研究者
J-GLOBAL ID:200901005681010610   更新日: 2008年03月27日

岩垣 丞恒

イワガキ スケツネ | Iwagaki Suketsune
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://なし
研究分野 (2件): 生理学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (6件): 運動生化学 ,  体力医学 ,  運動生理学 ,  Biochemistry of exercise ,  Physical fitness and Sports Medicine ,  Exercise physiology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1990 - 2004 赤血球膜脂質に対する持久的運動の影響
  • 1995 - 2000 Effects of endurance exercise on lipid composition of Red blood membrane
  • 1990 - 1995 各種臓器・組織における構造脂質と機能脂質の特徴について
  • 1990 - 1995 Changes of serum lipids during serum incubation
  • 1990 - 1995 Characteristics of structural and functional lipids in vatious organs and tissues
全件表示
MISC (65件):
  • スポーツ医科学研究所プロジェクト研究報告. 東海大スポーツ医科学雑誌. 1999. 11. 79-90
  • Report on the project research in Sport medical research institute. Tokai university. The Tokai Journal of Sports Medical Science. 1999. 11. 79-90
  • 紅参の血液粘度低下作用が運動能力に及ぼす影響(第1報). 1998. 25. 36-42
  • 長期持久的トレーニングによる長距離選手の赤血球指標の変化. 運動生化学. 1998. 10. 49-51
  • 漸増負荷運動時の高濃度酸素吸入が持久的運動鍛練者の作業成績及び生理的変量に及ぼす効果. トレーニング科学. 1998. 9. 2. 31-38
もっと見る
書籍 (2件):
  • スポーツ医学の基礎
    朝倉書店 2章 筋収縮のエネルギー代謝 1993
  • スポーツ医学の基礎(共著)
    朝倉書店 2章 筋収縮とエネルギー代謝 1993
Works (17件):
  • 長距離走者の日常生活における尿中尿素/クレアチン比について
    1997 -
  • 高感度計体重測定における長距離走者の体重変化の特徴
    1997 -
  • All-out運動前後の赤血球脂質の変化
    1997 -
  • 血清リン脂質と赤血球膜リン脂質との関係
    1997 -
  • 長距離走者の夏期合宿時における尿中尿素/クレアチニン比の特徴
    1997 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1965 東京学芸大学 保健体育
  • - 1965 東京学芸大学 専攻科保健体育
  • - 1965 東京学芸大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京慈恵医科大学)
委員歴 (9件):
  • 1994 - 個体差研究会 会長
  • 1993 - 日本運動生理学会 理事
  • 1992 - 日本体力医学会 機構検討委員学会賞選評議委員
  • 1991 - 運動生化学研究会 編集委員長
  • 1989 - 日本脂質生化学研究会 会員
全件表示
所属学会 (9件):
日本脂質生化学学会 ,  個体差研究会 ,  日本運動生理学会 ,  運動生化学研究会 ,  日本脂質生化学研究会 ,  日本基礎老化学会 ,  日本体育学会 ,  日本生理学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る