研究者
J-GLOBAL ID:200901006263502120   更新日: 2019年11月17日

蘭 由岐子

アララギ ユキコ | ARARAGI, Yukiko
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 現在 何が「被害」の連帯を可能にするのか-「薬害HIV」問題の日英比較
  • 2015 - 2020 ハンセン病問題の多声的記述-「和解の時代」の研究展開
  • 2015 - 現在 血友病医療における病院と在宅をつなぐ看護ケアの検討
  • 2013 - 2016 「薬害教育」に向けた多声的「薬害」概念の提起
  • 2011 - 2015 ハンセン病問題の新視角-〈隔離〉の知から〈つながり〉の知へ
全件表示
MISC (26件):
  • スウェーデンにおける婚姻外同棲の法的地位. 家政学研究. 1982. 29. 1. 70-74
  • 人口分析にもとづく天草漁村の考察-御所浦町を事例として. 熊本開発. 1985. 44. 32-43
  • On the Frameworks of Ethnomethodology. Bullitin of Kyushu Women's University. 1995. 31. 1-10
  • ハンセン病療養所に関する予備的考察-その制度的側面を中心として. 九州女子大学紀要. 1996. 32. 3. 1-19
  • 元ハンセン病患者の「生きられた世界」. 1996. 33. 1. 1-29
もっと見る
書籍 (12件):
  • 都市移住の社会学
    世界思想社 1994
  • フィールドワークの経験
    2000
  • 情報生活のリテラシー
    朝倉書店 2002
  • 実践のフィールドワーク
    せりか書房 2002
  • ソーシャルワーカーのための社会学
    有斐閣 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • 家族論の現在
    (第34回日本家政学会九州支部総会 1987)
  • 質的調査の可能性-グラウンディッド・セオリーの枠組みとその意義
    (第40回日本家政学会九州支部総会 1993)
  • ハンセン病療養所入所者にとっての「家族」
    (日本家族社会学会第6回大会 1996)
  • 「生」の深淵-ハンセン病療養所での研究から
    (国立療養所大島生生園附属准看護学校閉校式 1999)
  • ハンセン病という「病いの経験」
    (第71会日本ハンセン病学会総会・学術大会 1999)
もっと見る
Works (16件):
  • ハンセン病療養所入所者と「家族」
    1998 -
  • ハンセン病療養所に関する実証的研究
    1999 -
  • 「生」の深淵-ハンセン病療養所での研究から
    2000 -
  • 戦争花嫁はオーストラリアをいかに生きたか
    蘭信三、<U>蘭由岐子</U> 2001 -
  • ハンセン病者の「病いの経験」に関する研究
    2003 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 家政学修士 (奈良女子大学)
  • 博士(学術)第112号 (奈良女子大学)
経歴 (7件):
  • 1994/04 - 1999/03 九州女子大学 家政学部 講師
  • 1983/04 - 1999/04 熊本大学 医療技術短期大学部 非常勤講師
  • 1999/04 - 2005/03 賢明女子学院短期大学 家政科 助教授
  • 2005/04 - 2012/03 神戸市看護大学 看護学部看護学科 助教授・准教授
  • 2014/04/01 - 2018/03/31 追手門学院大学 大学院 文学研究科 社会学専攻 教授
全件表示
所属学会 (5件):
日本保健医療社会学会 ,  日本ハンセン病学会 ,  日本家族社会学会 ,  関西社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る