研究者
J-GLOBAL ID:200901006609330933   更新日: 2020年09月01日

上田 宏

ウエダ ヒロシ | Ueda Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 連携研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 水圏生命科学
研究キーワード (5件): 神経生理 ,  生殖内分泌 ,  魚類生理学 ,  環境生物学 ,  Fish Biology
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2022 七尾湾におけるトラフグの嗅覚による産卵場の選択に関する研究
  • 2012 - 2017 サケの母川水ニオイに対する嗅覚記憶脳内分子に関する研究
  • 2012 - 2014 サケ産卵時の心拍停止・再開機構に関する研究
  • 2006 - 2009 サケの嗅覚機能を指標とした母川水識別機構に関する研究
  • 2009 - Physiological Research on Imprinting and Homing Mechanisms in Salmon
全件表示
論文 (170件):
  • 上田 宏. Sensory mechanisms of natal stream imprinting and homing in Oncorhynchus spp. Journal of Fish Biology. 2019. 95. 293-303
  • Mizuno S, Urawa S, Miyamoto M, Hatakeyama M, Koide N, Ueda H. Experimental evidence on prevention of infection by the ectoparasitic protozoans Ichthyobodo salmonis and Trichodina truttae in juvenile chum salmon using ultraviolet disinfection of rearing water. Journal of Fish Diseases. 2019. 42. 129-140
  • 上田 宏. Migration and Navigation in Fish. Encyclopedia of Reproduction, 2nd Edition. 2018
  • Mizuno S, Urawa S, Miyamoto M, Hatakeyama M, Sasaki Y, Koide N, Tada S, Okubo T, Inada K, Ueda H. Effects of dietary supplementation with oregano essential oil on prevention of the ectoparasitic protozoans Ichthyobodo salmonis and Trichodina truttae in juvenile chum salmon Oncorhynchus keta. Journal of Fish Biology. 2018. 93. 528-539
  • Shinya Mizuno, Shigehiko Urawa, Mahito Miyamoto, Hayato Saneyoshi, Makoto Hatakeyama, Nobuhisa Koide, Hiroshi Ueda. Epizootiology of the ectoparasitic protozoans Ichthyobodo salmonis and Trichodina truttae on wild chum salmon Oncorhynchus keta. DISEASES OF AQUATIC ORGANISMS. 2017. 126. 2. 99-109
もっと見る
MISC (48件):
  • 上田 宏. 神経科学の素朴な疑問:サケが生まれた川に戻れるのはなぜですか?. Clinical Neuroscience. 2019. 37. 1146-1147
  • 上田 宏. サケと河川の関わり. 会報河川文化. 2019. 86. 8-9
  • 上田 宏. トラフグの産卵回遊メカニズム. 金沢大学環日本海域環境研究センターニュースレター. 2018. 8. 1
  • Hiroshi Ueda, Shingo Nakamura, Taro Nakamura, Kaoru Inada, Takashi Okubo, Naohiro Furukawa, Reiichi Murakami, Shigeo Tsuchida, Yonathan Zohar, Kotaro Konno, et al. Involvement of hormones in olfactory imprinting and homing in chum salmon (vol 6, 21102, 2016). SCIENTIFIC REPORTS. 2016. 6
  • 上田 宏. 太平洋サケの母川記銘・回帰行動の生理機構. 海洋と生物. 2015. 37. 6. 563-568
もっと見る
書籍 (38件):
  • Physiological Aspects of Imprinting and Homing Migration in Salmon: Emerging Research and Oppotunities
    2020 ISBN:9781799820543
  • サケの記憶
    東海大学出版部 2016
  • Physiology and Ecology of Fish Migration
    CRC Press 2013
  • サケ学大全
    2013
  • Swimming Physiology of Fish
    Springer-Verlag 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • サケの生物学-生まれた川(母川)に帰る不思議-
    (早稲田大学エクステンションセンター(東京都) 2020)
  • サケと石狩川の望ましい関係
    (UHB大学一般教育講座 2019)
  • Mystery of homing migration in Pacific salmon; Sensory mechanisms of natal steam imprinting and homing.
    (34th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Ocean, 2019. Mombetsu, Hokkaido, Japan 2019)
  • 太平洋サケの母川記銘・回帰機構に関する研究(平成29年度日本水産学会賞受賞講演)
    (平成30年度日本水産学会春季大会 2018)
  • Recent research and management of Japanese chum salmon propagation in a changing climate
    (Oregon Chapter of the American Fisheries Society, 54th Annual Meeting, Hilton Eugene, Oregon, USA 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1975 - 1980 北海道大学 水産増殖学専攻
  • 1971 - 1975 北海道大学 水産増殖学科
学位 (2件):
  • 水産学博士 (北海道大学)
  • 医学博士 (産業医科大学)
経歴 (13件):
  • 2017/05 - 現在 金沢大学 環日本海域環境研究センター 連携研究員
  • 2017/04 - 現在 公益社団法人北海道栽培漁業振興公社 技術顧問
  • 2015/04 - 現在 北海道大学 名誉教授
  • 2015/04 - 2017/03 北海道大学 大学院環境科学院 特任教授
  • 2015/04 - 2017/03 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 特任教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2020/06 - 現在 秋山記念生命科学振興財団 理事
  • 2018/07 - 現在 さけ・ますふ化放流抜本対策事業検討協議会 外部有識者
  • 2011/01 - 現在 北海道河川委員会 委員
  • 2004/04 - 現在 石狩川流域委員会 委員
  • 2019/04 - 2020/03 さけます事業のあり方検討会 座長
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018/03 - 日本水産学会 日本水産学会賞 太平洋サケの母川記銘・回帰機構に関する研究
  • 2014/09 - 日本動物学会 2014年日本動物学会論文賞
  • 2010/09 - 秋山記念生命科学振興財団 秋山財団賞 サケの母川記銘・回帰の生理学的メカニズム
  • 2010 - The Akiyama Life Science Award
  • 2005/04 - 日本水産学会 日本水産学会賞進歩賞受賞 サケの母川回帰メカニズムに関する生理・生態学的研究
全件表示
所属学会 (3件):
日本バイオロギング研究会 ,  日本水産学会 ,  American Fisheries Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る