研究者
J-GLOBAL ID:200901006001803278   更新日: 2021年10月26日

伊藤 幸博

イトウ ユキヒロ | Ito Yukihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.agri.tohoku.ac.jp/bioadp/PukiWiki/index.php?FrontPagehttps://www.agri.tohoku.ac.jp/bioadp/PukiWiki/index.php?English
研究分野 (3件): 遺伝育種科学 ,  応用分子細胞生物学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (8件): イネ ,  糖化性 ,  バイオリファイナリー ,  分子農業 ,  有用タンパク質 ,  サイトカイニン ,  茎頂分裂組織 ,  発生
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2012 - 現在 極長鎖脂肪酸のシュート発生における機能
  • 2009 - 現在 イネの胚嚢・胚乳発生を制御するシグナル伝達機構
  • 2008 - 現在 バイオマス利用に適したイネの開発
  • 1995 - 現在 イネのKNOX遺伝子の発現制御
  • 2019 - 2022 薬に過度に依存しない畜産物の健全育成システムの開発
全件表示
論文 (45件):
もっと見る
MISC (17件):
  • 伊藤幸博. セルラーゼの老化誘導発現による稲わらの糖化性の向上. バイオサイエンスとインダストリー. 2016. 74. 412-413
  • 飯吉 亮太, 小口 太一, 飯村 洋介, 伊藤 幸博, 園木 和典. 2P-186 リグノセルロースの化学組成と糖化性に対するラッカーゼ-セルロース結合ドメイン融合タンパク質発現の効果(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2015. 67
  • 伊藤幸博, 園木和典. イネにおけるバイオテクノロジー. 日本エネルギー学会誌. 2014. 93. 5. 423-428
  • 古川 佳世子, 濁川 睦, 園木 和典, 伊藤 幸博. 3P-217 老化特異的セルラーゼ発現誘導による稲わら糖化性の向上(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2013. 65. 242-242
  • 古川 徹, 濁川 睦, 古川 佳世子, 小口 太一, 飯村 洋介, 伊藤 幸博, 園木 和典. 2P-137 高糖化性植物の作出に向けたラッカーゼ- セルロース結合ドメイン融合タンパク質の発現(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2013. 65. 138-138
もっと見る
特許 (2件):
  • 植物に含まれるリグニン量を低減する方法
  • 種子重量の増加したトランスジェニック植物とその利用
書籍 (7件):
  • 農学実験テキスト2021
    鳥山欽哉 2021
  • 農学実験テキスト2020
    北柴大泰 2020
  • 農学生命科学を学ぶための入門生物学[改訂版]
    東北大学出版会 2020 ISBN:9784861633430
  • 農学生命科学を学ぶための入門生物学
    東北大学出版会 2011 ISBN:9784861631665
  • 植物ゲノム科学辞典
    2009 ISBN:9784254171341
もっと見る
講演・口頭発表等 (243件):
  • 遺伝子組換えイネを用いた麹菌の両親媒性タンパク質RolA生産の試み
    (第15回東北育種研究集会 2020)
  • 稲わらの高糖化性遺伝子のマッピング
    (第15回東北育種研究集会 2020)
  • 暗条件下でのタンパク質生産に適したイネ栽培条件の探索
    (第15回東北育種研究集会 2020)
  • イネのカルスからのシュート再分化過程でサイトカイニン情報伝達系に直接発現誘導される遺伝子の同定
    (第15回東北育種研究集会 2020)
  • 稲わらの糖化性向上遺伝子のマッピング
    (第43回日本分子生物学会年会)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 東北大学
  • - 1990 東北大学 農学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (1件):
  • 1995/04 - 2007/03 国立遺伝学研究所 助手
委員歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 Plant Biotechnology 編集委員
  • 2016/03 - 第57回日本植物生理学会年会 年会委員(プログラム委員、高校生発表)
  • 2015/11 - 第10回東北育種研究集会 世話人
  • 2014/11 - 2015/09 日本遺伝学会 第87回大会 プログラム委員長
  • 2013/04 - 2014/03 日本育種学会 第125回講演会・総会 大会運営委員(アルバイト募集・管理担当、懇親会担当)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/12/02 - 日本分子生物学会 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞 極長鎖脂肪酸に関連した新たなイネシュート発生突然変異体の解析
  • 2013/04/16 - 文部科学大臣 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 (科学技術賞、理解増進部門) 科学者の卵養成講座による分野横断的科学思考力の普及啓発
  • 2010/09 - 東北大学大学院農学研究科 平成22年度東北大学先端農学研究奨励賞 イネの高糖化性遺伝子の同定と利用
所属学会 (5件):
日本生物工学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本育種学会 ,  日本植物細胞分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る