研究者
J-GLOBAL ID:200901006111575246   更新日: 2024年07月16日

荒船 竜一

アラフネ リュウイチ | Arafune Ryuichi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 磁性、超伝導、強相関系 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (5件): 表面振動励起非弾性過程 ,  超低エネルギー光電子分光 ,  Inelastic scattering ,  Laser Photoemission ,  Surface Science
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2022 - 2025 モアレ構造中の光励起された電子ダイナミクスに関する分光学的研究
  • 2020 - 2022 仕事関数測定による表面吸着分子の非平衡電子ダイナミクス解析
  • 2018 - 2021 表面光励起スピン流の生成・制御に関する分光学的研究
  • 2013 - 2018 分子アーキテクトニクスの土台となるヘテロシステムの構築と量子物性の探索
  • 2015 - 2016 光励起電子のスピン軌道相互作用の直接観測:オプト・スピントロニクスの実現に向けて
全件表示
論文 (86件):
  • Meng-Kai Lin, Guan-Hao Chen, Ciao-Lin Ho, Wei-Chen Chueh, Joseph Andrew Hlevyack, Chia-Nung Kuo, Tsu-Yi Fu, Juhn-Jong Lin, Chin Shan Lue, Wen-Hao Chang, et al. Tip-Mediated Bandgap Tuning for Monolayer Transition Metal Dichalcogenides. ACS Nano. 2022. 16. 9. 14918-14924
  • Wan-Hsin Chen, Naoya Kawakami, Jhe-Jhih Lin, Hsiang-I Huang, Ryuichi Arafune, Noriaki Takagi, Chun-Liang Lin. Noncentrosymmetric characteristics of defects on WTe2. Physical Review B. 2022. 106. 7
  • Pratyay Amrit, Naoya Kawakami, Yen-Yu Lai, Ryuichi Arafune, Noriaki Takagi, Chun-Liang Lin. Scanning Tunneling Microscopy-Based Inelastic Electron Tunneling Spectroscopy Study of the FePc 2D Lattice on Au(111) at 77 K. The Journal of Physical Chemistry C. 2022
  • Naoya Kawakami, Ryuichi Arafune, Emi Minamitani, Kazuaki Kawahara, Noriaki Takagi, Chun-Liang Lin. Anomalous dewetting growth of Si on Ag(111). Nanoscale. 2022
  • Hiroki Waizumi, Muhammad Shamim Al Mamun, Tsuyoshi Takaoka, Md Iftekharul Alam, Yudai Tanaka, Atsushi Ando, Zhipeng Wang, Ryuichi Arafune, Tadahiro Komeda. Large difference of doping behavior of tetracyanoquinodimethane (TCNQ) and 2,3,5,6-Tetrafluoro-7,7,8,8- tetracyanoquinodimethane (F4-TCNQ) on field effect transistor with channel of atomic layer MoS2. Applied Surface Science. 2022. 571. 151252-151252
もっと見る
MISC (12件):
  • 川原 一晃, 白澤 徹郎, 林 俊良, 長尾 遼, 塚原 規志, 高橋 敏男, 荒船 竜一, 川合 眞紀, 高木 紀明. 19aAR-3 Ag(111)単結晶上に作製した多層シリセンの構造. 日本物理学会講演概要集. 2016. 71. 0. 2482-2482
  • 中澤 武夫, 荒船 竜一, 高木 紀明, 川合 真紀. 7aAS-5 高分解2光子光電子分光によるAu(001)の表面電子状態の観察(7aAS 表面界面電子物性,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 632-632
  • 森田 和孝, 荒船 竜一, 中澤 武夫, 高木 紀明, 川合 眞紀. 10aAS-12 角度分解非弾性光電子分光装置の構築と評価(10aAS 表面界面ダイナミクス/水素ダイナミクス,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 676-676
  • 森田 和孝, 荒船 竜一, 中澤 武夫, 高木 紀明, 川合 眞紀. 26pPSA-45 CO/Cu(001)表面の角度分解非弾性光電子分光(26pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2013. 68. 1. 979-979
  • 中澤 武夫, 荒船 竜一, 高木 紀明, 川合 真紀. 18pFE-9 角度分解高エネルギー分解能2光子光電子分光による表面電子鏡像状態(18pFE 表面界面電子物性・トポロジカル表面,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2012. 67. 2. 815-815
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1998 東北大学 工学研究科 電子工学
  • - 1995 東北大学 工学研究科 電子工学
  • - 1994 東北大学 工学部 電子工学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 客員教授
  • 2017/04 - 現在 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究センター 主任研究員
  • 2010/04 - 2017/03 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究センター 独立研究者
  • 2006/10 - 2010/03 科学技術振興機構 さきがけ研究員
  • 2005 - 2006 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 産学官連携研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2008 - 第20回 日本表面科学会 論文賞
  • 2005 - 第52回 応用物理学関係連合講演会 講演奨励賞
所属学会 (4件):
American Physical Society ,  応用物理学会 ,  日本表面科学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る