研究者
J-GLOBAL ID:200901005594597192   更新日: 2020年05月25日

中村 教泰

ナカムラ ミチヒロ | Nakamura Michihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nanomed1/index.htmlhttp://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nanomed1/index.html
研究分野 (4件): その他 ,  解剖学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (13件): ナノバイオ ,  中性子捕捉治療 ,  温熱治療 ,  光線力学療法 ,  ドラッグデリバリー ,  Moodle ,  有機シリカ粒子 ,  セラノスティクス ,  分子イメージング ,  バイオイメージング ,  ナノ医療 ,  ナノ粒子 ,  抗体
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • ナノ医療
  • 抗体工学の医学的応用
論文 (38件):
  • Tomohiro Doura, Tadashi Nishio, Fuyuhiko Tamanoi, Michihiro Nakamura. Relationship between the glutathione-responsive degradability of thiol-organosilica nanoparticles and the chemical structures. Journal of Materials Research. 2019. 34. 7. 1266-1278
  • Harutaka Mekaru, Akitaka Yoshigoe, Michihiro Nakamura, Tomohiro Doura, Fuyuhiko Tamanoi. Biodegradability of Disulfide-Organosilica Nanoparticles Evaluated by Soft X-Ray Photoelectron Spectroscopy: Cancer Therapy Implications. ACS Applied Nano Materials. 2019. 2. 1. 479-488
  • Kiminori Yukata, Tsukasa Kanchiku, Hiroshi Egawa, Michihiro Nakamura, Norihiro Nishida, Takahiro Hashimoto, Hiroyoshi Ogasa, Toshihiko Taguchi, Natsuo Yasui. Continuous infusion of PTH1-34 delayed fracture healing in mice. Scientific Reports. 2018. 8. 13175
  • Tomohiro Doura, Fuyuhiko Tamanoi, Michihiro Nakamura. Miniaturization of thiol-organosilica nanoparticles induced by an anionic surfactant. Journal of Colloid and Interface Science. 2018. 526. 51-62
  • Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Kenichi Aihara, Mariko Ikuo, Kohji Itoh, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Masahiro Abe. Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia. Oncotarget. 2018. 9. 10307-10316
もっと見る
MISC (13件):
特許 (16件):
  • NANOFUNCTIONAL SILICA PARTICLES AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
  • Fluorescent silica nano-particle, fluorescent nano-material, and biochip and assay using the same
  • ナノ機能性シリカ粒子およびその製造方法
  • 新規なナノシリカ粒子の製造方法と用途
  • METHOD FOR PRODUCTION OF NOVEL NANO SILICA PARTICLE AND USE OF THE NANO SILICA PARTICLE.
もっと見る
書籍 (5件):
  • The Enzymes
    Elsevier 2018 ISBN:9780128155202
  • ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-
    シーエムシー出版 2018
  • 顕微鏡
    公益社団法人 日本顕微鏡学会 2017
  • Nakamura, M. Approaches to Biofunctionalization of Spherical Silica Nanomaterials. 109-161. In:Kumar C.S.S.R., editior. Nanomaterial for Life Sciences Volume 2: Nanostructured Oxides.
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, Germany; 2009
  • 炎症と免疫
    先端医学社 1997
講演・口頭発表等 (132件):
  • Macrophage Specificity: Identification Of Polyethylene Glycol-resistant Macrophages On Stealth Imaging In Vitro Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles.
    (2019 ASCB|EMBO Annual Meeting 2019)
  • Biomedical Imaging using Multifunctional Organosilica Nanoparticles
    (13th International Symposium on Nanomedicine(ISNM2019) 2019)
  • セラノティクスの実現に向けた多機能有機シリカナノ粒子の開発
    (第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019)
  • Organosilica Nanoparticles Toward Theranostic.
    (7th China-Japan Symposium on Nanomedicine 2019)
  • 多機能有機シリカナノ粒子を用いたメソスコピック・マルチモーダルイメージング
    (日本解剖学会第124回総会・全国学術集会 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 蛍光シリカ球によるバイオアッセイ法の開発
    2005 -
学歴 (2件):
  • - 1996 徳島大学 医学研究科 生理系
  • - 1992 徳島大学 医学部 医学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (徳島大学)
  • 学士 (医学) (徳島大学)
委員歴 (3件):
  • 2018 - 現在 ナノ学会 理事
  • 2016 - 現在 日本解剖学会 代議員
  • 2014 - 現在 日本ナノメディシン交流協会 理事
受賞 (3件):
  • 2017/04 - 公益財団法人 宇部興産学術振興財団 学術奨励賞
  • 2012 - 公益財団法人 康楽会 康楽賞
  • 2009/03 - 徳島大学医学部 ベストティーチャー・オブ・ザ・イヤー2008
所属学会 (5件):
日本ナノメディシン交流協会 ,  日本分子生物学会 ,  ナノ学会 ,  日本解剖学会 ,  日本バイオマテリアル学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る