研究者
J-GLOBAL ID:200901006092189852   更新日: 2021年04月20日

中野 裕康

ナカノ ヒロヤス | Hiroyasu Nakano
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://tohobiochemi.jp
研究分野 (4件): 病態医化学 ,  実験病理学 ,  免疫学 ,  医化学
研究キーワード (15件): FRET ,  イメージング ,  細胞死 ,  マウス腸炎モデル ,  インターロイキン-11 ,  マウス肝炎モデル ,  DAMPs ,  組織修復 ,  ライブセルイメージング ,  ネクロプトーシス ,  炎症 ,  酸化ストレス ,  TNF ,  NF-kB ,  アポトーシス
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2018 - 2024 肝線維化の改善と肝再生を加速させる新規治療法の開発
  • 2020 - 2023 新規細胞死ネクロプトーシスの新たな制御機構の解明
  • 2017 - 2020 新生児期における上皮バリア維持機構の解明
  • 2017 - 2019 ネクロプトーシスとDAMPs放出のライブセルイメージング
  • 2017 - 2019 ネクロプトーシスとDMAPs放出のライブセルイメージング
全件表示
論文 (135件):
  • Nakabayashi O, Takahashi H, Moriwaki K, Komazawa-Sakon S, Ohtake F, Murai S, Tsuchiya Y, Koyahara Y, Saeki S, Yoshida Y, et al. MIND bomb 2 prevents RIPK1 kinase activity-dependent and -independent apoptosis through ubiquitylation of cFLIPL. Communications Biology. 2021. 4. 1. 80--
  • 中野 裕康, 駒澤 幸子, 進藤 綾大. 胎児期の小腸上皮細胞のネクロプトーシスは3型リンパ球を過剰に活性化し、重篤な回腸炎を誘導する. 臨床免疫・アレルギー科. 2020. 74. 6. 566-572
  • Joanne M. Hildebrand, Maria Kauppi, Ian J. Majewski, Zikou Liu, Allison J. Cox, Sanae Miyake, Emma J. Petrie, Michael A. Silk, Zhixiu Li, Maria C. Tanzer, et al. A missense mutation in the MLKL brace region promotes lethal neonatal inflammation and hematopoietic dysfunction. Nature Communications. 2020. 11. 1
  • Satoru Torii, Hirofumi Yamaguchi, Akira Nakanishi, Satoko Arakawa, Shinya Honda, Kenta Moriwaki, Hiroyasu Nakano, Shigeomi Shimizu. Identification of a phosphorylation site on Ulk1 required for genotoxic stress-induced alternative autophagy. Nature Communications. 2020. 11. 1
  • Takeda W, Nishina T, Deguchi Y, Kawauchi M, Mikami T, Yagita H, Nishiyama C, Nakano H. Stromal fibroblasts produce interleukin 11 in the colon of TNBS-treated mice. Toho J Med. 2020. 6. 3. 111-120
もっと見る
MISC (233件):
特許 (3件):
書籍 (14件):
  • Methods in Molecular Biology
    Springer 2021
  • 阻害剤・活性化剤ハンドブック
    羊土社 2019
  • 細胞死
    化学同人 2019
  • 細胞死
    化学同人 2019
  • 臨床免疫・アレルギー科
    科学評論社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (121件):
  • CFLIPのユビキチン化による新たなアポトーシス抑制機構の解析
    (第93回日本生化学会大会 2020)
  • 細胞死抑制タンパク質cFLIPによる細胞死抑制のメカニズム
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • Fibroblast growth factor (FGF)18 is a biomarker of non-alcoholic steatotic hepatitis
    (AMED-CREST/PRIME Joint International Symposium 2020)
  • Interleukin-11 is a Marker for Both Cancer- and Inflammation-Associated Fibroblasts that Contribute to Colorectal Cancer Progression
    (AMED-CREST/PRIME Joint International Symposium 2020)
  • JunB facilitates development of regulatory T cells by up-regulating IL-2 signaling
    (第48回日本免疫学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1991 - 1995 千葉大学大学院医学研究科 遺伝子制御学
  • 1991 - 1995 千葉大学大学院 博士課程(内科系)
  • - 1995 千葉大学
  • - 1984 千葉大学
  • 千葉大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (千葉大学大学院医学研究科)
経歴 (15件):
  • 2014/12/01 - 現在 東邦大学 医学部 医学科 教授
  • 2014/04/01 - 現在 東邦大学 医学部 医学科 教授
  • 2014/04 - 現在 東邦大学 医学部 生化学講座 教授
  • 2014/04 - 現在 東邦大学
  • 2007/04 - 2014/03 順天堂大学大学院医学研究科 免疫学 助教授・准教授
全件表示
委員歴 (22件):
  • 2019/07 - 現在 日本Cell Death学会 理事長
  • 2018/04 - 現在 日本生化学会 代議員
  • 2015/04 - 現在 日本生化学会 「生化学」企画委員
  • 2015/01 - 現在 日本生化学会 評議委員
  • 2012 - 現在 PLoS ONE Editorial Board Member
全件表示
受賞 (5件):
  • 2008 - 日本医師会医学研究奨励賞
  • 2001/03 - Human Frontier Science Program Young Investigators' Grant Award Signal-dependent regulation of NF-kB activity
  • 2001 - Young Investigator's Grant Award (HFSP)
  • 1999 - いのはな同窓会賞(千葉大学医学部)
  • 1996/06 - 千葉大学医学部 いのはな同窓会学術賞
所属学会 (6件):
日本Cell Death学会 ,  日本生化学会 ,  日本がん学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本免疫学会 ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る