研究者
J-GLOBAL ID:200901005594597192   更新日: 2021年02月08日

中村 教泰

ナカムラ ミチヒロ | Nakamura Michihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nanomed1/index.htmlhttp://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nanomed1/index.html
研究分野 (4件): その他 ,  解剖学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (16件): ナノバイオ ,  中性子捕捉治療 ,  温熱治療 ,  光線力学療法 ,  ドラッグデリバリー ,  ナノ医療 ,  Moodle ,  有機シリカ粒子 ,  セラノスティクス ,  分子イメージング ,  バイオイメージング ,  ナノ粒子 ,  抗体 ,  nanoparticle ,  protein engineering ,  antibody engineering
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 悪性黒色腫に高度に集積するマルチ温熱・放射線セラノスティックス・ナノ粒子の開発
  • 2019 - 2021 病態制御に向けたエンドサイトーシス・タイピングによるマクロファージ特異性の解明
  • 2016 - 2020 ヘテロ機能化セラノスティクス・ナノ粒子の腫瘍組織へのアクティブ・インベージョン
  • 2015 - 2018 癌の個別化医療に資するマルチモーダルセラノスティクストレーサーの臨床応用法の開発
  • 2013 - 2017 多戦略治療と診断の一体化を可能とするマルチ・セラノステックナノ粒子の創製
全件表示
論文 (67件):
  • Chihiro Mochizuki, Junna Nakamura, Michihiro Nakamura. Development of Non-Porous Silica Nanoparticles towards Cancer Photo-Theranostics. Biomedicines. 2021. 9. 1. 73-73
  • Hyungjin Kim, Daniel Röth, Yasuhiro Isoe, Koichiro Hayashi, Chihiro Mochizuki, Markus Kalkum, Michihiro Nakamura. Protein corona components of polyethylene glycol-conjugated organosilica nanoparticles modulates macrophage uptake. Colloids and surfaces. B, Biointerfaces. 2020. 199. 111527-111527
  • Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi, Junna Nakamura, Chihiro Mochizuki, Takuya Murakami, Hirokazu Miki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe. Near-Infrared Fluorescent Thiol-Organosilica Nanoparticles That Are Functionalized with IR-820 and Their Applications for Long-Term Imaging of in Situ Labeled Cells and Depth-Dependent Tumor in Vivo Imaging. Chemistry of Materials. 2020. 32. 17. 7201-7214
  • Tomohiro Doura, Tadashi Nishio, Fuyuhiko Tamanoi, Michihiro Nakamura. Relationship between the glutathione-responsive degradability of thiol-organosilica nanoparticles and the chemical structures. Journal of Materials Research. 2019. 34. 07. 1266-1278
  • Harutaka Mekaru, Akitaka Yoshigoe, Michihiro Nakamura, Tomohiro Doura, Fuyuhiko Tamanoi. Biodegradability of Disulfide-Organosilica Nanoparticles Evaluated by Soft X-ray Photoelectron Spectroscopy: Cancer Therapy Implications. ACS APPLIED NANO MATERIALS. 2019. 2. 1. 479-488
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
特許 (18件):
  • NANOFUNCTIONAL SILICA PARTICLES AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
  • Fluorescent silica nano-particle, fluorescent nano-material, and biochip and assay using the same
  • ナノ機能性シリカ粒子およびその製造方法
  • 新規なナノシリカ粒子の製造方法と用途
  • METHOD FOR PRODUCTION OF NOVEL NANO SILICA PARTICLE AND USE OF THE NANO SILICA PARTICLE.
もっと見る
書籍 (5件):
  • The Enzymes
    Elsevier 2018 ISBN:9780128155202
  • ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-
    シーエムシー出版 2018
  • 顕微鏡
    公益社団法人 日本顕微鏡学会 2017
  • Nakamura, M. Approaches to Biofunctionalization of Spherical Silica Nanomaterials. 109-161. In:Kumar C.S.S.R., editior. Nanomaterial for Life Sciences Volume 2: Nanostructured Oxides.
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, Germany; 2009
  • 炎症と免疫
    先端医学社 1997
講演・口頭発表等 (136件):
  • 多機能蛍光ナノ粒子による次世代型ヒストロジー
    (日本解剖学会第125回総会・全国学術集会 2020)
  • 解剖学教育におけるMoodleの導入による学習支援の試み
    (日本解剖学会第125回総会・全国学術集会 2020)
  • ポリエンチレングリコール修飾ナノ粒子の血清タンパク質結合性とマクロファージとの相互作用の解析
    (日本解剖学会第125回総会・全国学術集会 2020)
  • 物質機能変換のためのナノ構造体としての有機シリカナノ粒子
    (ミニシンポジウム『生命科学と物質科学の融合による新規エネルギー・物質変換技術の創造をめざして』 2020)
  • Macrophage Specificity: Identification Of Polyethylene Glycol-resistant Macrophages On Stealth Imaging In Vitro Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles.
    (2019 ASCB|EMBO Annual Meeting 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 蛍光シリカ球によるバイオアッセイ法の開発
    2005 -
学歴 (4件):
  • - 1996 徳島大学 生理系
  • - 1996 徳島大学
  • - 1992 徳島大学 医学科
  • - 1992 徳島大学
学位 (2件):
  • 博士(医学) (徳島大学)
  • 学士 (医学) (徳島大学)
委員歴 (3件):
  • 2018 - 現在 ナノ学会 理事
  • 2016 - 現在 日本解剖学会 代議員
  • 2014 - 現在 日本ナノメディシン交流協会 理事
受賞 (3件):
  • 2017/04 - 公益財団法人 宇部興産学術振興財団 学術奨励賞
  • 2012 - 公益財団法人 康楽会 康楽賞
  • 2009/03 - 徳島大学医学部 ベストティーチャー・オブ・ザ・イヤー2008
所属学会 (5件):
日本ナノメディシン交流協会 ,  日本分子生物学会 ,  ナノ学会 ,  日本解剖学会 ,  日本バイオマテリアル学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る