研究者
J-GLOBAL ID:200901006476455185   更新日: 2021年04月01日

福間 剛士

フクマ タケシ | Fukuma Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授・所長
ホームページURL (1件): http://fukuma.w3.kanazawa-u.ac.jp
研究分野 (3件): 薄膜、表面界面物性 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (8件): 一分子計測 ,  原子間力顕微鏡 ,  ナノテクノロジー ,  ナノバイオサイエンス ,  Single molecule measurements ,  Atomic Force Microscopy ,  Nanotechnology ,  Nanoscale Biology
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • Development of high-resolution atomic force microscopy technologies for applications for biophysics
論文 (121件):
  • Takahiko Ikarashi, Takumi Yoshino, Naoki Nakajima, Kazuki Miyata, Keisuke Miyazawa, Ygor Morais Jaques, Adam S. Foster, Megumi Uno, Chikako Takatoh, Takeshi Fukuma. Inhibition of Silica Nanoparticle Adhesion to Poly(vinyl alcohol) Surfaces by Ammonia-Mediated Hydration: Implications for Effective Post-Chemical-Mechanical Planarization Cleaning. ACS Applied Nano Materials. 2021. 4. 1. 71-83
  • Kazuki Shigyou, Linhao Sun, Riku Yajima, Shohei Takigaura, Masashi Tajima, Hirotoshi Furusho, Yousuke Kikuchi, Keisuke Miyazawa, Takeshi Fukuma, Azuma Taoka, et al. Geometrical Characterization of Glass Nanopipettes with Sub-10 nm Pore Diameter by Transmission Electron Microscopy. Analytical chemistry. 2020. 92. 23. 15388-15393
  • Kaito Hirata, Takumi Igarashi, Keita Suzuki, Keisuke Miyazawa, Takeshi Fukuma. Wideband Magnetic Excitation System for Atomic Force Microscopy Cantilevers with Megahertz-Order Resonance Frequency. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Marcos Penedo, Ayhan Yurtsever, Keisuke Miyazawa, Hirotoshi Furusho, Kiyo-Aki Ishii, Takeshi Fukuma. Photothermal excitation efficiency enhancement of cantilevers by electron beam deposition of amorphous carbon thin films. Scientific reports. 2020. 10. 1. 17436-17436
  • Lei Yang, Takumi Igarashi, Yu Cao, Eero Holmström, Kaito Hirata, Hitoshi Asakawa, Teruhisa Ohno, Takeshi Fukuma, Adam S. Foster. Photo-sensitive 2D Arrangement of -OH/H2O on Brookite TiO2(210). The Journal of Physical Chemistry C. 2020. 124. 35. 19091-19100
もっと見る
MISC (20件):
もっと見る
特許 (15件):
  • 走査型プローブ顕微鏡及びそれを用いた細胞表面の観察方法
  • 基板洗浄装置及び基板洗浄方法
  • 信号検出回路及び走査型プローブ顕微鏡
  • 液中原子間力顕微鏡
  • 電位計測装置、及び原子間力顕微鏡
もっと見る
書籍 (8件):
  • Encyclopedia of Interfacial Chemistry Surface Science and Electrochemistry
    Elsevier 2018
  • Noncontact Atomic Force Microscopy Volume 3
    Springer 2015
  • Nanoscale Liquid Interfaces
    Pan Stanford Publishing 2013
  • Fundamentals of Picoscience
    CRC Press 2013
  • Atomic Force Microscopy in Liquid
    WILEY-VCH 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (118件):
  • 液中AFMによる界面現象や生命現象のオペランド計測と「次世代」の方向性
    (JST-CRSD科学技術未来戦略ワークショップ 2020)
  • Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM
    (The Virtual Symposium on Scanning Probe Microscopy: Current Status and Future Trends 2020)
  • Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM
    (Virtual RMS AFM & SPM Meeting 2020)
  • Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM
    (The 8th Multifrequency Conference 2020)
  • 3次元AFMによるサブナノスケール液中計測技術の発展と展望
    (日本学術振興会水の先進理工学第183委員会第52回研究会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 京都大学 電子物性工学専攻博士後期課程
  • - 2003 京都大学
  • 1999 - 2000 京都大学 電子物性工学専攻修士課程
  • 1995 - 1999 京都大学 電気電子工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 金沢大学 ナノ生命科学研究所 所長/教授
  • 2017/10 - 現在 金沢大学新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所 教授・所長
  • 2012/04 - 2017/09 金沢大学理工研究域電子情報学系 教授
  • 2007 - 2012 -: 金沢大学フロンティアサイエンス機構 准教授
  • 2005 - 2007 : トリニティ・カレッジ・ダブリン 主任研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 応用物理学会薄膜表面分科会 幹事
  • 2012/04 - 現在 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 運営委員
  • 2010/03 - 現在 The Center for Nanophase Materials Sciences (CNMS), USA Proposal Review Committee Member
受賞 (14件):
  • 2021/03 - 金沢大学 功労表彰
  • 2019/11 - 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 ナノプローブテクノロジー賞 液中高分解能AFM技術の高速化と多機能化
  • 2019/02 - 日本学術振興会 日本学術振興会賞 高分解能液中原子間力顕微鏡技術の開発とそのサブナノスケール固液界面研究への応用
  • 2017/10 - 北國新聞社 第71回北國文化賞
  • 2011/04 - 文部科学省 平成23年度文部科学大臣表彰若手科学者賞 ナノバイオ界面現象の原子スケールイメージング技術の研究
全件表示
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る