研究者
J-GLOBAL ID:200901006181933590   更新日: 2021年06月10日

五島 敦子

ゴシマアツコ | Goshima Atsuko
ホームページURL (1件): https://porta.nanzan-u.ac.jp/research/view?l=ja&u=101282
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (7件): サービス・ラーニング&コミュニティ・エンゲージメント ,  比較教育学 ,  大学拡張(大学開放) ,  高等教育 ,  生涯学習 ,  教育史 ,  継続教育
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 アメリカ高等教育におけるコミュニティ・エンゲージメントの評価に関する研究
  • 2015 - 2019 1930年代アメリカ高等教育における大学拡張部の意義
  • 2012 - 2015 アメリカ高等教育における知的財産権のガバナンスに関する歴史研究
  • 2011 - 2015 知識基盤社会におけるアカデミック・インテグリティ保証に関する国際比較研究
  • 2009 - 2011 アメリカにおける産学官連携組織の形成過程と教育的機能
全件表示
論文 (35件):
  • 五島 敦子. 米国大学における地域連携専門職の専門能力開発 : キャンパス・コンパクトの資格認定プログラムを中心に. アカデミア. 人文・自然科学編 = Academia. Humanities and natural sciences. 2021. 21. 169-178
  • 五島 敦子. 「チーム学校」を志向する「教職入門」の指導法 : 教師の役割と働き方の理解を中心に. 南山大学 教職センター紀要 = The Nanzan Journal of Teacher Education. 2020. 5. 31-42
  • 五島 敦子, GOSHIMA Atsuko. 米国大学における成人学生の学修支援 : 学位取得の阻害要因とその対策. 名古屋高等教育研究. 2020. 20. 275-296
  • 五島敦子. 2017-2019 年米国ウィスコンシン大学システムの再編 - UW-エクステンション解体の背景を中心に -. UEJ ジャーナル(全日本大学開放推進機構). 2019. 31. 18-30
  • 五島 敦子. 米国高等教育におけるサービス・ラーニングの発展と課題 : 大学教員に対する支援に注目して (特集 大学のサービス・ラーニング). 比較教育学研究 = Comparative education : bulletin of the Japan Comparative Education Society. 2019. 59. 100-119
もっと見る
MISC (5件):
  • 五島 敦子. グローバル化時代の大学開放 : 日米の展開 (特集 ユニバーシティ・エクステンション : 大学教育の開放を中心に). 大学時報. 2012. 61. 343. 50-55
  • 五島敦子. 図書紹介:OECD編、立田慶裕監訳『世界の生涯学習』. 『日本社会教育学会紀要』(日本社会教育学会). 2011. 47. 134-135
  • 五島 敦子. "Learning Community"形成をめざすICT利用--「比較教育学」を事例として (人材育成のための授業紹介--教育学). 大学教育と情報. 2009. 18. 1. 14-16
  • 五島 敦子. ハロルド・W・スタブルフィールド、パトリック・キーン 著, 小池 源吾、藤村 好美 監訳『アメリカ成人教育史』. 教育学研究. 2008. 75. 1. 123-124
  • 五島敦子. 20世紀初頭アメリカにおける大学と社会-コミュニティ・インスティテュートを中心に. 『多元文化国家米国における学校の公共性議論に関する史的研究』(平成13-15年度科学研究費補助金基礎研究B(1)課題番号B410073、東北大学大学院教育学研究科). 2004. 113-129
書籍 (8件):
  • 大学はコミュニティの知の拠点となれるか:少子化・人口減少時代の生涯学習
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:4623077772
  • 高等教育の社会学 (高等教育シリーズ)
    玉川大学出版部 2015 ISBN:4472405148
  • 研究倫理の確立を目指して: 国際動向と日本の課題
    東北大学出版会 2015 ISBN:4861632595
  • 現代教育の争点・論点
    一藝社 2015 ISBN:4863590911
  • 西洋世界と日本の近代化-教育文化交流史研究
    大学教育出版 2010 ISBN:4887309961
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 米国の大学における地域連携専門職の職能開発:-キャンパス・コンパクトの取り組みに注目して-
    (日本教育学会大會研究発表要項 第79回大会 2020)
  • 米国大学における成人向け教育プログラムの展開と課題
    (名古屋大学高等教育研究センター第168回招聘セミナー 2019)
  • 米国高等教育におけるサービス・ラーニングとコミュニティ・エンゲージメント
    (日本比較教育学会第55回大会(東京外国語大学) 2019)
  • Technology Transfer in the American Public Research University after the First World War.
    (The 58 th Annual Meeting of the History of Education Society(Albuquerque, NM, USA) 2018)
  • アメリカにおける成人学生の学修支援
    (日本高等教育学会第21回大会(桜美林大学) 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 大学院社会人課程の動向-研究調査の成果と動向(共著)『民間・行政・学校の教育体系と大学院社会人修士課程-大学院における高度専門職業人養成システムに関する研究開発報告書』(名古屋大学教育学部教育学研究科)54-78
    2000 -
学歴 (2件):
  • - 2003 名古屋大学 教育科学専攻 博士(教育学)
  • - 1997 名古屋大学 教育科学専攻 修士(教育学)
学位 (2件):
  • 修士 (名古屋大学)
  • 博士 (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 南山大学 教職センター 教授
  • 2018/01 - 2018/09 東京大学大学院 教育学研究科 私学研修員
  • 2010/04 - 2018/03 南山大学 短期大学部 教授
  • 2017/03 - 2017/12 University of Wisconsin-Madison School of Education 客員研究員
  • 2006/04 - 2010/03 南山短期大学 英語科 准教授
所属学会 (7件):
日本比較教育学会 ,  History of Education Society(USA) ,  日本高等教育学会 ,  日本教育学会 ,  日本社会教育学会 ,  中部教育学会 ,  教育史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る