研究者
J-GLOBAL ID:200901006196361827   更新日: 2021年01月17日

森 利之

モリ トシユキ | Mori Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
ホームページURL (2件): https://samurai.nims.go.jp/profiles/mori_toshiyuki?locale=jahttps://samurai.nims.go.jp/profiles/mori_toshiyuki?locale=en
研究分野 (2件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (12件): エネルギー材料 ,  電極触媒反応 ,  三相界面 ,  燃料電池材料界面設計 ,  酸化物イオン伝導, プロトン伝導 ,  格子欠陥 ,  燃料電池 ,  セラミックス ,  Lattice defect ,  Fuel Cell ,  Oxide ionic conduction ,  Ceramics
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 環境低負荷電極触媒材料に関する研究
  • 高分子形燃料電池デバイス内機能性界面設計と創製に関する研究
  • 中温域動作酸化物形燃料電池内機能性界面設計と創製に関する研究
論文 (305件):
もっと見る
MISC (98件):
特許 (158件):
書籍 (9件):
  • XAFS/EELSによる局所構造解析
    (株)情報機構 2014 ISBN:9784865020717
  • Handbook of Sustainable Engineering
    Springer Publishing Company, (New York, NY 10036) 2013 ISBN:9781402089404
  • Rare Earths: New Research
    Nova Science Publishers, Inc. 2013 ISBN:9781626189966
  • Current Microscopy Contributions to Advances in Science and Technology
    Formatex Research Center, (Zurbarán, 06002 Badajoz, Spain) 2012 ISBN:9788493984366
  • 環境・エネルギー材料ハンドブック
    株式会社オーム社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • Active site design on Ni in the anode of intermediate temperature solid oxide fuel cells using small amount of PtOx or FeOx
    (28th Annual Meeting of MRS-J, Kokura (Fukuoka) 2018)
  • Active site design in anode layer for development of high quality intermediate temperature operation SOFCs
    (ICEAN 2018, Newcastle, Australia 2018)
  • Design of promotion effects of CeOx on Pt electrodes in PEFCs
    (International Union Materials Research Society -ICEM 2018, Daejeon, Korea 2017)
  • Improving of anode activity in solid oxide fuel cell by deposition of negligible amount of platinum group metal oxides (PtOx, PdOx, RhOx and RuOx)
    (International Union Materials Research Society -ICAM 2017, Kyoto, Japan 2017)
  • Effect of addition of small amount of mixed conducting promotor and formation of Frenkel defect clusters on improvement of anode activity for IT-SOFC application
    (International Union Materials Research Society -ICAM 2017, Kyoto, Japan 2017)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1993 - 博士(工学)(埼玉大学)
  • 1984 - 1986 埼玉大学理工学研究科 応用化学専攻
  • 1980 - 1984 埼玉大学 応用化学科
  • Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Saitama University
  • Applied Chemistry, Graduate School, Saitama University
学位 (1件):
  • 博士(工学) (埼玉大学)
経歴 (11件):
  • 2016/04 - 2021/03 物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 上席研究員
  • 2011/04 - 2016/03 物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 電池材料ユニット 燃料電池材料グループ グループリーダー/ 主席研究員
  • 2006/04 - 2011/03 物質・材料研究機構 燃料電池材料センター 副センター長 ナノイオニクス材料グループ グループリーダー/ 主席研究員
  • 2003/04 - 2006/03 物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター 主席研究員
  • 2002/04 - 2003/03 物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター 主幹研究員
全件表示
委員歴 (29件):
  • 2020/07 - 2021/03 クイーンズランド大学 (豪州)電子顕微鏡センター 客員教授 (Adjunct Professor)
  • 2019/07 - 2020/06 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価員
  • 2013/08 - 2020/03 筑波大学 大学院 数理物質科学研究科 学際物質科学研究センター・ 環境エネルギー材料研究拠点 客員教授
  • 2009/04 - 2020/03 日本MRS 常任理事 (副会長:2009.04-2019.06)
  • 2017/08 - 2018/07 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価委員(面接審査担当の専門委員)並びに特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員 委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2010/05 - Solid State Ionics The Best Poster Award Dislocation associated incubational domian formation in lightly gadolinium doped ceria
  • 2007/07 - Materials Research Society, Singapore Best Poster Award Study of Rh doped SnO2 nano-catalyst for low temperature CO oxidation
  • 2007/07 - Solid State Ionics The SSI-16 best poster award Intragranular segregation of dopant cations and ordering of oxygen vacancies in gadolium-doped ceria
  • 2005/07 - International conference on Ecomaterials Award for Outstanding Work Oxide supported Pd catalysts for low temperature catalytic CO oxidation
  • 2001/03 - 科学技術長 注目発明表彰 水質浄化触媒及びその製造方法
全件表示
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本マテリアルリサーチソサエティー
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る