研究者
J-GLOBAL ID:200901006001803278   更新日: 2020年06月09日

伊藤 幸博

イトウ ユキヒロ | Ito Yukihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b8be021eb1491f7261a87d63f1338cc2.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b8be021eb1491f7261a87d63f1338cc2.html
研究分野 (3件): 遺伝育種科学 ,  植物分子、生理科学 ,  応用分子細胞生物学
研究キーワード (8件): イネ ,  糖化性 ,  バイオリファイナリー ,  極長鎖脂肪酸 ,  サイトカイニン ,  表皮 ,  茎頂分裂組織 ,  発生
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2012 - 現在 極長鎖脂肪酸のシュート発生における機能
  • 2009 - 現在 イネの胚嚢・胚乳発生を制御するシグナル伝達機構
  • 2008 - 現在 バイオマス利用に適したイネの開発
  • 1995 - 現在 イネのKNOX遺伝子の発現制御
  • 2002 - 2011 イネのHAP遺伝子ファミリーの機能解析
全件表示
論文 (9件):
  • 益子恵利那, 山田桂一, 小松陽花, 佐藤菜々, 鈴木悠世, 小川裕美佳, 岩田紗也加, 佐藤優花里, 藤倉理帆, 佐藤知美, 佐々木長将, 高橋佑輔, 高橋宏輔, 佐久間仁徳, 我妻孝樹, 山本楽人, 佐久間結菜, 川口倫央, 高橋ほなみ, 石橋まゆ, 久慈正義, 伊藤幸博. 表皮分化に必要なイネのONION2遺伝子の新たな突然変異体の同定と次世代への遺伝. 2020. 3. 2030001
  • Iiyoshi, Ryota, Oguchi, Taichi, Furukawa, Toru, Iimura, Yosuke, Ito, Yukihiro, Sonoki, Tomonori. Expression of a fungal laccase fused with a bacterial cellulose-binding module improves the enzymatic saccharification efficiency of lignocellulose biomass in transgenic Arabidopsis thaliana. Transgenic research. 2017. 26. 6. 753-761
  • Takasugi T, Ito Y. Altered expression of auxin-related genes in the fatty acid elongase mutant oni1 of rice. Plant Signal Behav. 2011. 6. 887-888
  • Toda T, Fujii S, Kazama T, Ito Y, Toriyama K. Prediction of organelle targeting of pentatricopeptide repeat protein and genes tagged with Tos17. Rice Genetics Newsletter. 2010. 25. 85-86
  • Tsuda K, Ito Y, Miyao A, Hirochika H, Kurata N. Identification of mutants with impaired regulation of KNOX genes expression. Rice Genetics Newsletter. 2008. 24. 12-13
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 農学生命科学を学ぶための入門生物学[改訂版]
    東北大学出版会 2020 ISBN:9784861633430
  • 農学生命科学を学ぶための入門生物学
    東北大学出版会 2011 ISBN:9784861631665
  • 植物ゲノム科学辞典
    2009 ISBN:9784254171341
  • 植物育種学辞典
    培風館 2005 ISBN:4563077887
  • 植物の遺伝子発現
    講談社サイエンティフィック 1995 ISBN:9784061535381
講演・口頭発表等 (209件):
  • イネの表皮分化に必要な受容体型プロテインキナーゼ遺伝子をコードするONION4の同定
    (第59回日本植物生理学会年会 2018)
  • 稲わらの糖化性を高める遺伝子の探索
    (ConBio2017 2017)
  • イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子ONION4の同定
    (ConBio2017 2017)
  • イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子ONION4の同定
    (ConBio2017 2017)
  • 東北大学飛翔型「科学者の卵養成講座」における受講生のアイスブレイクとなる実技課題の効果
    (平成29年度第3回日本科学教育学会研究会(東北支部開催) 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 東北大学 農学研究科
  • - 1990 東北大学 農学部 農学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (1件):
  • 1995/04 - 2007/03 国立遺伝学研究所 助手
委員歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 Plant Biotechnology 編集委員
  • 2016/03 - 第57回日本植物生理学会年会 年会委員(プログラム委員、高校生発表)
  • 2015/11 - 第10回東北育種研究集会 世話人
  • 2014/11 - 2015/09 日本遺伝学会 第87回大会 プログラム委員長
  • 2013/04 - 2014/03 日本育種学会 第125回講演会・総会 大会運営委員(アルバイト募集・管理担当、懇親会担当)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/12/02 - 日本分子生物学会 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞 極長鎖脂肪酸に関連した新たなイネシュート発生突然変異体の解析
  • 2013/04/16 - 文部科学大臣 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 (科学技術賞、理解増進部門) 科学者の卵養成講座による分野横断的科学思考力の普及啓発
  • 2010/09 - 東北大学大学院農学研究科 平成22年度東北大学先端農学研究奨励賞 イネの高糖化性遺伝子の同定と利用
所属学会 (5件):
日本生物工学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本育種学会 ,  日本植物細胞分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る