研究者
J-GLOBAL ID:200901005806764680   更新日: 2020年08月30日

森 知也

モリ トモヤ | Mori Tomoya
所属機関・部署:
職名: 助教授
ホームページURL (1件): http://www/kier.kyoto-u.ac.jp/~mori/
研究分野 (1件): 理論経済学
研究キーワード (1件): 都市・地域経済学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 輸送規模の経済と集積の経済を含む空間経済システムの自己組織過程に関する研究
  • 空間経済システムの自己組織化及び構造変化に関する研究
論文 (9件):
  • Tomoya Mori, Tony E. Smith. A Reconsideration of the NAS Rule from An Industrial Agglomeration Perspective. Brookings-Wharton Papers on Urban Affairs. 2009. 175-214
  • 森知也. Monocentric Versus Polycentric Models in Urban Economics. The New Palgrave Dictionary of Economics 2nd ed., Durlauf, S.N., Blume, L.E. (eds.), Palgrave Macmillan, 754-756. 2008
  • Masahisa Fujita (Professor, Konan University, Paul Krugman (Professor, Princeton University, Tomoya Mori. On the Evolution of Hierarchical Urban Systems. European Economic Review 43-2, 209-251. 1999
  • 森知也. A Mechanism of City Formation by Agglomeration Economies and Hub-Effect: An Application of Transport Project to the Industrial Location Policy. アジア経済. 1998. 39. 54-65
  • Tomoya Mori, Koji Nishikimi. Bulk Economies in Transportation, Formation of Transport Nodes, and Geographic Concentration of Industrial Activities. Development Strategy From Regional Perspectives, Ohno, K., Hamaguchi, N. (eds.), Institute of Developing Economies, 45-88. 1998
もっと見る
MISC (6件):
  • 輸送密度の経済と産業集積. 2001
  • 労働者間技術拡差,集積の経済,および空間的住分け. 京都大学経済研究所ディスカッションペーパー. 2000. 512
  • 内的成長と自己組織化による、フロンティア経済の動学. 1998. 32. 39-62
  • 集積の経済と輸送のハブ効果による都市形成メカニズム:交通プロジェクトによる産業立地政策への応用. アジア経済. 1998. 39. 8. 54-65
  • メガロポリス形成のモデリング(都市システムの成熟過程). 1997. 42. 133-157
もっと見る
書籍 (7件):
  • An Industrial Agglomeration Approach to Central Place and City Size Regularities
    Discussion Paper No.687, Institute of Economic Research, Kyoto University 2009
  • A Probablistic Modeling Approach to the Detection of Industrial Agglomerations
    Discussion Paper No.682, Institute of Economic Research, Kyoto University 2009
  • 技術の空間集積-労働者技術拡差と地域拡差-
    経済発展と地域経済構造:地域経済学的アプローチの展望(大野幸一編)アジア経済研究所第7章,/506,183-209 2000
  • Spatial Agglomeration of Skill : interpersonal skill inequality and regional inequality
    Economic Development and Regional Economic Structure : approaches and perspectives from regional economics,/506,183-209 2000
  • A Flying Geese Model of Economic Development and Integration: Evolution of International Economy a la East Asia
    Discussion Paper No.493, Institute of Economic Research, Kyoto University 1999
もっと見る
Works (1件):
  • 空間経済における法則性:産業立地と都市規模の関係について
    2002 -
学歴 (2件):
  • - 1996 ペンシルヴァニア大学大学院 地域科学 都市・地域経済学
  • - 1989 岐阜大学 工学部 土木工学
学位 (1件):
  • 哲学博士 (ペンシルバニア大学(アメリカ合衆国))
経歴 (1件):
  • 1996 - 2003 京都大学経済研究所 助教授
委員歴 (1件):
  • 2000 - 2003 応用地域学会 運営委員
所属学会 (3件):
応用地域学会 ,  北アメリカ地域科学学会(North American section of regional scieuce association) ,  世界地域科学学会(regional science international association)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る