研究者
J-GLOBAL ID:200901006476455185   更新日: 2019年12月06日

福間 剛士

フクマ タケシ | FUKUMA Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授・所長
ホームページURL (1件): http://fukuma.w3.kanazawa-u.ac.jp
研究分野 (2件): 薄膜・表面界面物性 ,  ナノ材料・ナノバイオサイエンス
研究キーワード (4件): ナノバイオサイエンス ,  ナノテクノロジー ,  原子間力顕微鏡 ,  一分子計測
論文 (99件):
  • Takahashi Y, Kobayashi Y, Wang Z, Ito Y, Ota M, Ida H, Kumatani A, Miyazawa K, Fujita T, Shiku H, Korchev YE, Miyata Y, Fukuma T, Chen M, Matsue T. High Resolution Electrochemical Mapping of Hydrogen Evolution Reaction on Transition Metal Dichalcogenide Nanosheets. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2019
  • Miyata Kazuki, Kawagoe Yuta, Tracey John, Miyazawa Keisuke, Foster Adam S., Fukuma Takeshi. Variations in Atomic-Scale Step Edge Structures and Dynamics of Dissolving Calcite in Water Revealed by High-Speed Frequency Modulation Atomic Force Microscopy. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C. 2019. 123. 32. 19786-19793
  • Sakamoto H, Koto A, Takamura EI, Asakawa H, Fukuma T, Satomura T, Suye SI. Development of Biofuel Cell Using a Complex of Highly Oriented Immobilized His-Tagged Enzyme and Carbon Nanotube Surface Through a Pyrene Derivative. Journal of nanoscience and nanotechnology. 2019. 19. 6. 3551-3557
  • Takahashi Y, Zhou Y, Fukuma T. [In situ chemical sensing by using scanning probe microscope]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2019. 153. 6. 267-272
  • Zhou Y, Saito M, Fukuma T, Takahashi Y. [Unlabeled imaging of primary cilia by scanning ion conductance microscopy]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2019. 154. 4. 192-196
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
特許 (15件):
  • 走査型プローブ顕微鏡及びそれを用いた細胞表面の観察方法
  • 信号検出回路及び走査型プローブ顕微鏡
  • 電位計測装置、及び原子間力顕微鏡
  • 液中電位計測装置、及び、原子間力顕微鏡
  • カンチレバー励振装置及び走査型プローブ顕微鏡
もっと見る
書籍 (8件):
  • Applied Scanning Probe Methods VIII - Scanning Probe Microscopy Techniques
    Springer 2008
  • Noncontact Atomic Force Microscopy・Volume 2
    Springer 2009
  • Atomic Force Microscopy in Liquid
    WILEY-VCH 2012
  • 先端バイオマテリアルハンドブック
    NTS 2012
  • Nanoscale Liquid Interfaces
    Pan Stanford Publishing 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (112件):
  • Biological Applications of Atomic Force Microscopy in Liquid
    (Microscopical Society of Ireland 29th Annual Symposium 2005)
  • Instrumentation and Biological Applications of Dynamic Force Microscopy
    (Frontiers in Microscopy 2006)
  • Direct Visualization of Water/Lipid Interface by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy at Sub-Angstrom Resolution
    (Frontiers in Scanning Probe Microscopy 2006)
  • Direct Imaging of Water/Lipid Interface by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy at Sub-Angstrom Resolution
    (Kanazawa Workshop on Atomic Force Microscopy 2007)
  • Nanoscale Characterization of Protein Aggregates and Nanofibers
    (The 6th International Symposium on Atomic Level Characterizations for NewMaterials and Devices '07 2007)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1999 京都大学 工学部 電気電子工学科
  • 1999 - 2000 京都大学 工学研究科 電子物性工学専攻修士課程
  • 2000 - 2003 京都大学 工学研究科 電子物性工学専攻博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2001 - 2003 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2003 - 2004 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2004 - 2005 京都大学工学研究科 21世紀COEプログラム博士研究員
  • 2005 - 2007 トリニティ・カレッジ・ダブリン 主任研究員
  • 2007 - 2012 金沢大学フロンティアサイエンス機構 准教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2012/04 - 現在 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 運営委員
  • 2010/03 - 現在 The Center for Nanophase Materials Sciences (CNMS), USA Proposal Review Committee Member
受賞 (9件):
  • 2019/11 - 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 ナノプローブテクノロジー賞 液中高分解能AFM技術の高速化と多機能化
  • 2019/02 - 日本学術振興会 日本学術振興会賞 高分解能液中原子間力顕微鏡技術の開発とそのサブナノスケール固液界面研究への応用
  • 2017/10 - 北國新聞社 第71回北國文化賞
  • 2011/04 - 文部科学省 平成23年度文部科学大臣表彰若手科学者賞 ナノバイオ界面現象の原子スケールイメージング技術の研究
  • 2010/01 - 日本MRS 第19回日本MRS学術シンポジウム奨励賞 周波数変調原子間力顕微鏡によるナノバイオ界面の可視化
全件表示
所属学会 (2件):
日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る