
    2014 -
  • Patrice Bret & Brigitte Van Tiggelen ed., Madame d'arconville
    2012 -
  • ベルナール・ヴァンサン『ルイ16世』」『
    2012 -
もっと見る
委員歴 (4件):
  • 2002/09 - 現在 化学史学会 編集協力委員
  • 2000/02 - 現在 日本18世紀学会 幹事
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 愛知県男女共同参画審議会 委員
  • 1995/05 - 1996/07 化学史学会 大会実行委員
受賞 (3件):
  • 2010/11/20 - 山崎賞奨励会 山崎賞
  • 2008/07/05 - -化学史学会 化学史学会論文賞
  • 2006/11/22 - -東京女子大学 青山なを賞
所属学会 (1件):
化学史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る