研究者
J-GLOBAL ID:200901006140950501   更新日: 2019年12月14日

來住 直人

キシ ナオト | NAOTO KISHI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.opt.cei.uec.ac.jp/kishi.htmlhttp://www.opt.cei.uec.ac.jp/kishi.html
研究分野 (3件): 電子デバイス・電子機器 ,  通信・ネットワーク工学 ,  光工学・光量子科学
研究キーワード (6件): 光通信方式・機器 ,  非線形光学 ,  光ファイバ光学 ,  Optical communication systems and equipment ,  Nonlinear optics ,  fibre optics
論文 (172件):
  • Taiga Saito, Fang Shang, and Naoto Kishi. Stokes-vector-based discriminator for distinguishing coniferous and broad-leaved forests with L band POLSAR data. International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2019). 2019. WEP1.PD1
  • Fang Shang, Naoto Kishi, and Akira Hirose. Degree of polarization-based data filter for fully polarimetric synthetic aperture radar. IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing. 2019. 57. 6. 3767-3777
  • 松本浩希, 來住直人. 高次の四光波混合を用いたNRZ-to-RZ変換及び波長マルチキャスト. 電子情報通信学会論文誌B. 2018. J101-B. 12. 1055-1057
  • Masanari Sugita, Naoto Kishi, and Fang Shang. Automatic-zooming-type window size optimization for PolSAR data Interpretation. International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2018). 2018. WEP1.PD1
  • Irneza Ismail1, Naoto Kishi, Wan Zakiah Wan Ismail, Musab Sahrim, Juliza Jamal. DPSK OTDM demultiplexing using flexible pulse clock from Raman amplifier-Soliton compressor. Advanced Science Letters. 2018. 24. 3. 1676-1679
もっと見る
MISC (4件):
  • 來住直人. 光ファイバ通信. 電子情報通信学会東京支部学生会会報. 2014. 19. 13-18
  • Naoto Kishi. Optical fiber communication systems: an essential infrastructure for 21st century. Information and Communication Technology Review (Computer Association of Nepal). 2001. 1. 2. 10-13
  • 來住直人. 光ファイバを用いたパッシブデバイス. オプトロニクス. 2000. 154-158
  • 來住直人. 光ファイバの非線形現象とその応用(講座「非線形分光法:原理と応用」. 分光研究. 1998. 47. 6. 286-298
特許 (1件):
  • 光ファイバ形位相素子
書籍 (2件):
  • 非線形分光法
    日本分光学会 1999
  • 電子材料ハンドブック
    朝倉書店 2006
講演・口頭発表等 (170件):
  • 平面回路のポイントマッチング解析法
    (昭和58年度電子通信学会総合全国大会 1983)
  • 多重コア光ファイバ結合特性の群論・ポイントマッチング法による解析
    (電子通信学会技術研究報告 1984)
  • 多重コア光ファイバ結合特性のヒュッケル近似法による解析
    (電子通信学会技術研究報告 1984)
  • グリーン関数を用いない境界積分法定式化の提案
    (電気学会/電子通信学会研究会資料 8 1985)
  • グリーン関数を用いない境界積分法(第2報) - 光ファイバの固有モード解析への適用 -
    (電気学会/電子通信学会研究会資料 1985)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1975 - 1978 東京都立府中東高等学校 全日制普通科
  • - 1982 電気通信大学 電気通信学部 応用電子工学科
  • 1982 - 1984 電気通信大学 電気通信学研究科 応用電子工学専攻
  • 1984 - 1987 東京大学 工学系研究科 電子工学専攻
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京大学)
  • 工学修士 (電気通信大学)
経歴 (9件):
  • 1987/04/01 - 1990/03/31 電気通信大学電子工学科 助手
  • 1990/03/30 - 1991/09/29 サウスハンプトン(Southampton)大学 海外研究員
  • 1990/04/01 - 1992/09/30 電気通信大学電子工学科 講師
  • 1992/10/01 - 1999/03/31 電気通信大学電子工学科 助教授
  • 1999/04/01 - 2007/03/31 電気通信大学情報通信工学科 助教授
全件表示
受賞 (3件):
  • 2011/03/22 - 電気通信普及財団 第26回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
  • 2005/12/16 - Fourth Interrnational Conference on Optical Communications and Networks ICOSN2005 Good quality paper award Thailand
  • 1989/03/30 - 電子情報通信学会学術奨励賞
所属学会 (4件):
米国光学会 ,  日本光学会 ,  米国電気電子工学協会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る