研究者
J-GLOBAL ID:200901006059385921   更新日: 2014年03月25日

林 正久

ハヤシ マサヒサ | Masahisa Hayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  地理学
研究キーワード (2件): 自然地理学(地形学) ,  Physical Geography
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2005 - 2015 中国地方におけるジオパーク・観光資源としての地形景観のデータ・ファイル作成と環境評価
  • Conservation and Application of Landscape
  • Geomorphological study of Artarctic Holocene History
  • Gemomorphological evolution on the basis of tephrochronology
MISC (18件):
  • 大竹義則, 林正久. 中国地方の地駅環境-4-. 徳山大学総合研究所紀要. 2010. 31
  • 林正久. 寧夏回族自治区の概要と自然条件. 島根地理学会誌. 2008. 43. 2-11
  • 大竹義則, 林正久. 中国地方の地形環境3-広島県-. 徳山大学総合研究所紀要. 2008. 31. 11-38
  • 林正久. 統計資料と地図からみた島根県の平成年間の変化. 島根地理学会誌. 2008. 42. 45-61
  • 大竹義則, 林正久. 中国地方の地形環境2-山口県-. 徳山大学総合研究所紀要. 2008. 30. 1-30
もっと見る
書籍 (4件):
  • 日本の地誌9 中国・四国
    朝倉書店 2005 ISBN:4254167695
  • 日本の地形6 近畿・中国・四国
    東京大学出版会 2004 ISBN:4130647164
  • 絵図でたどる島根の歴史
    島根県立博物館 2004
  • Late Cenozoic Glacial History in the Sφr-Rondane Mountains, East Antarctica.
    Recent progress in Antarctic Earth Science : 1992
講演・口頭発表等 (1件):
  • 松江平野の微地形と2006年7月水害
    (山陰防災フォーラム 2010)
Works (4件):
  • The 34th Japanese Antarctic Research Expedition (Summer Party)
    1992 - 1993
  • The 29th Japanese Antarctic Research Expedition (summer party)
    1987 - 1988
  • The 16th Japanese Antarctic Research Expedition (wintering party)
    1974 - 1976
  • Geographical Investigations into Villages in North India by the University of Hiroshima.
    1972 -
学位 (1件):
  • 文学修士 (広島大学)
委員歴 (2件):
  • 2009 - 2013 島根地理学会 副会長
  • 2009 - 島根大学附属ミュージアム館長2009年~
所属学会 (1件):
島根地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る