研究者
J-GLOBAL ID:200901006614476580   更新日: 2020年09月01日

伊澤 俊次

イザワ シュンジ | Izawa Shunji
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
研究キーワード (12件): 間葉系骨髄幹細胞 ,  象牙質再生 ,  最後野 ,  孤束核 ,  疼痛抑制 ,  窩洞形成 ,  mesenchymal bone marrow stem cell ,  dentin regeneration ,  area postrema ,  nucleus of the solitary tract ,  pain control ,  cavity preparation
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2012 - 2015 ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた全能性・胚性幹細胞の誘導に関する研究
  • 2009 - 2012 ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究
  • 2004 - 2005 窩洞形成時疼痛の中枢抑制機構の解明- ラット最後野ドーパミン受容体mRNAの局在-
  • 2004 - 2005 Elucidation of autonomic pain control system during cavity preparation -Expression of Dopamine Receptor mRNA in the Rat Area Postrema-
  • 2004 - 2005 Elucidation of autonomic pain control system during cavity preparation -Expression of Dopamine Receptor mRNA in the Rat Area Postrema-
全件表示
MISC (33件):
書籍 (1件):
  • Quintessence.Vol. 23 No.6
    Quintessence. 2004
講演・口頭発表等 (15件):
  • 骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質再生に関する研究ーリアルタイムRT-PCR法による遺伝子発現解析ー
    (第7回 日本再生歯科医学会 2009)
  • 骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙芽細胞分化・象牙質再生に関する研究
    (第6回 日本再生歯科医学会 2008)
  • Dentin-regeneration by the differentiated bone marrow mesenchymal stem cells
    (IADR 86Th General Session & Exibition 2008)
  • リコンビナントヒトBMP-2配合アルギン酸ゲルを用いた骨再生療法の開発
    (第5回日本再生歯科医学会 2007)
  • アルギン酸ゲルをスキャホールドとしたrhBMP-2移植による組織反応
    (第四回日本再生歯科医学会学術大会 2006)
もっと見る
Works (3件):
  • ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究
    2009 - 2012
  • ヒト骨髄間葉系間細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究
    2009 - 2010
  • ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた象牙質・エナメル質複合体の再生に関する研究
    2007 - 2008
学歴 (2件):
  • - 1991 岡山大学 歯学
  • - 1991 岡山大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (岡山大学)
経歴 (2件):
  • 2004 - - 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
  • 2004 - - Assistant Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
委員歴 (1件):
  • 日本再生歯科医学会 事務局長
受賞 (1件):
  • 2007 - 第五回日本再生歯科医学会発表優秀賞
所属学会 (5件):
JADR ,  歯科基礎医学会 ,  岡山歯学会 ,  日本歯科保存学会 ,  日本再生歯科医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る